• 初診・再診、入院の方へ
  • 診療部のご案内
  • 当院について
  • 活動・公開講座
  • 医療関係者の方へ

院長からのご挨拶

touin-tuite.intyou-aisatsu.intyou01
病院長 冨田 栄一

当院は、岐阜市の中核病院として、急性期医療、地域医療の充実に取り組んでおります。平成18年度には、県内初の地域医療支援病院の承認を受け、かかりつけ医等の医療機関と連携・機能分担を図り、地域完結型医療を目指してその充実を図っております。その一端として、地域連携パスの作成・運用にも積極的に取り組んでおり、さらに、医薬連携、医科歯科連携なども推進しております。

地域がん診療連携拠点病院としては、がんセンターを立ち上げ、外来化学療法センター、緩和医療科部、「がん患者サロンやすらぎ」等を設置するとともに、がん治療認定医やがん薬物療法専門医、がん性疼痛看護認定看護師、がん化学療法認定看護師、がん化学療法専門薬剤師など、多数の専門医療職員を配置し、総合的に質の高いがん診療の提供を進めています。

現在行っております改築整備事業では、「臓器・疾患別センターの拡大充実」、「総合的がん診療体制」、「血液腫瘍センターの新設」、「救急医療の充実」を重点医療と位置づけ、老朽化が進んでいる外来診療棟、西病棟などを改築するとともに、地域の中核的な急性期病院としての医療提供体制を整備してきております。平成23年12月には、西診療棟の竣工式を行い、最上階のへリポートでは既にドクターヘリを受け入れております。最終的には、平成25年度中に立体駐車場の整備までを予定しております。なお、工事期間中は、騒音、振動など皆様にご不便ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力をお願いいたします。

また、平成23年10月には地域災害医療センターの指定を受けており、災害時の医療に対応できるよう体制整備を進めているところです。

今後とも病院の理念であります「心にひびく医療の実践」の実現のため、病院職員一同、より一層努力してまいります。皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

▲ページの先頭へ