地域がん診療連携拠点病院とは

当院は、平成27年3月31日付けで地域がん診療連携拠点病院に引き続き指定され(平成27年4月1日~平成31年3月31日)、地域の医療機関との密接な連携を図り、質の高いがん診療を提供しています。

地域がん診療連携拠点病院とは?

全国どこでも質の高いがん診療を受けることができるように、各地域におけるがん診療の連携・支援を推進するために、厚生労働省よりがん拠点として指定された病院です。

地域がん診療連携拠点病院の具体的な役割

  1. 当院でのがん診療に関する情報を公開し、地域がん診療に貢献しています。
  2. がんの緩和医療(がんの痛みに対する専門的医療など)の提供体制の充実に努めています。
  3. 地域の医療機関や大学病院などと緊密な連携を図り、質の高い専門的ながん診療の提供をしています。 
  4. 院内及び地域のがん診療に携わる医療従事者に対し、がんの早期診断及び緩和医療等に係る必要な研修を積極的に推進しています。
  5. がん相談支援センターを設置して、がんについてのさまざまな情報を収集・提供し、がんの予防やがん医療を受けるために有用な相談支援を行っています。
  6. 全国共通の方法に準じて院内がん登録を整備し、がん診療の成績向上に努めています。

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ