院内がん登録とは

院内がん登録とは

「がん」の診断・治療・予後に関する情報を収集・整理・蓄積し、集計・解析をすることです。当院で「がん」と診断されたすべての情報が対象です。

独立行政法人国立がん研究センター がん情報サービス「がん登録」はこちら

▲ページの先頭へ

院内がん登録の利用

登録により収集された情報は

  • 診療支援、研修のための資料
  • がんに関する統計資料
  • 生存率の計測
  • 岐阜県地域がん登録への情報提供
  • 国立がんセンターへの情報提供

などに利用しています。

▲ページの先頭へ

個人情報保護について

院内がん登録により得た情報は、岐阜市個人情報保護条例および当院の個人情報保護方針に従い、個人情報に十分配慮しつつ、がん医療の向上に寄与する目的で利用しています。

▲ページの先頭へ

院内がん登録統計

集計の対象と方法

  1. 2015年1月1日~2015年12月31日に自施設で診断または他施設で診断されて自施設に初診した、全ての悪性新生物(がん)及び頭蓋内の良性及び良悪性不詳の腫瘍の登録患者を入院・外来を問わず対象とする。
  2. 他施設からの初回治療の継続、自施設における初診の再発例や治療を行わない経過観察も含む。
  3. 1腫瘍1登録の原則に基づき、多重がんの場合は個別に登録する。
  4. 当該腫瘍に対する初回の一連の検査・治療内容について登録し登録完了後は予後調査の追加のみを行い、登録完了後の診療情報については登録対象としない。
  5. 提出項目はがん診療連携拠点病院『院内がん登録標準登録様式』(2006年度版修正版)
  6. 部位・組織コードについてはICD-O-3により分類した。

集計項目の定義

  • 年齢
    年齢は、生年月と集計用診断年月を用いて下記の定義で求めた。
    診断年月の月>=生年月日の月→診断年月の年-生年
    診断年月の月<生年月日の月→診断年月の年-1
  • 部位区分
    部位分類コード対応に基づき作成した。
    上皮内癌等を含む性状コード2.3、頭蓋内腫瘍の性状コード0.1およびCISTの性状コード1を持つ症例の合計を基本の集計単位とする。

院内がん登録統計(平成27年)

1.年別 「院内がん登録」 全登録件数
2015年(前年比)2014年2013年
部位男性女性合計
(合計) 863 643 1,506 1.07 1,401 1,349
口腔・咽頭 19 8 27 1.59 17 20
食道 20 4 24 1.50 16 26
107 58 165 1.04 158 168
大腸 146 90 236 1.05 225 203
肝臓 43 33 76 0.96 79 94
胆嚢・胆管 14 11 25 0.83 30 19
膵臓 32 19 51 0.98 52 49
喉頭 7 0 7 0.78 9 10
126 74 200 0.99 202 189
骨・軟部 3 0 3 0.00 0 2
皮膚(黒色腫を含む) 28 24 52 1.58 33 39
乳房 2 116 118 0.97 122 101
子宮頚部 0 56 56 1.60 35 24
子宮体部 0 14 1 1.08 13 16
卵巣 0 10 10 1.43 7 10
前立腺 98 0 98 1.24 79 82
膀胱 53 13 66 1.16 57 58
腎・他の尿路 18 14 32 0.97 33 37
脳・中枢神経系 8 10 18 0.58 31 20
甲状腺 4 5 9 0.90 10 5
悪性リンパ腫 33 23 56 0.85 66 57
多発性骨髄腫 8 9 17 0.81 21 24
白血病 37 17 54 1.15 47 46
他の造血器腫瘍 34 20 54 1.80 30 23
その他(上記以外の症例) 23 15 38 1.31 29 27
2.部位別男女年齢別

innaigan2015.png

部位別男女年齢別(PDFファイル)

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ