平成29年度 第4回市民公開講座の様子

平成29年度 第4回岐阜市民病院公開講座実績

平成29年度第4回(通算79回)岐阜市民病院公開講座を開催しました

日時
平成29年7月22日(土)
午後2時30分~午後4時
講演内容
「最近の乳がん治療について
~乳がんのいろいろなタイプと治療のちがい~」

岐阜市民病院 乳腺外科部長 中田琢巳
「子宮がん・卵巣がんのお話」
岐阜市民病院 婦人科腫瘍部長 豊木 廣
「腹腔鏡手術のお話」
岐阜市民病院 産婦人科部長 山本和重

平成29年度第4回(通算79回)岐阜市民病院公開講座を開催しました
平成29年7月22日(土)、岐阜市民病院内西診療棟4階サルビアホールにおいて、平成29年度第4回(通算79回)岐阜市民病院公開講座を開催しました。
平成29年度第4回(通算79回)は、7月22日(土)に、最初に、「最近の乳がん治療について ~乳がんのいろいろなタイプと治療のちがい~」と題して、岐阜市民病院乳腺外科部長 中田琢巳から、次に、「子宮がん・卵巣がんのお話」と題して、岐阜市民病院婦人科腫瘍部長豊木 廣から、最後に、「腹腔鏡手術のお話」と題して、岐阜市民病院産婦人科部長 山本和重からの講演を行いました。
当日は、80名と多くの方が出席いただいて、ありがとうございました。
質疑応答については、講演会終了後個別に行い、大変好評でした。 また、アンケートにもご協力いただきありがとうございました。
(講演内容については、要約を掲載

なお、次回の、平成29年度第5回(通算80回)は、9月30日(土)に、最初に、「血圧下げなきゃいけないの?コレステロ-ルの薬飲まなきゃいけないの?」と題して、岐阜市民病院循環器内科画像診断部長宮田 周作から、次に、「高血圧・高脂血症の食事療法」と題して、岐阜市民病院管理栄養士荒川真由子からの講演を予定しておりますので、次回も出席くださるようお願いします。

koukaikouza29-4-1.jpg koukaikouza29-4-2.jpg
開会の挨拶をする
乳腺外科部長 中田琢巳
講演をする
乳腺外科部長 中田琢巳
koukaikouza29-4-3.jpg koukaikouza29-4-4.jpg
講演をする
婦人科腫瘍部長 豊木 廣
講演をする
産婦人科部長 山本和重
koukaikouza29-4-5.jpg
閉会の挨拶をする
産婦人科部長 山本和重

講演要約

「腹腔鏡手術のお話」
岐阜市民病院 産婦人科部長 山本和重

腹腔鏡手術とは、腹腔鏡(光学視管,スコープ)を主に臍部より腹腔内に挿入し、あと2〜3箇所の小切開〔大多数が8〜16mm、症例によっては30から50mm〕を加えてそこから手術器具を挿入、直視下も含むが、主にモニター画面下で手術する方法である。
腹腔鏡手術の適応疾患として、子宮附属器腫瘍(卵巣腫瘍、卵管留(水・血・膿)腫)、子宮腫瘍(子宮筋腫、子宮腺筋症)、異所性妊娠(旧:子宮外妊娠)、不妊症、多嚢胞性卵巣症候群 、子宮内膜症(チョコレート嚢胞)、子宮附属器(腹腔内)癒着、卵巣出血、子宮悪性腫瘍(初期子宮体癌、(初期子宮頸癌))、骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱・直腸瘤) がある。ちなみに下線は緊急手術対象疾患である。
開腹手術と比較した利点としては、手術侵襲が少ない。(術後疼痛が少ない、術後回復が早い、入院期間が短い、社会復帰が早い。)術後癒着が軽減できる。術野を拡大でき、より精密な手術が可能である。創部が小さいという美容的効果がある。欠点としては、専門的な技術を要する。総じて手術時間が長い(開腹の約2〜3倍)がある。
腹腔内の視野確保(エントリー法) として、気腹法(炭酸ガスでおなかを膨らます方法)(ダイレクト法(直接トロッカーという筒を挿入する方法)、オープン法(メスで小開腹してからトロッカーを挿入する方法))と、ガスレス(吊り上げ)法(炭酸ガスを使用しない方法)(腹壁全層吊り上げ法、皮下鋼線吊り上げ法)がある。
術式として、卵巣腫瘍では卵巣摘出術と卵巣温存手術があり、各々体内法(体内で手術する方法)と体外法(体外に引き出して手術する方法)がある。子宮腫瘍では子宮全摘術と子宮筋腫摘出術がある。最近筋腫摘出術ではバッグ内細切を施行している。異所性妊娠では、卵管切除術と卵管温存手術がある。大量出血の場合は術中回収式自己血輸血を施行して極力他人の血液を入れないようにしている。子宮内膜症では、妊孕性温存手術と根治手術(子宮卵巣全摘術)がある。最近保険収載され注目されているのは骨盤臓器脱に対する仙骨膣固定術、子宮悪性腫瘍手術(子宮体がんに限る)である。当科の実績であるが、2017年6月までに5791例(途中開腹変更118例含む)に施行し、重篤な合併症は36例0.6%であった。但し現在まで死亡、身体障害者認定に至った後遺症症例はない。今後も患者様のために最善の治療法を提供していきたい。

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ