岐阜市民病院 整形外科教室の様子

第8回 岐阜市民病院 整形外科教室を開催しました

平成29年7月11日(火)、岐阜市民病院内西診療棟4階サルビアホールにおいて、第8回岐阜市民病院整形外科教室を開催しました。
整形外科教室は成人股関節疾患、成人膝関節疾患、人工関節(人工股関節、人工膝関節)脊椎疾患、手外科(形成外科)、外傷(大腿骨頚部骨折等)、骨折、靭帯、筋の損傷等でお悩みの方とその家族を対象に「病気」及び「治療法」等について理解を深めていただくよう、開催することになり、第8回目を開催しました。
当日は、最初に、「リウマチによる手足の障害」と題して、岐阜市民病院形成外科部長大野義幸から次に、「脊椎手術の安全に対する我々の取り組み」と題して、岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬から、最後に、「人工関節のABC(第8話)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長大塚博巳からの講演を開催しました。 今回も引き続き、50人と多くの市民にお集まりいただきました。
なお、講演会終了後、3名の講師が前回と同様に、個別に相談時間を受け分かりやすく説明をして大変好評でした。また、アンケートにもご協力いただき、盛況のうちに終了し、ありがとうございました。
次回の第9回は、平成29年9月19日(火)に、最初に「人工関節のABC(第9話)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長大塚博巳から、次に、「マイクロサ-ジェリ-による四肢の再建について」と題して、岐阜市民病院形成外科部長大野義幸から、最後に、「腰痛から癌(がん)がみつかることもあります」と題して、岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬からの講演を予定していますので、次回も出席くださるようお願いします。

seikei-kyousitu-8-1.jpg
講演をする 形成外科部長 大野義幸
seikei-kyousitu-8-2.jpg
講演をする 整形外科部長 宮本 敬
seikei-kyousitu-8-3.jpg
講演をする 人工関節センター長 大塚博巳


▲ページの先頭へ

第7回 岐阜市民病院 整形外科教室を開催しました

平成29年5月23日(火)、岐阜市民病院内西診療棟4階サルビアホールにおいて、第7回岐阜市民病院整形外科教室を開催しました。
整形外科教室は成人股関節疾患、成人膝関節疾患、人工関節(人工股関節、人工膝関節)脊椎疾患、手外科(形成外科)、外傷(大腿骨頚部骨折等)、骨折、靭帯、筋の損傷等でお悩みの方とその家族を対象に「病気」及び「治療法」等について理解を深めていただくよう、開催することになり、第7回目を開催しました。
当日は、最初に、「脊柱側弯症と後弯症(背骨の変形)」と題して、岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬から、次に、「末梢神経障害と手術治療」と題して、岐阜市民病院形成外科部長大野義幸から、最後に、「人工関節のABC(第6話)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長大塚博巳からの講演を開催しました。 今回も引き続き、50人と多くの市民にお集まりいただきました。
なお、講演会終了後、3名の講師が前回と同様に、個別に相談時間を受け分かりやすく説明をして大変好評でした。また、アンケートにもご協力いただき、盛況のうちに終了し、ありがとうございました。
次回の第8回は、平成29年7月11日(火)に、最初に「脊椎手術の安全に対する我々の取り組み」と題して、岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬から、次に、「リウマチによる手足の障害」と題して岐阜市民病院形成外科部長大野義幸から、最後に、「人工関節のABC(第8話)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長 大塚博巳からの講演を予定していますので、次回も出席くださるようお願いします。

seikei-kyousitu-7-1.jpg
講演をする 整形外科部長 宮本 敬
seikei-kyousitu-7-2.jpg
講演をする 形成外科部長 大野義幸
seikei-kyousitu-7-3.jpg
講演をする 人工関節センター長 大塚博巳


▲ページの先頭へ

第6回 岐阜市民病院 整形外科教室を開催しました

平成29年3月21日(火)、岐阜市民病院内西診療棟4階サルビアホールにおいて、第6回岐阜市民病院整形外科教室を開催しました。
整形外科教室は成人股関節疾患、成人膝関節疾患、人工関節(人工股関節、人工膝関節)脊椎疾患、手外科(形成外科)、外傷(大腿骨頚部骨折等)、骨折、靭帯、筋の損傷等でお悩みの方とその家族を対象に「病気」及び「治療法」等について理解を深めていただくよう、開催することになり、第6回目を開催しました。
当日は、最初に、「脊椎の難病(後縦靭帯骨化症など)の患者さんに向けて」と題して、岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬から、次に、「手首の骨折に対する治療」と題して、岐阜市民病院形成外科部長大野義幸から、最後に、「人工関節のABC(第5話)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長大塚博巳からの講演を開催しました。 今回も引き続き、60人と多くの市民にお集まりいただきました。
なお、講演会終了後、3名の講師が前回と同様に、個別に相談時間を受け分かりやすく説明をして大変好評でした。また、アンケートにもご協力いただき、盛況のうちに終了し、ありがとうごさいました。
次回の第7回は、平成29年5月23日(火)に、「脊柱側弯症と後弯症(背骨の変形)」と題して、 岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬から、次に、「末梢神経障害と手術治療」と題して、岐阜市民病院形成外科部長大野義幸から、最後に、「人工関節のABC(第6話)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長 大塚博巳からの講演を予定していますので、次回も出席くださるようお願いします。

seikei-kyousitu-6-1.jpg
講演をする 整形外科部長 宮本 敬
seikei-kyousitu-6-2.jpg
講演をする 形成外科部長 大野義幸
seikei-kyousitu-6-3.jpg
講演をする 人工関節センター長 大塚博巳


▲ページの先頭へ

第5回 岐阜市民病院 整形外科教室を開催しました

平成29年1月24日(火)、岐阜市民病院内西診療棟4階サルビアホールにおいて、第5回岐阜市民病院整形外科教室を開催しました。

整形外科教室は成人股関節疾患、成人膝関節疾患、人工関節(人工股関節、人工膝関節)脊椎疾患、手外科(形成外科)、外傷(大腿骨頚部骨折等)、骨折、靭帯、筋の損傷等でお悩みの方とその家族を対象に「病気」 及び「治療法」等について理解を深めていただくよう、開催することになり、第5回目を開催しました。
当日は、最初に、「リウマチによる手足の変形に対する手術治療」と題して、 岐阜市民病院形成外科部長大野義幸から、次に、「姿勢の変化と腰痛について」と題して、岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬から、最後に、「人工関節のABC(第4話)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長 大塚博巳からの講演を開催しました。 今回も引き続き、40人と多くの市民にお集まりいただきました。
なお、講演会終了後、3名の講師が前回と同様に、個別に相談時間を受け分かりやすく説明をして大変好評でした。また、アンケートにもご協力いただき、盛況のうちに終了し、ありがとうごさいました。
次回の第6回は、平成29年3月24日(金)に、「脊椎の難病(後縦靭帯骨化症など)の患者さんに向けて」と題して、岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬から、 「手首の骨折に対する治療」と題して、岐阜市民病院形成外科部長大野義幸から、 「人工関節のABC(第5話)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長大塚博巳からの講演を予定していますので、次回も出席くださるようお願いいたします。

seikei-kyousitu-5-1.jpg
挨拶をする 整形外科部長 宮本 敬
seikei-kyousitu-5-2.jpg
講演をする 形成外科部長 大野義幸
seikei-kyousitu-5-3.jpg
講演をする 整形外科部長 宮本 敬
seikei-kyousitu-5-4.jpg
人工関節センター長 大塚博巳

▲ページの先頭へ

第4回 岐阜市民病院 整形外科教室を開催しました

平成28年11月15日(火)、岐阜市民病院内西診療棟4階サルビアホールにおいて、第4回岐阜市民病院整形外科教室を開催しました。

整形外科教室は成人股関節疾患、成人膝関節疾患、人工関節(人工股関節、人工膝関節)脊椎疾患、手外科(形成外科)、外傷(大腿骨頚部骨折等)、骨折、靭帯、筋の損傷等でお悩みの方とその家族を対象に「病気」及び「治療法」等について理解を深めていただくよう、開催することになり、第4回目を開催しました。
当日は、最初に、「膝の内視鏡手術について」と題して、岐阜市民病院整形外科医員白井之尋から、次に、「神経にやさしい新しい腰の手術について」と題して、岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬から、最後に、「足の温存・再建手術について」と題して、岐阜市民病院形成外科部長大野義幸からの講演を開催しました。
今回も引き続き、60人の多くの市民にお集まりいただきました。
なお、講演会終了後、3名の講師が前回と同様に、個別に相談時間を受け分かりやすく説明をして大変好評でした。また、アンケートにもご協力いただき、盛況のうちに終了し、ありがとうごさいました。
次回の第5回は、平成29年1月24日(火)に、最初に、「姿勢の変化と腰痛について」と題して、岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬から、次に、「リウマチによる手足の変形に対する手術治療」と題して、 岐阜市民病院形成外科部長大野義幸から、最後に、「人工関節のABC(第4話)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長 大塚博巳からの講演を予定していますので、次回も出席くださるようお願いいたします。

seikei-kyousitu-4-1.jpg
挨拶をする 整形外科部長 宮本 敬
seikei-kyousitu-4-2.jpg
講演をする 整形外科医員 白井之尋
seikei-kyousitu-4-3.jpg
講演をする 整形外科部長 宮本 敬
seikei-kyousitu-4-4.jpg
講演をする 形成外科部長 大野義幸

▲ページの先頭へ

第3回 岐阜市民病院 整形外科教室を開催しました

平成28年9月13日(火)、岐阜市民病院内西診療棟4階サルビアホールにおいて、第3回岐阜市民病院整形外科教室を開催しました。

整形外科教室は成人股関節疾患、成人膝関節疾患、人工関節(人工股関節、人工膝関節)脊椎疾患、手外科(形成外科)、外傷(大腿骨頚部骨折等)、骨折、靭帯、筋の損傷等でお悩みの方とその家族を対象に「病気」及び「治療法」等について理解を深めていただくよう、開催することになり、第3回目を開催しました。
当日は、最初に、「手の病気と治療について」と題して、岐阜市民病院形成外科部長大野義幸から、次に、「腰痛・神経痛に対する負担の少ない手術について」と題して、岐阜市民病院整形外科医長近藤祐一から、最後に、「人工股関節のABC(3)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長大塚博巳からの講演を開催しました。今回も引き続き、50人の多くの市民にお集まりいただきました。
なお、講演会終了後、3名の講師が個別に相談を受け分かりやすく説明をし大変好評でした。
また、アンケ-トにもご協力いただき、整形外科教室も盛況のうちに終了し、ありがとうございました。
なお、次回の第4回は、28年11月15日(火)に、最初に、「膝の内視鏡手術について」と題して、岐阜市民病院整形外科医員白井之尋から、次に、「神経にやさしい新しい腰の手術について」と題して、岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬から、最後に、「足の温存・再建手術について」と題して、岐阜市民病院形成外科部長大野義幸からの講演を予定していますので、次回も出席くださるようお願いいたします。

seikei-kyousitu-3-1.jpg
講演をする 形成外科部長 大野義幸
seikei-kyousitu-3-2.jpg
講演をする 整形外科医長 近藤祐一
seikei-kyousitu-3-3.jpg
講演をする人工関節センタ-長 大塚博巳
seikei-kyousitu-3-4.jpg
司会をする 整形外科部長 宮本敬
及び講演者

▲ページの先頭へ

第2回 岐阜市民病院 整形外科教室を開催しました

平成28年5月17日(火)、岐阜市民病院内西診療棟4階サルビアホールにおいて、第2回岐阜市民病院整形外科教室を開催しました。

整形外科教室は成人股関節疾患、成人膝関節疾患、人工関節(人工股関節、人工膝関節)脊椎疾患、手外科(形成外科)、外傷(大腿骨頚部骨折等)、骨折、靭帯、筋の損傷等でお悩みの方とその家族を対象に「病気」及び「治療法」等について理解を深めていただくよう、開催することになり、第2回目を開催しました。
当日は、最初に、「スポーツによる外傷について」と題して、岐阜市民病院整形外科医員白井之尋から、次に 「くびの病気と治療(薬、リハビリ、手術)」と題して、岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬から、次に、「人工股関節のABC(2)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長大塚博巳から、最後に、「肘の病気のその治療について」と題して、 岐阜市民病院形成外科部長大野義幸からの講演を開催しました。前回に引き続き、60人の市民にお集まりいただき、多くの質疑応答もありました。
また、アンケ-トにもご協力いただき、整形外科教室も盛況のうちに終了し、ありがとうございました。
なお、次回は、28年9月13日(火)に、最初に、「腰痛・神経痛に対する負担の少ない手術について」と題して、岐阜市民病院整形外科医長近藤祐一から、次に 「手の病気と治療について」と題して、岐阜市民病院形成外科部長大野義幸から、次に、「人工股関節のABC(3)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長大塚博巳からの講演を予定していますので、次回も出席くださるようお願いいたします。

seikei-kyousitu-2-1.jpg
講演をする 整形外科医員 白井之尋
seikei-kyousitu-2-2.jpg
講演をする 整形外科部長 宮本 敬
seikei-kyousitu-2-3.jpg
講演をする人工関節センター長 大塚博巳
seikei-kyousitu-2-4.jpg
講演をする形成外科部長 大野義幸
seikei-kyousitu-2-5.jpg
質疑応答に答える 講演者

▲ページの先頭へ

第1回 岐阜市民病院 整形外科教室を開催しました

平成28年2月16日(火)、岐阜市民病院内西診療棟4階サルビアホールにおいて、第1回岐阜市民病院整形外科教室を開催しました。

整形外科教室は成人股関節疾患、成人膝関節疾患、人工関節(人工股関節、人工膝関節)脊椎疾患、手外科(形成外科)、外傷(大腿骨頚部骨折等)、骨折、靭帯、筋の損傷等でお悩みの方とその家族を対象に「病気」及び「治療法」等について理解を深めていただくよう、本年度から開催することになり、第1回目を開催しました。
なお、最初に、「人工股関節のABC」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長大塚博巳から、次に、「腰痛・神経痛に対する最新の手術治療」と題して、岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬からの講演を開催しました。当日は、第1回目から60人と多くの市民の皆様にお集まりいただきありがとうございました。最新の人工股関節、最新の手術治療等に分かりやすく説明があり、出席者は熱心に聞き入っていました。また、活発な質疑応答もあり、整形外科教室も盛況のうちに終了しました。また、アンケ-トにもご協力いたただきありがとうございました。
なお、次回は、平成28年5月17日(火)に、 「スポーツによる外傷について」と題して、岐阜市民病院整形外科医員白井之尋から、次に 「くびの病気と治療(薬、リハビリ、手術)」と題して岐阜市民病院整形外科部長宮本 敬から、次に、「人工股関節のABC(2)」と題して、岐阜市民病院人工関節センター長大塚博巳から、最後に、「肘の病気のその治療について」と題して、 岐阜市民病院形成外科部長大野義幸からの講演を予定していますので、次回も出席くださるようお願いいたします。

seikei-kyousitu-1-1.jpg
講演をする 人工関節センター長 大塚博巳
seikei-kyousitu-1-2.jpg
講演をする 整形外科部長 宮本 敬

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ