入院医療費の計算方法について

医事課

当院は、平成20年4月より厚生労働省が指定するDPC対象病院となり、平成20年4月以降に入院された患者さんの入院医療費の計算方法が、従来の診療行為ごとに計算し合計する「出来高払い」方式から「包括評価制度(DPC)」方式に変わりました。ただし、精神病棟への入院には適用されません。
DPCは、Diagnosis Procedure Combinationの略で、入院患者さんの病名や手術の有無などにより病気の種類を分類し、その分類ごとに厚生労働省が定めた評価方法にて入院医療費を計算します。
なお、病状によっては、例外的に出来高払い方式による計算となります。
また、患者さんの一部負担金の負担割合、高額療養費制度の支給額等については、従前どおりで変わりはありません。

dpc11

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ