お見舞いメールサービスのご案内

お見舞いメールサービスのご案内

当院に入院中の患者さんあてにメールでお見舞い文書を送っていただくと、その内容を病院担当職員がA4サイズのお手紙として印刷し、封筒に入れてお便りとして患者さんまでお届けしますので、「お見舞いメール送信フォーム」をご利用ください。
なお画像等の添付ファイルはご利用できまでん。

遠方に住んでいたり、仕事の都合がつかなかったりで、なかなかお見舞いに来られないときなどに、入院中のご家族やご友人へこのサービスをご利用になってみてはいかがでしょうか。

お見舞いメールお届けまでの流れ

  1. お見舞いメール受信の確認
  2. メール内容の確認
  3. お渡しする患者さんの確認
  4. メール印刷
  5. 患者さんにお渡し

▲ページの先頭へ

注意事項

お見舞いメールサービスの申し合わせ

お見舞いメールサービスの利用にあたって、下記の内容を必ずお読みください。

1)メールの受付時間・お届け時間

送信していただきましたメールは、下記に基づいて病棟看護師からお届けします。

  • 午前10時までに受信した場合は、午後にお届けします。
  • 午前10時以降に受信した場合は、翌日の午前にお届けします。
  • 午前10時以降の受信で、翌日が休診日(土・日・祝日、及び12月29日~1月3日の年末年始)の場合は、最初の診療日の午前にお届けします。
  • 患者さんの手術、検査等により、お届けが遅れる場合があります。
2)メールを患者さんへお取次ぎできない場合
  • 患者さんのお見舞いや励ましにならない内容(誹謗中傷、業務連絡等)のメール
  • 法令、条例などに触れる恐れのある記述、又はそれに類する内容が含まれるもの
  • 入力内容の不備等により入院患者さんを特定できない場合
  • 患者さんが既に退院されている場合
  • 患者さんの退院当日にメールを頂いた場合
  • 患者さんが受け取りを拒否された場合
3)その他
  • お送りいただいたお見舞いメールに係る個人情報について、入院の有無及び病状、メール等のお届け状況等、患者さんに関するお問い合わせは、一切お答えできません。

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ