臨床研修病院としての役割・理念・基本方針

iryou.kensyu-i.h2605-04 iryou.kensyu-i.h2605-07

1.臨床研修病院としての役割

岐阜市の中核病院として急性期医療、地域医療の充実に取り組み、質の高い医療を患者さんに提供するとともに、広く社会の医療福祉に貢献できる人材を育成する。

2.研修の理念

1 医師として、将来専門とする分野に拘らず、一般的な診療において頻繁にかかわる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力を身につける。
2 社会的な知識を身につけ、社会人としての規律を守り、医師として思いやりのある人格を涵養する。
3 チーム医療の一員として、安全・安心・満足の得られる患者中心の良質な全人的医療を提供できる医師を目指す。

3.基本方針

1 臨床研修には、協力型臨床研修病院を含むすべての病院職員が参画する。
2 医療安全と指導体制を充実させ、研修医の身分を保証し、労働条件の改善に努め、臨床研修の効率を高める。
3 行動目標、経験目標の達成状況を把握し、臨床研修目標を完遂させるべく形成的評価に基づき指導する。
4 研修医の医療行為には、基本的に指導医が指示・監督し、その責任を負う。
5 第三者による評価を受け、その検証を行うことにより、臨床研修病院としてのさらなる質の向上に努める。


ページの先頭へ