医療安全推進部

医療安全推進部 組織図

iryoanzen-sosiki.png

▲ページの先頭へ

医療安全推進室

医療安全推進室

H18年より医療安全推進室を配置し「医療安全推進室基本理念・基本方針」に基づき、医療の安全確保と質の向上を目指し、医療安全体制を確保できるように活動しています。
医療行為自体には危険が伴います。 医療従事者全員が常に危険意識を持ち、いかに防止するかを考えながら業務にあたることが重要です。 医療安全推進室は、職員の危険認識力の向上のため、事例の整理・提供・共有・分析・対策立案・周知・評価を行い再発防止に努めています。また、院内ラウンドの実施や安全・緊急通信の発行により注意喚起を行っています。

業務内容

  • インシデントレポートの収集、調査、分析、検討、対策立案、集計
  • 医療安全対策の推進、組織的安全対策の提案
  • 院内への医療安全情報の提供(通信、ポスターの発行)
  • 医療安全ラウンド
  • 医療安全コンサルテーション
  • 医療安全推進室早朝カンファレンスの開催
  • 医療安全教育、講演会の企画、運営
  • 医療安全推進担当者の統括及び指導
  • 医療安全対策マニュアルの整備
  • 医療安全管理に係る病院内各部門との連絡調整
  • 医療に伴う有害事象対応

医療安全推進室メンバー構成

  • 医療安全局長:医師2名(副院長・医師)
  • 医療安全推進部長:医師1名
  • 医療安全推進部副部長:医師2名・看護師1名
  • 医療安全推進室室長:医師1名(医療安全推進部副部長兼務)
  • 医療安全推進室:GRM1名(看護師)・専任1名(看護師)・専門事務1名
  • 医療安全推進室員:診療放射線技師1名・薬剤師1名
                 臨床工学技士3名・事務2名

取り組み

患者さん間違い防止のご協力を院内放送・テロップ・ポスターでお願いしています。
iryoanzen2905-01.png

▲ページの先頭へ

感染対策室

感染対策室

医療安全の普及と指導を統括する医療安全推進部の一部門である感染対策室をコアとし、施設内のさまざまな部署を加えて感染対策委員会を構成しており、入院患者さんと、その家族のみならず、来訪者や医療従事者を感染症から守る使命を担っています。
また、感染対策の専任者である感染制御看護師を配置し、医師、薬剤師、検査技師と協働して感染対策チーム(ICT:infection control team)を編成し、日々の感染管理をおこなっています。

業務内容

  • 院内環境ラウンド
  • 病原体別感染症対策・防止技術の具体的指導
  • 医療関連感染サーベイランス
  • 抗菌薬適正使用に対し介入
  • 感染管理コンサルテーション
  • 血液・体液曝露(針刺し等)の防止と曝露後の対応
  • 感染管理教育(院内・院外)
  • 感染対策マニュアルの改訂

ICTコアメンバー構成

  • 感染対策室室長  医療安全推進部副部長
    泌尿器科医師  (感染制御医/抗菌化学療法認定医)
  • 医療安全推進部副部長
    消化器外科医師(感染制御医)
  • 看護師2名
    (感染管理認定看護師/専従・兼任各1名)
  • 薬剤師3名
    (感染制御医/感染制御専門薬剤師/抗菌化学療法認定薬剤師)
  • 臨床検査技師1名

取り組み

玄関ホールに掲示し、院内での感染防止にご協力をお願いしております。

kansen2905-01.png

感染症対策勉強会

毎月1回感染症対策勉強会を開催しており、ICTチームメンバーや、外部からの担当者が講師を担っています。
kansen2905-02.png

kansen2905-03.jpg 感染対策の基本は、手洗いです。
職員全員が取り組むべきものであることを学びました。

毎年、全職員参加の感染症講演会を
開催しています。

kansen2905-04.jpg

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ