腎臓内科

《腎臓内科外来の週間予定表はこちらです》

概 要

腎臓病は一般の方にはなじみの薄い病気です。
腎臓の働きが著しく低下する末期腎不全になると老廃物が体内に溜り、初めて色々な臨床症状が出てきます。
それまではほとんど症状がない「沈黙の臓器」の一つです。
症状が出現した後からでは、透析療法(血液透析・腹膜透析)、腎移植など腎代替医療が主体になります。
腎代替医療を必要とする患者さんを減らすために、慢性腎臓病(CKD)という概念が提唱されています。CKD患者さんは日本に1000万人以上とされ、新たな国民病と言われています。生活習慣病(高血圧,糖尿病など)などとの関連も深く,誰もがかかる可能性のある病気であり、早期発見・早期治療が大切となります。
検尿異常から腎代替医療まで、腎臓病全体を扱うのが腎臓内科です。
 
尿検査で異常が続く方には腎生検、軽度腎機能低下の方には腎臓病教育入院、腎機能低下が進んでしまった方には腎代替医療をお勧めしています。

当科では、かかりつけ医と連携しながら診療を行っていきます。新規に受診される際は紹介状、血圧手帳、お薬手帳などをお持ちください。

▲ページの先頭へ

スタッフ

takahashi jinzounaika
髙橋浩毅 腎臓内科、内科一般
役職
腎臓内科部長
腎臓病・血液浄化センター長
治験管理センター長
第一内科部副部長
臨床工学室長
主な資格、認定
日本内科学会内科指導医・認定内科医
日本透析医学会透析専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
卒業年、主な職歴
平成2年卒
hashimoto jinzounaika
橋本和明 腎臓内科、内科一般
役職
健康管理センター長
第一内科部副部長
腎臓病・血液浄化センター副センター長
主な資格、認定
日本内科学会内科指導医・認定内科医・総合内科専門医
日本臨床内科医会認定臨床内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医
人間ドック健診専門医・指導医
日本人間ドック学会認定医
人間ドック健診情報管理指導士 (人間ドックアドバイザー)
日本医師会認定産業医
JMECC(日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会)インストラクター
卒業年、主な職歴
平成5年岐阜大学医学部卒
岐阜大学医学部附属病院
誠広会平野総合病院
朝日大学歯学部附属病院
kimura-jinnzounaika
木村行宏 腎臓内科、内科一般
役職
第一内科部医長
腎臓内科部医長
主な資格、認定
日本内科学会内科指導医・総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本医師会認定産業医
卒業年、主な職歴
平成17年卒
愛知医科大学腎臓・リウマチ膠原病内科助教
misao-jinzounaika
操なお子 腎臓内科、内科一般
役職
救急診療部医員
第一内科部医員
腎臓内科部医員
主な資格、認定
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医
卒業年、主な職歴
平成22年卒

▲ページの先頭へ

診療内容

・腎炎、腎症、ネフローゼ症候群
・腎不全(急性腎不全、慢性腎不全)
・慢性腎臓病(かかりつけ医と連携)
・腎代替療法(血液透析、腹膜透析、腎移植)
 ※腎移植は概要をご説明し、連携施設へご紹介します。
 ※血液浄化療法については、腎臓病・血液浄化センターのページをご参照ください。

▲ページの先頭へ

腎臓病教育入院について

おもにCKDステージ3b~5(eGFR45未満)の方が対象となります。
3泊4日(原則火曜午後入院・金曜午前退院)の日程で行います。
・慢性腎臓病について資料とビデオを用いた学習
・腎臓食(低蛋白食・減塩)を食べていただいたうえで、栄養士から食事指導
・内服薬の説明と、治療における意義について薬剤師より説明
・腎代替医療のうち、血液透析・腹膜透析の見学と、年齢により腎移植についての説明
・今後腎機能が悪化したときに利用できる制度についての説明などがあります。
ご希望される方は、かかりつけ医の紹介状とお薬手帳を持参して腎臓内科を受診してください。
腎臓内科医師の診察を行ったうえで入院日などの計画を立てます。
栄養相談は、食事を作る方と一緒に受けてください。できれば入院前に、普段の食事をカメラなどで撮ってくるか、メモに書き出してください。
入院中に行う検査結果などは後日外来でご説明したうえで、かかりつけ医への通院へ戻っていただきます。

▲ページの先頭へ

積極的治療による効果が期待される腎疾患について

IgA腎症

健康診断の検尿異常で腎生検を行った場合の約半数はIgA腎症と診断されています。臨床症状は現れにくく,検尿異常が続き次第に腎機能が低下,最終的には診断されてから20年経過すると約40%の方が末期腎不全となり腎代替療法(透析や腎移植)が必要になります。高血圧,蛋白尿の持続,腎機能低下は末期腎不全になりやすい事も判明しています。
腎機能の長期的予後を改善することを目的に,できるだけ早く両側扁桃摘出術と副腎皮質ステロイドパルス療法を組み合わせた治療を行うことで,1年後には半数の方の検尿異常を消失させることがわかってきました。検尿異常の消失が腎不全の抑制効果につながると考えられています。

常染色体優性多発性嚢胞腎(じょうせんしょくたいゆうせいたはつせいのうほうじん)

腎臓や肝臓に嚢胞(液体の詰まった袋)がたくさんできて大きくなる遺伝性の病気です。脳出血の原因となる脳動脈瘤ができやすいこともわかっています。腎臓に嚢胞が増え大きくなってくると,お腹が張ってきます。嚢胞への細菌感染を繰り返し起こす方もみられます。
腎機能は徐々に低下していき,最終的に腎代替療法(人工透析など)が必要になる場合があります。透析導入後も嚢胞は大きくなり続けることが多く,外科的治療を必要とすることもあります。
平成26年よりトルバプタンによる治療が保険認可されました。トルバプタンは腎嚢胞の増大を抑え,腎機能低下速度を遅くすることが期待できます。また腎機能が大きく低下する前に治療を開始したほうが効果は高いとされています。
トルバプタンの治療は,専門医による事前検査で適応する方のみ,受けることができます。治療の開始・変更時には入院が必要です。

Fabry病(ファブリー病)

全身の細胞に存在するαガラクトシダーゼAという酵素の活性が欠損または低下することにより生じる先天性疾患です。全身臓器が障害される典型的(古典型)や,心臓のみが障害される心型,腎臓障害が主な腎型などがあります。男性に多いですが,女性にも発症することがあります。腎臓内科では主に腎型を扱います。
全身型の症状としては,幼少時より四肢末端の痛みの発作(四肢末端痛)や,皮膚、特に腹部や外陰部に赤暗紫色の皮疹(被角血管腫)が出現します。汗をかきにくい症状(低汗症)や角膜混濁も出現します。加齢に伴い,尿蛋白などの腎臓機能障害が出現して,次第に腎不全の状態になります。心臓肥大,不整脈などの心臓機能障害や,一過性脳虚血発作,脳梗塞(特に多発性小梗塞)などの脳血管障害も出現します。腹痛,嘔気,嘔吐,下痢,便秘などの消化器症状,立ちくらみなどの自律神経障害,人格変化,うつ症状などの精神症状,難聴などの聴覚障害も多く認めます。女性は男性に比べて症状が軽いことが多いです。
治療は,腎臓機能障害が進行して腎不全になった場合,腎代替療法(透析,腎移植)を行うことになります。平成16年より遺伝子組み換え技術を用いてαガラクトシダーゼA酵素蛋白を補充する治療が可能となりました。この治療法は,酵素蛋白を2週間に1回点滴で投与するものです。効果については,各臓器に不可逆的な変化が生じる以前の早期に治療を開始することにより,臓器障害・症状の改善や進行抑制が可能であるとされています。

診療実績

腎生検

平成25年平成26年平成27年平成28年
IgA腎症 12件 10件 1件 5件
半月体形成性腎炎(血管炎症候群) 3件 3件 1件 4件
尿細管間質性腎炎 0件 4件 4件 3件
ループス腎炎(全身性エリテマトーデス) 2件 1件 1件 3件
膜性腎症 1件 2件 1件 2件
腎硬化症 0件 0件 0件 2件
微小変化群 1件 2件 4件 1件
non-IgAメサンギウム増殖性腎炎 3件 0件 1件 1件
糖尿病性腎症 1件 1件 0件 1件
膜性増殖性糸球体腎炎 0件 0件 0件 1件
IgG4関連腎臓病 0件 0件 0件 1件
Alport症候群 1件 0件 1件 0件
巣状糸球体硬化症 0件 2件 0件 0件
基底膜菲薄化症候群 3件 0件 0件 0件
その他 1件 3件 0件 0件
合計 28件 28件 14件 24件

・新規血液浄化療法(血液透析・腹膜透析・アフェレーシス療法):年間約100名

・腎臓病教育入院(平成25年3月より開始)
平成25年:7名
平成26年:14名
平成27年:8名
平成28年:8名

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ