看護部 教育管理

生涯教育

看護職員が専門職業人として、成長、成熟し、看護が魅力あるものとして生涯を通して続けられるようにするために、岐阜市役所職員研修所で行われる研修を活用するとともに、院内教育・院外教育で充実をはかる。

000.pagetop

岐阜市職員研修によるもの

  1. 看護部長は職場研修管理者として、職場研修マニュアルを活用し職場研修を行う。
  2. 職場研修担当者は、職場研修計画を立案し看護部長に報告する。看護部長は職場研修所へ内容を報告する。
  3. 職場研修実施内容・評価を職場研修計画実施報告書に記載する。看護部長は職場研修所へ内容を報告する。

000.pagetop

院内教育

  1. 看護部が実施する院内教育は、教育委員会が立案計画実施する。
  2. 看護職員に病院主催の研修会に参加を勧める。
  3. 新人教育は新人教育手引きに基づき行う。
  4. 病棟における教育計画、実施について推進と把握をする。

*院内教育計画・看護部公開研修

kensyu01

000.pagetop

院外教育

  1. 年間計画は予算に基づき、研究発表・テーマ研修、研修対象者などを決める。
  2. 計画実施にあたっては、資料を添付し決裁をまわす。
  3. 研修終了後、復命書を1週間以内に提出してもらう。
  4. 県看護協会開催の研修についての参加計画を立案し実施する。
  5. 院外(日本看護協会・その他)研修計画の立案をし、実施する。

000.pagetop

各部署研修

各看護単位、各グループにおいて、職員のニーズに応じた、また必要な研修を行う。

kensyu02

kangobu.kyouiku01

000.pagetop

各委員会による研修

各委員会は、委員会の特性を踏まえ、必要な研修を行う。

000.pagetop

新採用者研修(3月末日~4月)

  1. 新採用者研修のオリエンテーション
  2. 新採用者研修(市役所・病院)

000.pagetop

中途採用者研修

個別性を考慮し研修を行う。

000.pagetop

教育担当者について

役割

  1. 教育担当責任者は教育活動を通して、看護部の理念・基本方針の遂行に寄与する。看護職員の教育、院外からの看護研修生の教育、看護職員の研究活動に責任を持つ。
  2. 教育担当責任者は、教育担当職員あるいは看護協会の活動を管理するとともに、その活動を支援する。
  3. 教育プログラムの効果を評価する。
  4. 外部からの研修プログラムを企画実施する。実施にあたっては看護部門及び関係部門との調整を行う。
  5. 臨床現場を訪問し、教育的見地から、看護職員のニーズ、患者ケアのニーズの査定に関与する。
  6. 臨床現場での教育担当職員あるいは教育委員の活動を支援するための調整を行う。

10

000.pagetop


ページの先頭へ