麻酔科

概要

当院は、日本麻酔学会指導認定病院です。業務は、5名の専任の麻酔科医(麻酔学全般にわたる専門トレーニングを受けています)がきめ細かい麻酔管理を行っています。現在、ペインクリニック外来診療は行っておりませんが、手術時の麻酔についての疑問点はいつでもお問い合わせに対応しています。
当科ではすべての全身麻酔・硬膜外麻酔と一部の患者の腰椎麻酔を麻酔科医が担当しています。また、手術後に集中治療室(ICU)に入室される患者様の治療にも麻酔科医が加わっております。
麻酔科医の主な業務は「安全で快適に手術を受けていただくこと」にあります。全身麻酔においては、患者さまをただ眠らせるだけでなく、手術による痛みを除き、血圧、脈拍、呼吸といった全身状態を管理します。即ち、手術中は、麻酔科医が患者さまの状態と手術の状態を見ながら、血圧や脈拍が安定するように麻酔の管理に努めています。時には呼吸や循環系に重篤な事態が起こることもありますが、トレーニングを積んだ専門の麻酔科医が細心の注意を払って患者さまの安全を守っております。また、麻酔科医は全身の管理と痛みの治療を専門としており、手術の麻酔以外に集中治療、救急医療、心肺蘇生、癌性疼痛の治療などにも携わっております。

▲ページの先頭へ

スタッフ紹介

ota masui
太田宗一郎 麻酔全般、周術期管理、ペインクリニック
役職
副院長
診療局長(中央部門)
主な資格、認定
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医・専門医
日本ペインクリニック学会専門医
卒業年、主な職歴
昭和55年岐阜大学医学部卒
岐阜県総合医療センター
NTT東日本関東病院
総合大雄会病院
岐阜大学医学部附属病院麻酔科講師
oohata masuika
大畠博人 麻酔全般、周術期管理
役職
麻酔科部長
集中治療部部長
災害医療部副部長
主な資格、認定
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医・専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本DMAT隊員
日本感染症学会ICD認定医
卒業年、主な職歴
平成3年岐阜大学医学部卒
岐阜県総合医療センター
総合大雄会病院
米国Johns Hopkins大学研究員
岐阜大学医学部附属病院麻酔科講師
masui.hirokazu inuma
飯沼宏和
役職
麻酔科部副部長
主な資格、認定
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医
卒業年、主な職歴
平成10年岐阜大学医学部卒
岐阜大学医学部附属病院
岐阜県総合医療センター
sugimoto_masui
杉本純子
役職
麻酔科部医員
主な資格、認定
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医
卒業年、主な職歴
平成11年三重大学医学部卒
sanntou-masuika
山東みな実
役職
麻酔科部医員
救急診療部医員
主な資格、認定
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医
卒業年、主な職歴
平成22年横浜市立大学医学部卒
平成25年岐阜市民病院初期臨床研修修了
ueda_masui2905.jpg
上田恭平
役職
麻酔科部医員
救急診療部医員
集中治療部医員
主な資格、認定
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医
卒業年、主な職歴
平成23年岐阜大学医学部卒
平成25年名古屋市立東部医療センター
simakura_masui
島倉孔哉
役職
麻酔科部医員
救急診療部医員
主な資格、認定
麻酔科標榜医
日本周術期径食道心エコー認定医
卒業年、主な職歴
平成24年弘前大学医学部卒
平成26年岐阜市民病院初期臨床研修修了
hatanaka_masui2905.jpg
畑中奈津実
役職
麻酔科部医員
救急診療部医員
集中治療部医員
主な資格、認定
卒業年、主な職歴
平成26年岐阜大学医学部卒
平成28年岐阜市民病院初期臨床研修修了
adati_masui2905.jpg
足立隆将
役職
麻酔科部医員
救急診療部医員
集中治療部医員
主な資格、認定
卒業年、主な職歴
平成27年福井大学医学部卒
平成29年岐阜市民病院初期臨床研修修了

▲ページの先頭へ

診療内容

術前診察と麻酔の説明

手術前日(手術が月曜の場合は前週の金曜日)に麻酔科医が診察と麻酔の説明をいたします。全身状態や特殊な疾患のある方では手術を担当する先生から早めにご相談を受け診察をさせてくこともあります。

術中全身管理

麻酔方法は全身麻酔、硬膜外麻酔、脊椎麻酔を患者の全身状態や希望、手術内容にあわせて適宜組み合わせて行っています。手術の進歩、手術適応の拡大に伴い、手術の長時間化、患者の高齢化、ハイリスク化していますが、それに対応するよう最新のモニター機器を使用して患者さんの状態を見守り、手術が安全かつスムーズに行われるよう努めています。全身麻酔に硬膜外麻酔を併用することによって胸部や腹部手術後の痛みはずいぶん少なくすることができます。痛みを抑えることで傷の回復も早くなります。

術後鎮痛

術後は、創部痛の軽減する方法(硬膜外鎮痛法、十分な鎮痛剤の使用)を行っています。これにより手術の後の痛みを軽減でき、患者のQOLの向上に努めています。
また、術中の状態、術式で必要であればICUに入室、管理を行っています

手術・麻酔を受ける方へ

麻酔科医は患者さんに代わって、手術中の身の安全を守ります。これを全身管理と言います。つまり、麻酔をするということは、単に痛みを感じなくするというだけでなく、手術中のあらゆる危険から患者さんの身を守るということなのです。
自分の手術をしてくれる先生は誰なのか、できたら腕のいい先生に手術をしてもらいたいと誰しもが思います。でも、自分の命を預ける麻酔科の医師が誰か、関心をもつ人はあまりいません。麻酔科医、そして手術室に勤務する手術室看護婦は、手術中ずっとあなたのそばにいてあなたを守っています。そういう人がいることも知っておいてください。

▲ページの先頭へ

診療実績

平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年
総手術件数 4,223件 4,465件 4,660件 4,620件 4,686件 4,887件
麻酔科管理件数 1,979件 1,954件 2,080件 2,160件 2,250件 2,317件

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ