糖尿病・内分泌内科(総合内科)

《糖尿病・内分泌内科(総合内科)外来の週間予定表はこちらです》

概要

当科は糖尿病を中心に高脂血症、高血圧などの生活習慣病、内分泌疾患、またそれらによって起こってくる病気を含めて内科一般を総合的に診ていこうという科です。

▲ページの先頭へ

スタッフ紹介

yamada sougounaika
山田浩司 糖尿病
役職
総合内科部長
糖尿病・内分泌内科部長
臨床研究センター副センター長
主な資格、認定
日本内科学会総合内科専門医
日本糖尿病学会専門医
卒業年、主な職歴
昭和57年山口大学医学部卒
岐阜大学大学院(生化学)修了
南フロリダ大学医学部留学
豊川市民病院
maruyama_sougounaika201605
丸山貴子
役職
総合内科部副部長
糖尿病・内分泌内科部副部長
主な資格、認定
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本糖尿病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
卒業年、主な職歴
平成5年岐阜大学医学部卒
岐阜大学医学部附属病院
聖隷三方原病院
松波総合病院

▲ページの先頭へ

診療内容

1.糖尿病

糖尿病は、健康な人に比べて高い血糖値が続き、その高い血糖が血管や神経を傷める病気です。血糖値が高くなってしまう原因は、糖の代謝を制御するインスリンというホルモンがうまく働かないためです。

かなりの高血糖になれば、多尿、口渇(こうかつ)、体重減少といった症状が出てきますが、多少高い程度では特に症状は出てきません。
し かし症状がなくても、少しずつ血管や神経が傷み、網膜症、腎症、神経障害、また心筋梗塞、脳梗塞を起こします。血管や神経を傷めないためには、たとえ症状 がなくても血糖値の上がる原因を取り除き、薬物を使ってでも健康な人と変わらない血糖値にすることが重要になってきます。

当院では糖尿病専門医をはじめ、糖尿病療養指導士の資格を持った看護師や栄養士ほか薬剤師など専門の立場から患者さんの治療や療養指導、相談に当たっています。
糖尿病の状態の悪い方は、入院にて治療を行います。
当院では2週間の入院プログラムがあります。この2週間で合併症の状態を調べながら今後の治療方針を立て、患者さんには糖尿病についての勉強を通して自分で自分の血糖値をコントロールする術を身につけていただくものです。

また、毎週水曜日午後3時から1時間、人間ドック待合室にて糖尿病教室を行っています。毎回看護師や栄養士などがそれぞれの立場から糖尿病という病気について話をします。
興味のある方はどなたでもご参加ください。プログラムの内容は院内の掲示板をご覧ください。

2.内分泌疾患

当科のもうひとつの柱は、ホルモン異常に伴う病気の診療です。バセドウ病、慢性甲状腺炎など甲状腺の病気はよくおきる病気の1つです。この病気では動悸がしたり暑がりになったり、逆に寒がりになったり動くのがおっくうになったりします。また肥満ややせ、高血圧、倦怠感などの症状はいろいろなホルモンの異常によって起きているかもしれません。このような症状のある方は一度ご相談ください。
糖尿病をはじめ生活習慣病は長い目で見て治療を続けていかなくてはいけません。病診連携を通じてかかりつけ医の先生とともに皆様の治療にあたっていきます。

▲ページの先頭へ

入院診療実績

2013年2014年2015年2016年
1型糖尿病 7件 9件 3件 11件
2型糖尿病 111件 109件 95件 117件
ケトアシドーシス 14件 4件 6件 5件
重症低血糖 2件 3件 1件 4件

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ