産婦人科

《産婦人科外来の週間予定表はこちらです》

概要

産科領域では正常妊婦分娩に加え、異常妊婦分娩に対応しています。

婦人科領域では悪性腫瘍に対する治療に加え、内視鏡下手術を数多く手がけています。また骨盤臓器脱の手術にも力を入れております。

不妊治療では諸検査を行いながら計画的な治療を行っています。

▲ページの先頭へ

スタッフ紹介

yamamoto_sanhujinka nyusenka
山本和重 産婦人科内視鏡下手術
役職
産婦人科部長
産婦人科内視鏡部長
主な資格、認定
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
卒業年、主な職歴
昭和55年岐阜大学医学部卒業
平成14年岐阜市民病院産婦人科内視鏡部長
平成20年岐阜大学医学部客員臨床系医学准教授
平成23年岐阜市民病院産婦人科部長兼産婦人科内視鏡部長
sanfuji.hirosi toyoki
豊木廣
役職
婦人科腫瘍部長
産婦人科副部長
主な資格、認定
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医
卒業年、主な職歴
hiraku sanhujinka
平工由香
役職
産婦人科部副部長
主な資格、認定
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
卒業年、主な職歴
no image2
柴田万祐子
役職
産婦人科部医長
主な資格、認定
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医
卒業年、主な職歴
 
sanfuji.yuichi kato
加藤雄一郎
役職
産婦人科部医長
主な資格、認定
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
卒業年、主な職歴
sato_sanhujinka2905.jpg
佐藤香月
役職
産婦人科部医員
主な資格、認定
日本産科婦人科学会専門医
卒業年、主な職歴
tanigaki_sanfu
谷垣佳子
役職
産婦人科部医員
救急診療部医員
主な資格、認定
日本産科婦人科学会専門医
卒業年、主な職歴
kuwayama_sanfu
桑山太郎
役職
産婦人科部医員
救急診療部医員
主な資格、認定
卒業年、主な職歴

産科チームスタッフ紹介

▲ページの先頭へ

診療内容

産科領域では正常妊婦分娩に加え、数多くの異常妊婦分娩(切迫流早産、頸管無力症、妊娠高血圧症候群、他科疾患(糖尿病、腎臓病、神経内科精神科疾患、血液疾患、消化器疾患、循環器疾患等)合併妊娠分娩、前置胎盤、癒着胎盤、多胎、前期破水、羊水異常等)を診療しています。しかし、現在のところNICU(新生児集中治療室)が無いために妊娠32週未満、推定体重1500g未満の診療はできておりません。

産科チームスタッフ紹介  マタニティー・ヨーガ教室

婦人科領域では悪性腫瘍(子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌)に対する開腹手術、化学療法(抗癌剤治療)、放射線療法、緩和医療などに加え、子宮体癌(初期がんのみ)、子宮頸癌(初期がんのみで現在先進医療取得に向けて申請準備中),卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、異所性妊娠、卵巣出血、不妊症(多嚢胞性卵巣症候群含む)、卵管閉塞/卵管留水腫などの卵管病変、腹腔内癒着病変、骨盤臓器脱、子宮内膜ポリープ、子宮奇形、子宮内癒着、過多月経に対する内視鏡(腹腔鏡、子宮鏡、卵管鏡)手術を数多く手がけています。内視鏡下手術は混んでおり緊急手術以外はすぐにはお受けできません。最新空き情報をご参考にしていただければ幸いです。
内視鏡下手術  内視鏡下手術日 最新空き情報

また骨盤臓器脱(子宮脱)の手術にも力を入れております。
近年メッシュを使用したTVM手術が多かったのですが、米国での治療状況から見直し時期に来ており、状態に応じてTVM手術、メッシュを使わない従来法、28年4月に保険収載された腹腔鏡手術(腹腔鏡下仙骨膣固定術)で対応しています。

子宮脱(膀胱瘤、直腸瘤)に対するTVM手術、腹腔鏡下仙骨膣固定術(膀胱脱手術含む)

その他、過多月経に対する手術療法(MEA)、性感染症に対するレーザー治療にも取り組んでいます。

マイクロ波子宮内膜アブレーション:MEA(子宮鏡下子宮内膜焼灼術)

不妊治療では諸検査を行いながら計画的な治療を毎日(休日も)行っています。しかし、現在のところ人員と設備の関係で体外受精は施行していない状況です。

受診案内

当院では国の方針で病診連携を強化しています。
現在かかっている医師(かかりつけ医)より当院地域連携部を通してのファックス予約のみが可能です。その際は紹介状もいります。
紹介状はあるけれども予約していない方も診察の受付を1階でしていただければ診察致します。ただし待ち時間が長くなること(最長4時間前後)がありますのでご了承ください。

健康診断(子宮癌検診含む)目的の方や重病でない方はまずはお近くの診療所(かかりつけ医)で診てもらいましょう。そこで当科での精査治療が必要と言われた方はかかりつけ医より紹介状を書いてもらって当科を受診してください。当院地域連携部を通してのファックス予約をしてもらうと待ち時間が少なくなります。かかりつけ医のない方は早めに見つけておきましょう。

妊婦診、不妊診は紹介状のない方も診察の受付を1階でしていただければ診察致します。ただし待ち時間が長くなること(最長4時間前後)がありますのでご了承ください。

手術診は紹介状(当院地域連携部を通してのファックス予約)がないと診察できませんので宜しくお願い申し上げます。手術診は手術を希望する方に手術の内容と日取りを当日(後日ではありません。)決めるための診察です。当日決められないと思う方は初再診の予約をお願いします。初再診で説明を聞いて手術希望の方は手術診の予約をお取り下さい。手術診は枠に限りがありますので一人でも多くの方が早く手術を受けられるようにご協力の程宜しくお願い申し上げます。

現在かかっている医師(かかりつけ医)より当院地域連携部へのファックス予約の手順です。
まず当院地域連携部へのファックス予約の用紙を当院ホームページ地域連携部よりダウンロードしてください。

  1. 手術以外の方、悪性腫瘍(疑い含む)の方、手術を迷われている方、手術の説明を聞いてからまた家で相談して決めたいと考えておられる方、手術希望だが必要な検査(血液検査、画像診断MRI等)がまだお済みでない方は初再診(第二初再診含む)のご予約をお願いします。手術希望の方は必要な検査(血液検査、画像診断MRI等)を初再診で済ませた上で手術診になります。
  2. 手術希望で必要な検査(血液検査、画像診断MRI等)がお済みで、疾患が子宮筋腫(子宮粘膜下筋腫(子宮の中に出ている筋腫)を除く)、子宮腺筋症、子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞を含む)の方は手術診(月、木)のご予約をお願いします。
  3. 手術希望で必要な検査(血液検査、画像診断MRI等)がお済みで、疾患が卵巣チョコレート嚢胞以外の良性卵巣腫瘍、子宮粘膜下筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮脱の方は初再診(第二初再診含む)か手術診(月、木)で早く予約ができるほうでのご予約をお願いします。幾分早めの手術が可能になります。
  4. 上記分類にあてはまらないとか、とにかく当院にすべてお任せしたいという方は初再診(第二初再診含む)のご予約をお願いします。
    救急患者様はこの限りではありませんので、現在かかっている医師(かかりつけ医)よりの電話連絡で対応致します。その方のために逆に予約患者様の診察時間が大幅に遅延することがありますのでご了承ください。

予約時間はあくまで予定でして、他の患者様の診察状況で大幅に遅延することがありますのでご了承ください。
不妊診療は土日祭日も必要な方は診察しています。排卵日付近は毎日の診察になりますので、午前中お仕事をされている方は当科での診療は困難と思いますのでよろしくお願いします。

▲ページの先頭へ

診療実績

産科領域での分娩数ですが、平成28年は前年より24件多い229件でした。2次救急病院の性格上、リスクの高い症例が多く、紹介による母体搬送の比率も高く、87件(38.0%)が帝王切開による分娩となっています。

婦人科領域での手術件数ですが、平成28年は手術室手術587件(前年比34件の増加)でした。悪性腫瘍手術は32件(進行子宮頸癌手術11件、子宮体癌手術11件、卵巣癌手術10件。前年比1件の増加)でした。内視鏡手術は396件(腹腔鏡279件、子宮鏡120件:途中開腹変更3件除く、腹腔鏡子宮鏡同時施行3件、MEA21件、外来手術13件含む。前年比24件の増加)でした。子宮脱手術は29件(TVM手術7件、仙骨腟固定術13件,メッシュを使わない手術9件。前年比5件の増加)でした。
ただし手術枠に限りがあるため内視鏡の適応を超える一般的な良性腫瘍(巨大子宮筋腫など)の開腹手術は原則お受けできていないのが現状です。

不妊治療での妊娠率は平成29年4月現在59.8%(昨年までの累計より0.5%減少)、生児獲得率(途中で流産せずにお産した確率)は53.2%(昨年までの累計より0.5%減少)で、治療を受けられた約半数の方が赤ちゃんを授かっております。

▲ページの先頭へ

医療設備

カラードプラ超音波、MRI、CT、シンチカメラ、子宮鏡、コルポスコープ、CO2レーザー、内視鏡手術機器、リニアック、術中自己血回収装置、マイクロターゼ(マイクロ波照射装置)、下平式高周波手術器

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ