セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオンとは、患者様の現在の病状や治療方針について他の医師の意見を求めることを言います。当院のセカンドオピニオン外来では、当院以外で治療を受けておられる患者様を対象に、診断内容や治療法に関して当院での意見・判断を提供いたします。その意見や判断を、患者様がご自身の治療に際しての参考にしていただくことを目的としております。
なお、当院にて治療をお受けの患者様が他病院の医師のセカンドオピニオンを希望される場合には、直接当院の主治医にご相談下さい。当院はセカンドオピニオンを推進しており、主治医にて必要な資料の準備を致します。

seop11

当院のセカンドオピニオン外来を受けるにあたっては、下記の事項をご理解の上、お申し込みをお願いいたします。

▲ページの先頭へ

1.セカンドオピニオン外来の相談内容

診断内容や治療法に関して当院での意見・判断を提供いたしますが、治療行為は行いません。治療に関する相談のみとなります。医療訴訟の問題、医療費の内容、医療給付に関する事、主治医に対する不満、転医希望等に関する相談はお受けできません。
相談後の治療は主治医に継続していただく事が原則であり、相談内容については主治医にご報告させていただきます。

▲ページの先頭へ

2.必要な資料

セカンドオピニオン外来に来られる時は、現在受診されている主治医からの診療情報提供書ならびに検査資料(X線フィルム・血液検査データ・心電図)等を準備し、お持ち下さい。

▲ページの先頭へ

3.相談可能診療科と担当医師

相談可能診療科は、「セカンドオピニオン相談担当診療科一覧」をご覧下さい。原則として各診療科の診療部長及び専門医が担当いたします。
尚、患者様からの医師指定があった場合は可能な範囲においてお受け致します。

セカンドオピニオン相談担当診療科一覧

 第1内科(循環器、神経、腎臓)
 第2内科(消化器、血液)
 総合内科(糖尿病、内分泌)
 外科
 乳腺外科
 整形外科
 リハビリテーション科
 小児科
 産婦人科
 眼科
 耳鼻いんこう科・頭頸部外科
 皮膚科
 泌尿器科
 呼吸器・腫瘍内科
 胸部・心臓血管外科
 放射線科
 脳神経外科
 歯科・口腔外科

▲ページの先頭へ

4.相談を受けることが出来る対象の方

原則、患者様ご本人、あるいは、ご本人と同席されるご家族等です。しかし、ご本人が来院出来ない場合には、ご本人の同意書があれば、ご家族の方だけでも可能です。

▲ページの先頭へ

5.相談にかかる費用

セカンドオピニオン外来は保険適用ではありません。
30分まで10,800円、延長料金30分毎5,400円を加算した 費用を請求させて頂きます。(消費税を含む)

▲ページの先頭へ

6.予約受付窓口

セカンドオピニオン外来は完全予約制となっております。希望される方は、岐阜市民病院地域連携部(058-253-0890)に電話を頂き、セカンドオピニオン希望の旨をお申し出下さい。担当者にて希望内容を電話でお伺いした上で、FAXあるいは郵便にてセカンドオピニオン依頼用紙をお送り致します。
ご返送頂いたセカンドオピニオン依頼用紙をもとに、担当医および相談日時の調整を行い、予約日時を書面(セカンドオピニオン予約票)の郵送にてご連絡致します。相談時間は月曜日~金曜日(祝休日および年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時までの間での調整となります。
郵送文書として、主治医へのセカンドオピニオンのための診療情報提供依頼状を同封させて頂きますので、予約日時が決まりましたら、早めに主治医にご報告頂き、資料の準備をご依頼下さい。なお、当院へ電話される前に、あらかじめ現在治療を受けておられる主治医にセカンドオピニオンを受けたい旨の希望を申し出て頂き、了解を得てから電話されますと、当院での予約日時をスムーズに決められますので、前もってご相談されることをお勧めします。
ご本人が来られない場合の同意書も同封致しますので、代理人が相談を受けられる場合はご用意下さい。

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ