中央放射線部 一般撮影・マンモグラフィ・骨密度測定

2014年11月 胸腹部立位X線撮影装置がCRシステムからFPDシステムに変更になりました。

概要

一般撮影には、胸腹部単純撮影、骨X線単純撮影、乳房撮影、消化管造影(透視)などがあります。撮影システムは、従来のレントゲンフィルム(フィルム・スクリーンシステム)に代わりコンピューターラジオグラフィ(CR)というシステムが稼働しています。さらに消化管造影は最新のフラットパネルシステム(FPD)が導入され、撮影システムから直接画像サーバーに保存されるようになりました。
中央放射線部では、平成17年度から医療用画像管理システム(PACS:Picture Archiving and Communication System)を導入し、院内の一般撮影、CT、MRI、核医学の全ての画像を画像サーバーに保存しています。現在画像サーバーに保存された画像は院内配線を経由して各診療科外来の机上のパソコンや各病棟のパソコンから見ることができます。平成19年度には、放射線情報システム(RIS)が導入され、病院情報システム(HIS)との連携により患者さんの画像の全てをコンピューター管理しています。またPACSと同様に導入された画像読影レポートシステムにより、放射線科医である画像診断専門医の読影結果を電子カルテに配信しています。
下に、放射線関連部門-院内ネットワーク接続図(図1)、実際の写真の一部(図2)を示します。

図1:放射線関連部門-院内ネットワーク接続図(概略)

housyasen251112-1
FUJIFILM Medical 株式会社 提供

患者さんは診察後、依頼用紙をお持ちいただき中央放射線部にて撮影を行います。画像データは速やかに画像サーバーへ保存されて、各科外来・病棟の電子カルテから見ることができます。撮影した画像を早く正確に配信できますので、診察室にレントゲンフィルムを持っていく手間もかからず、診療の質を高め、待ち時間の短縮につながります。

図2:実際の写真とシェーマ

胸部写真 :左肺に小細胞がんを認めます。
housyasen251112-2 housyasen251112-3
左右肺を比べると左肺の大動脈弓の高さに影(腫瘍)が見えます。

胸部CT画像
housyasen251112-4
黒い肺の中に、辺縁が凹凸のある不整で棘状の肺がんを認めます。

立位腹部写真  :腸閉塞(イレウス) 大腸の拡張を認めます。
housyasen251112-5 housyasen251112-6

鎖骨正面撮影 :鎖骨骨折
housyasen251112-7 housyasen251112-8
来院時
housyasen251112-9 housyasen251112-10
手術後

▲ページの先頭へ

胸腹部単純撮影

胸腹部立位X線撮影装置

housyasen.kyoufuku01 housyasen.kyoufuku02

2014年11月 胸腹部立位X線撮影装置がCRシステムからFPDシステムに変更になりました。

フラットパネルディテクタ(FPD)とは
最新のX線平面検出器のことです。従来のコンピューターラジオグラフィ(CR)と違い、直接装置本体が画像を作りますので、撮影から画像確認までの時間を約1分から約3秒と大幅に短縮することができます。また、従来よりも少ないX線量でよりシャープで美しい写真を撮ることができます。
FPDは、最速で画像を確認できますので患者さんにとって撮影時間の短縮につながり、そして 被ばくの少ない優しい検査です。

▲ページの先頭へ

マンモグラフィー(乳房撮影)

乳房を圧迫しながら撮影を行います。圧迫することにより、乳房の厚みを薄くすることで被ばく線量が少なくなり、さらに病変の発見率が格段に向上します。乳 がん検診には欠かせない検査です。しかし、乳房を薄く圧迫して伸ばすために苦痛を伴うことと、少量ですが被ばくを伴うことが検査の不利益な点で今後の改善 が必要と考えられています。
当病院では、マンモグラフィーは全て女性の放射線技師が撮影を担当しており、原則2方向の撮影を行います。(合計4枚)
housyasen.manmo01

housyasen251112-11 housyasen251112-12 housyasen251112-13
housyasen251112-14 housyasen251112-15 housyasen251112-16

必要に応じて、追加で撮影する場合もあります。(その場合は合計6~8枚)追加撮影することにより、より詳しい情報を得ることが可能となります。

腫瘤性病変
正常な部分に比べ、白く写ります。
housyasen251112-17
石灰化病変
白く写っているのが石灰化で、非常に細かい部分まで観察することが出来ます。
housyasen251112-18

乳房は年齢によって構造に変化があらわれます。

housyasen251112-19

定期的に検査を受けておくと、過去画像との比較が出来るので病変などの変化を、早期に発見することが可能となります。

housyasen251112-20-2

▲ページの先頭へ

骨密度測定(骨塩定量)装置

housyasen.kotumi01housyasen.kotumi02 housyasen.kotumi03

housyasen251112-22

骨密度とは、骨を構成するカルシウムなどのミネラル成分が、一定の容積あたりどのくらい含まれているかを表すもので、骨の強さの指標となります。これが低下すると骨がもろくなり骨折しやすくなります。
当院では、平成24年12月に短時間で精密な骨密度の測定ができる最新の  GE社製PRODGIYを導入いたしました。この検査は2種類のX線を使用して行うDEXA法(デキサ法:Dual Energy X-Ray Absorptiometry )を用いており、超音波などを用いた他の測定法と比べて精度が高く、特にDEXA法を用いた腰椎の骨密度測定は、骨粗鬆症の診断や治療の効果判定において、最も標準的な方法とされています。ただし、脊椎の変形などによって、腰椎での測定が適当でないと判断される場合には、大腿骨頚部や、前腕で骨密度の測定を行います。検査時間は、腰椎で約30秒、大腿骨頚部・前腕で各々20秒ほどかかります。
胃や腸のバリウム検査や、CTなどで造影剤を使った検査の後は正確な検査結果が出ないことがありますので、主治医または担当技師にご相談ください。

▲ページの先頭へ

撮影の際に注意して頂きたいこと

金属類、プラスチック類等がついている衣服・アクセサリー等のX線吸収が大きいものは、撮影部位によっては取り外して頂いております。検査着等、着替えの準備はありますのでご安心ください。

例)

  • ボタン等プラスチック類
  • 厚手の衣類等
  • 貴金属(ネックレス、ピアス等)
  • 携帯電話や鍵など
  • メガネ、入れ歯
  • 金属の入った下着(ブラジャー等)
  • ズボンのベルト、ファスナー
  • カイロ、磁器絆創膏、湿布(厚手のもの)

iippan07

その他

  • 検査当日は、脱着しやすい服装でお越しください。
  • 妊娠している可能性のある方はスタッフに申し出てください。

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ