核医学診断装置

当院では平成29年12月11日より最新の核医学診断装置SIEMENS社製Symbia Intevo Excelが稼動しています。
kakuigaku-souti20180116-1.jpg

Symbia Intevo Excelには、以下のような特徴があります。


核医学診断装置(SPECT)とCTが一体化

kakuigaku-souti20180116-2.png

①一度の検査で核医学診断とCTの画像が取得できる

二つの装置が一体化しているため、核医学診断画像を撮影後、移動することなくCTを撮影することが可能です。

kakuigaku-souti20180116-2-1.jpg kakuigaku-souti20180116-2-2.jpg
  核医学診断画像    CT画像

②融合画像を作成することができる

核医学診断画像とCT画像を融合することにより、病気や臓器の正確な位置情報を把握できます。

kakuigaku-souti20180116-3-1.jpg kakuigaku-souti20180116-3-2.jpg kakuigaku-souti20180116-3-3.jpg
核医学診断画像 CT画像 融合画像

③CTを使用した正確な減弱補正が可能

体内の深部に集まった薬剤から発生する放射線は、装置の検出部に届くまでに組織に吸収されてしまいます。CTを撮影し、その画像を基に患者さんの体格に合わせた補正を行うことで、薬剤の集まりを正確に画像化できます。

患者にやさしい撮影

検出器の自由度が高く、真っすぐ寝られない方でも楽な姿勢で快適に検査を受けることができます。

kakuigaku-souti20180116-5.png kakuigaku-souti20180116-6.png

高画質な画像

従来装置に比べ、独自技術により検出器の感度が26%上昇し、これまでと同じ検査時間で高画質な画像が取得できます。

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ