輸血部

概要

輸血とは健康な人から採取した赤血球、血漿、血小板を用い治療することです。
主に手術の時や外傷による失血あるいは高度の貧血などの時に実施されます。
またその際、血液型判定、不規則抗体検査および交差適合試験を行い、重篤な副作用が起こらない様に努めます。

(1)輸血療法委員会と連携し、安全で適正な輸血医療を推進し、血液製剤の管理運用を行っています。
(2)必要に応じて事前に自己血採血を行い、手術時に使用しています。
(3)臨床工学室や血液検査部門と連携し、移植などの細胞治療にも取り組んでいます。

▲ページの先頭へ

スタッフ紹介

takahashi ketsuekinaika
髙橋健
役職
血液腫瘍センター長
輸血部長
地域連携部長
医療情報部副部長
地域連携室長
主な資格、認定
日本血液学会指導医・専門医
日本内科学会内科指導医・認定内科医
卒業年、主な職歴
昭和57年金沢大学医学部卒

▲ページの先頭へ

輸血関連検査

ABO血液型検査

輸血上もっとも大切といえるのが血液型判定です。
日本人はA型40%、O型30%、B型20%、AB型10%の割合です。
違う血液型を輸血すると場合によっては重篤な副作用が起こります。

Rh血液型検査

Rhが陽性か陰性かを判定します。
日本人では約0.5%の割合でRhが陰性です。特にAB型のRh陰性は0.05%と少数です。Rh陰性の人にRh陽性の人の血液を輸血すると抗D抗体が産生されることがあり、次回にもう一度Rh陽性の人の血液が輸血されると重篤な副作用を起こすことがあります。

yuketu-1
血液型判定用の専用カセットを用いた検査

不規則抗体検査

ABO血液型以外の血液型抗体検査です。
過去の輸血や妊娠などである種の抗体が産生されることがあり、その抗原を持っている人の血液を輸血すると副作用を起こすことがあります。

交差適合試験

患者の血液と輸血に使用する血液とを使って実際にマッチングする検査です。
血液型不適合や不規則抗体による副作用の防止を目的にした重要な検査です。

yuketu-2
血液センターから供給された赤血球製剤

▲ページの先頭へ

血液製剤管理業務

血液製剤の保管・管理を行っています。

yuketu-4
輸血管理システムで製剤状況を確認しているところ

移植における幹細胞の管理

当院では、骨髄移植(血縁、非血縁:日本骨髄バンク)、末梢血幹細胞移植(自己、血縁)、さい帯血移植(日本さい帯血バンクネットワーク)を行っています。輸血部では、中央検査部と協力して、移植に使用する各種幹細胞の保存、管理をしています。

▲ページの先頭へ

実績

平成28年

赤血球製剤血小板製剤新鮮凍結血漿
使用量(単位数) 9266 27250 3478
廃棄率(%) 0.06 0.00 0.47

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ