血液内科

第6回岐阜造血幹細胞移植スタッフセミナーの開催

熊本医療センター血液内科 医長 河北敏郎先生と、看護部 日高 優子先生をお迎えし、造血細胞移植に関しての講演をしていただきました。
また、病棟スタッフによる患者看護やロングパスについての発表もしました。参加者 53名の医療者の方がお集まりくださり、講演終了後も交流を深め、移植看護の教育や、ロングパスについて意見交換ができました。

日時
平成30年2月13日(火)
午後6時~午後7時30分
場所
サルビアホール

プログラム内容

講演1
熊本医療センターにおける同種移植の現状
講師  熊本医療センター 血液内科 医長  河北 敏郎 先生
講演2
当院での移植看護の実際
~造血細胞移植ロングパス・移植看護教育ラダーの効果~
講師  熊本医療センター 看護部  日高 優子 先生
一般講演1
思春期に白血病と診断された患者への看護
西9階病棟  松下 真由美さん
一般講演2
移植後ロングパスの作成を試みて
ースタッフの共通認識を高めるー
西9階病棟  高橋 香織さん

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ