がんゲノム医療連携病院

当院は、平成30年10月1日付で「がんゲノム医療連携病院」に指定されました。

がんゲノム医療とは?

近年、遺伝子解析技術が進歩し、がんの原因となるさまざまな遺伝子変異が次々に発見されるようになりました。がんゲノム医療とは、患者さん一人ひとりのがんの原因を明らかにし、より適した治療薬を選択する次世代のがん治療です。
国は、がんゲノム医療を推進するため、がん対策基本法に基づき「第3期がん対策推進基本計画」を策定し、がんゲノム医療を必要とするがん患者さんが、全国どこにいても、がんゲノム医療を受けられる体制を構築するため、がんゲノム医療を牽引する高度な機能を有する医療機関として、がんゲノム医療の中核となる拠点病院等の整備を進めています。

▲ページの先頭へ

がんゲノム医療連携病院とは?

「がんゲノム医療中核拠点病院」と連携して、遺伝子パネル検査による医療の提供、遺伝カウンセリングの実施やがんゲノム医療に関する情報提供などの役割を担う病院です。

【連携先となるがんゲノム医療中核拠点病院:名古屋大学医学部附属病院】

厚生労働省のがん診療連携拠点病院等のページへ

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ