院内がん登録室

当院は平成19年1月1日から、院内がん登録のデータを国立がん研究センターの全国集計に提出しています。

院内がん登録は、がん登録等の推進に関する法律(平成28年1月1日施行)およびがん登録の実施に係る指針(厚生労働省告示第470号)に基づくもので、当院でがんの診断・治療を受けた全患者についてがんの診断、治療、予後に関する情報を登録することにより、がん診療の実態把握、がん診療の質の向上、がん患者の支援等に役立てるものです。

院内がん登録室では、国立がん研究センターの院内がん登録実務者認定試験に合格した中級認定者2名、初級認定者1名で、医師の協力のもとがん登録を行っています。

独立行政法人国立がん研究センター がん情報サービス「がん登録・統計」はこちら

▲ページの先頭へ

個人情報保護について

院内がん登録により得た情報は、岐阜市個人情報保護条例および当院の個人情報保護方針に従い、個人情報に十分配慮しつつ、がん医療の向上に寄与する目的で利用しています。

▲ページの先頭へ

院内がん登録統計

集計の対象と方法

  1. 自施設で診断または他施設で診断されて自施設に初診した、全ての悪性新生物(がん)及び頭蓋内および中枢神経系腫瘍全体の良性及び良悪性不詳の腫瘍の登録患者を入院・外来を問わず対象とする。(初回の診断とは、自施設における、当該腫瘍に関して初めての、診断又は治療等の診療行為のことを指す)
  2. 他施設からの初回治療の継続、自施設における初診の再発例や治療を行わない経過観察も含む。
  3. 1腫瘍1登録の原則に基づき、多重がんの場合は個別に登録する。(多重がんとは、複数のがん病巣が存在し、それらが臨床的・病理学的に独立した"がん"と診断されたもの)
  4. 当該腫瘍に対する初回の一連の検査・治療内容について登録し登録完了後は予後調査の追加のみを行い、登録完了後の診療情報については登録対象としない。
  5. 集計項目はがん診療連携拠点病院等『院内がん登録標準登録様式』(2016年版)
    2015年までは『院内がん登録標準登録様式』(2006年度版 修正版)
  6. 部位・組織コードについては『国際疾病分類―腫瘍学第3.1版』により分類した。
  7. 個人が特定されるのを避けるため、集計値が10以下の部位については(-)表記としている。

登録対象となる腫瘍の種類

『国際疾病分類―腫瘍学第3版(3.1版)』(厚生労働省大臣官房統計情報部)(以下、ICD-O3)における形態コードの性状コードが2(上皮内癌)と3(悪性、原発部位)のもの。ただし、以下の腫瘍については、例外的に登録の対象とする。(下線部は2016年版からの変更箇所

a)中枢神経系腫瘍
頭蓋内から発生した、いわゆる脳腫瘍や、髄膜・脳・脊髄および中枢神経系に発生した腫瘍に関しては良性であっても登録対象とする。以下に発生した腫瘍は/0良性、 /1良性・悪性の別不詳も登録対象
C70.0、C70.1、C70.9、C71.0、C71.1、C71.2、C71.3、C71.4、C71.5、C71.6、C71.6、C71.7、C71.8、C71.9、C72.0、C72.1、C72.3、C72.4、C72.5、C72.8、C72.9、C75.1、C75.2、C75.3

b)消化管間質腫瘍(GIST)
ICD-O3の形態コードで8936/1となる性状不詳および8936/0となる良性の消化管間質腫瘍は、原発部位に関わらず登録の対象とする。

c)境界悪性卵巣腫瘍の一部
死因統計に用いられる「疾病、傷害および死因統計分類提要ICD―10準拠に従い、ICD-O3の形態コードで8440~8479の範囲の性状不詳腫瘍で、卵巣に発生するものは、性  状コードが「/1」でも登録の対象とする。
具体的には、卵巣に発生した以下の形態コードとなる腫瘍とする。
  8442/1(境界悪性漿液性のう胞腺腫) ICD-O3の表記は「漿液性のう胞腺腫、境界悪性」
  8444/1(境界悪性明細胞嚢胞腫瘍)
  8451/1(境界悪性乳頭状のう胞腺腫) ICD-O3の表記は「乳頭状のう胞腺腫、境界悪性」
  8462/1(境界悪性漿液性乳頭状のう胞腺腫)
  8463/1(境界悪性漿液性表在性乳頭腫瘍)
  8472/1(境界悪性粘液性のう胞腺腫)
  8473/1(境界悪性乳頭状粘液性のう胞腺腫)

二次医療圏について

厚生労働省が、医療法に基づいて 、県民が等しく医療サービスを受けることができる医療提供体制を確立するために定められた区域である。
岐阜県は、岐阜医療圏、西濃医療圏、中濃医療圏、東濃医療圏、飛騨医療圏の5区域に定められている。岐阜医療圏は、岐阜市、羽島市、各務原市、山県市、瑞穂市、本巣市、羽島郡(岐南町・笠松町)、北方町である。

院内がん登録統計(2018年)

部位別院内がん登録件数

※2018年症例から多重がんルールが変更

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
合計 1,212 1,290 1,349 1,401 1,506 1,488 1,514 1,578
口腔・咽頭 28 21 20 17 24 20 18 22
食道 17 27 26 16 24 21 22 18
114 139

168

158 161 158 155 141
大腸 187 186 203 225 236 207 178 242
肝臓 83 88 94 79 76 73 83 60
胆嚢・胆管 19 23 19 30 25 32 24 29
膵臓 30 36 49 52 50 49 67 62
喉頭 - - 10 - - - 10 11
158 172 189 202 194 184 206 202
骨・軟部 - - - - - - - -
皮膚(黒色腫を含む) 24 30 39 33 49 34 45 33
乳房 109 95 101 122 118 97 119 116
子宮頚部 34 22 24 35 56 63 56 53
子宮体部 - 12 16 13 14 19 23 34
卵巣 - - 10 - 10 - 19 19
前立腺 105 79 82 79 98 119 84 117
膀胱 58 45 58 57 66 60 67 59
腎・他の尿路 33 43 37 33 32 45 41 34
脳・中枢神経系 22 22 20 31 16 31 21 29
甲状腺 - - - 10 - - 16 -
悪性リンパ腫 50 69 57 66 76 69 70 78
多発性骨髄腫 13 22 24 21 19 26 18 27
白血病 43 49 46 47 54 60 67 73
他の造血器腫瘍 16 49 23 30 54 55 74 64
その他 35 35 27 29 39 40 28 48

2018buibetu.jpg

大腸癌、肺癌、前立腺癌、子宮体癌、血液腫瘍が多い。

年代別男女別登録件数
2011~2018年
男性 女性
小児世代
0~14歳
67 48
AYA世代
15~39歳
105 253
働く世代
40~64歳
1,431 1,413
高齢者
65~74歳
2,314 1,277
後期高齢者
75歳以上
2,650 1,780
合計 6,567 4,771

2018danjyobetu.jpg

2018sedaibetu.jpg

世代別では、高齢者・後期高齢者が多い。特に高齢になるほど男性の罹患が多い。小児世代では造血器腫瘍が多い。AYA世代では子宮頚癌が多い。 働く世代では女性は乳癌が多く、男性は前立腺癌が多い。

医療圏別診断時住所

2018iryoukenbetu.jpg

<県内> <県外>
1 岐阜医療圏 岐阜市 7,051 10,255 6 愛知県 91
瑞穂市 1,177 三重県 7
本巣市 660 静岡県 2
北方町 600 富山県 1
各務原市 231 群馬県 1
羽島市 228 茨城県 2
羽島郡 197 埼玉県 3
山県市 111 神奈川県 3
2 西濃医療圏 揖斐郡 293 543 福島県 1
大垣市 125 千葉県 2
安八郡 74 兵庫県 2
不破郡 25 東京都 7
養老郡 17 広島県 1
海津市 9 福岡県 2
3 中濃医療圏 関市 92 281 長崎県 2
郡上市 80 岡山県 1
加茂郡 38 滋賀県 11
美濃加茂市 30 京都府 1
可児市 25 奈良県 1
美濃市 11 長野県 6
可児郡 5 大阪府 5
4 東濃医療圏 中津川市 7 13 沖縄県 1
多治見市 5 海外(中国) 1
恵那市 1 小計 154
5 飛騨医療圏 下呂市 51 92
高山市 41
小計 11,184

医療圏別では、岐阜医療圏が約92%(岐阜市は約62%)を占めており、地域がん診療連携拠点病院としての役割を果たしている。また近隣の医療圏からも受診されている。


ページの先頭へ