後期臨床研修室

専門研修連携施設

1.岐阜大学医学部附属病院

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です.
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • ハラスメント委員会が整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,更衣室,シャワー室,当直室が整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績 医療倫理1回,医療安全1回,感染対策2回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2014年度実績24回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野の総合内科,消化器,循環器,内分泌,代謝,腎臓,呼吸器,血液,神経,アレルギー,膠原病,感染症および救急の全ての分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表(2014年度実績 約20演題)をしています.
指導責任者 白木 亮
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医39名,日本内科学会総合内科専門医34名,日本消化器病学会消化器専門医11名,日本循環器学会循環器専門医9名,日本内分泌学会専門医5名,日本糖尿病学会専門医13名,日本腎臓学会腎臓専門医2名,日本呼吸器学会呼吸器専門医2名,日本血液学会血液専門医4名,日本神経学会神経内科専門医3名,日本アレルギー学会専門医(内科)1名,日本リウマチ学会リウマチ専門医3名,日本感染症学会専門医1名,日本老年医学会専門医2名,日本肝臓病学会専門医9名,ほか
外来・入院患者数 外来患者731名(1ヶ月平均) 入院患者383名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある13領域,70疾患群の症例を経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
日本内科学会認定制度教育病院,日本消化器病学会認定施設日本呼吸器学会認定施設,日本糖尿病学会認定教育施設,日本腎臓病学会研修施設,日本アレルギー学会認定教育施設,日本消化器内視鏡学会認定指導施設,日本循環器学会認定循環器専門医研修施設,日本老年医学会認定施設,日本肝臓学会認定施設,日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設,日本透析医学会認定医制度認定施設,日本血液学会認定研修施設,日本大腸肛門病学会専門医修練施設,日本内分泌甲状腺外科学会認定医専門医施設,日本神経学会専門医制度認定教育施設,日本脳卒中学会認定研修教育病院,日本呼吸器内視鏡学会認定施設,日本神経学会専門医研修施設,日本内科学会認定専門医研修施設,日本老年医学会教育研修施設,日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設,日本東洋医学会研修施設,日本臨床腫瘍学会認定研修施設,日本感染症学会認定研修施設,日本がん治療認定医機構認定研修施設,日本高血圧学会高血圧専門医認定施設,ステントグラフト実施施設,日本緩和医療学会専門医認定制度認定研修施設,日本認知症学会教育施設,日本心血管インターベンション治療学会研修施設

2.岐阜県総合医療センター

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です.
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • ハラスメント委員会が整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,休憩室,更衣室,仮眠室,シャワー室,当直室が整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績 医療倫理2回,医療安全16回,感染対策17回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2014年度実績10回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンス(2014年度実績165回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野の総合内科,消化器,循環器,内分泌,代謝,腎臓,呼吸器,血液,神経,アレルギー,膠原病,感染症および救急の全ての分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表(2014年度実績 3演題)をしています.
指導責任者 安藤 鴨洋 
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医30名,日本内科学会総合内科専門医16名,日本消化器病学会消化器専門医7名,日本循環器学会循環器専門医11名,日本内分泌学会専門医1名,日本糖尿病学会専門医3名,日本腎臓病学会専門医4名,日本呼吸器学会呼吸器専門医4名,日本血液学会血液専門医1名,日本神経学会神経内科専門医4名,日本リウマチ学会専門医1名,日本感染症学会専門医1名,日本救急医学会救急科専門医2名,ほか
外来・入院患者数 外来患者27,427名(1ヶ月平均) 入院患者1,226名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある13領域,65疾患群の症例を経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
日本内科学会認定制度教育病院,日本消化器病学会認定施設,日本呼吸器学会認定施設,
日本糖尿病学会認定教育施設,日本腎臓病学会研修施設,日本アレルギー学会認定教育施設,日本消化器内視鏡学会認定指導施設,日本循環器学会認定循環器専門医研修施設,日本老年医学会認定施設,日本肝臓学会認定施設,日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設,日本透析医学会認定医制度認定施設,日本血液学会認定研修施設,日本大腸肛門病学会専門医修練施設,日本内分泌甲状腺外科学会認定医専門医施設,日本神経学会専門医制度認定教育施設,日本脳卒中学会認定研修教育病院,日本呼吸器内視鏡学会認定施設,日本神経学会専門医研修施設,日本内科学会認定専門医研修施設,日本老年医学会教育研修施設,日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設,日本東洋医学会研修施設,ICD/両室ペーシング植え込み認定施設,日本臨床腫瘍学会認定研修施設,日本肥満学会認定肥満症専門病院,日本感染症学会認定研修施設,日本がん治療認定医機構認定研修施設,日本高血圧学会高血圧専門医認定施設,ステントグラフト実施施設,日本緩和医療学会専門医認定制度認定研修施設,日本認知症学会教育施設,日本心血管インターベンション治療学会研修施設

3.岐阜赤十字病院

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です.
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • ハラスメント委員会が整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,更衣室シャワー室が整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績 医療倫理0回,医療安全8回,感染対策5回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2014年度実績1回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンス(2014年度実績10回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野の総合内科,消化器,循環器,内分泌,代謝,腎臓,呼吸器,血液,神経,アレルギー,膠原病,感染症および救急の全ての分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表(2014年度実績 3演題)をしています.
指導責任者 石森 正敏 
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医8名,日本内科学会総合内科専門医6名,日本消化器病学会消化器専門医4名,日本循環器学会循環器専門医2名,日本内分泌学会専門医3名,日本糖尿病学会専門医4名,日本呼吸器学会呼吸器専門医1名 ほか
外来・入院患者数 外来患者5,334名(1ヶ月平均) 入院患者146名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある13領域,66疾患群の症例を経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
日本消化器病学会認定施設,日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設,日本糖尿病学会認定教育施設,日本甲状腺学会認定専門医施設,日本内科学会認定医教育関連病院,日本血液学会認定血液研修施設,日本呼吸器学会認定施設,日本内分泌学会内分泌代謝科専門医制度認定教育施設,日本感染症学会研修施設,日本病院総合診療医学会認定施設

4.高山赤十字病院

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です.
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • ハラスメント委員会が整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,休憩室,更衣室,仮眠室,シャワー室,当直室が整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績 医療倫理1回,医療安全20回,感染対策6回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2014年度実績5回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンス(2014年度実績15回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野の総合内科,消化器,循環器,内分泌,代謝,腎臓,呼吸器,血液,神経,アレルギー,膠原病,感染症および救急の全ての分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表(2014年度実績 5演題)をしています.
指導責任者 福野 賢二 
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医7名,日本内科学会総合内科専門医5名,
日本消化器病学会消化器専門医3名,日本内分泌学会専門医2名,
日本糖尿病学会専門医2名,日本血液学会血液専門医1名,
日本救急医学会救急科専門医2名 ほか
外来・入院患者数 外来患者3,995名(1ヶ月平均) 入院患者298名(1ヶ月平均延数)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある13領域,70疾患群の症例を経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
日本内科学会認定制度関連病院,日本消化器病学会認定関連施設,日本糖尿病学会認定教育施設,日本消化器内視鏡学会認定指導施設,日本肝臓学会認定施設,日本血液学会認定研修施設,日本脳卒中学会認定研修教育病院,日本内科学会認定専門医研修施設,日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設

5.羽島市民病院

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です.
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,更衣室,仮眠室,シャワー室,当直室が整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績 医療安全2回,感染対策3回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2014年度実績2回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンス(2014年度実績12回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野のうち,血液を除く,総合内科,消化器,循環器,内分泌,代謝,腎臓,呼吸器,神経,アレルギー,膠原病,感染症および救急の分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表(2014年度実績 1演題)をしています.
指導責任者 酒井 勉 
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医9名,日本内科学会総合内科専門医4名,日本消化器病学会消化器専門医4名,日本循環器学会循環器専門医3名,日本内分泌学会専門医2名,日本糖尿病学会専門医2名,日本腎臓学会腎臓専門医1名,日本神経学会神経内科専門医1名,日本リウマチ学会リウマチ専門医1名,日本救急医学会救急科専門医4名 ほか
外来・入院患者数 外来患者5,894名(1ヶ月平均) 入院患者170名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群 研修手帳(疾患群項目表)にある7領域,25疾患群の症例を経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
日本内科学会教育関連病院,消化器病学会専門医研修施設,循環器病学会専門医研修施設 肝臓病学会認定施設,消化器内視鏡学会指導施設,内分泌代謝学会専門医研修施設,糖尿病学会教育施設,神経学会専門医準教育施設

6.下呂温泉病院

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,休憩室,更衣室,シャワー室が整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績 医療倫理1回,医療安全2回,感染対策1回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2014年度実績1回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野の総合内科,消化器,循環器,内分泌,代謝,腎臓,呼吸器,血液,神経,アレルギー,膠原病,感染症および救急の全ての分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会での学会発表はありません.(2014年度実績 0演題)
指導責任者 大平 敏樹
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医2名,日本内科学会総合内科専門医2名,日本循環器学会循環器専門医1名 ほか
外来・入院患者数 外来患者2,241名(1ヶ月平均) 入院患者89名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある13領域,70疾患群の症例を経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
日本内科学会認定教育関連病院,日本消化器病学会専門医制度認定施設,日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設

7.長良医療センター

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です.
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • ハラスメント委員会が整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,休憩室,更衣室,仮眠室,シャワー室が整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績 医療倫理1回,医療安全6回,感染対策2回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2014年度実績1回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンス(2014年度実績11回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野のうち,腎臓,血液を除く,総合内科,消化器,循環器,内分泌,代謝,呼吸器,神経,アレルギー,膠原病,感染症および救急の分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表(2014年度実績 1演題)をしています.
指導責任者 松野 祥彦 
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医5名,日本内科学会総合内科専門医,3名日本消化器病学会消化器専門医1名,日本循環器学会循環器専門医2名,日本呼吸器学会呼吸器専門医3名,日本感染症学会専門医1名 ほか
外来・入院患者数 外来患者323名(1ヶ月平均) 入院患者87名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群 研修手帳(疾患群項目表)にある3領域,22疾患群の症例を経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
日本呼吸器学会認定施設,日本呼吸器内視鏡学会認定施設,日本感染症学会認定研修施設,日本循環器学会認定循環器専門医研修施設 

8.中濃厚生病院

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です.
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • ハラスメント委員会が院外に整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,休憩室,更衣室,仮眠室,シャワー室,当直室が整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績 医療倫理1回,医療安全1回,感染対策1回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2014年度実績1回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンス(2014年度実績7回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野の総合内科,消化器,循環器,内分泌,代謝,腎臓,呼吸器,血液,神経,アレルギー,膠原病,感染症および救急の全ての分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表(2014年度実績 4演題)をしています.
指導責任者 香田 雅彦 
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医17名,日本内科学会総合内科専門医9名,日本消化器病学会消化器専門医6名,日本循環器学会循環器専門医5名,日本内分泌学会専門医1名,日本糖尿病学会専門医2名,日本呼吸器学会呼吸器専門医4名,日本血液学会血液専門医1名,日本神経学会神経内科専門医1名,日本肝臓病学会専門医3名,日本救急医学会救急科専門医2名 ほか
外来・入院患者数 外来患者937名(1ヶ月平均) 入院患者265名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある13領域,65疾患群の症例を経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
・日本内科学会認定医制度教育関連病院,日本消化器病学会認定施設,日本呼吸器学会認定施設,日本循環器学会認定循環器専門研修施設,日本血液学会認定血液研修施設,日本糖尿病学会認定教育施設,日本腎臓学会研修施設,日本透析医学会専門医制度認定施設,日本リウマチ学会教育施設,日本消化器内視鏡病学会指導施設,日本呼吸器内視鏡学会専門医認定施設,日本臨床腫瘍学会認定研修施設,日本がん治療認定医機構認定研修施設,日本超音波医学会専門医研修施設,日本救急医学会救急科専門医認定施設,日本感染症学会認定研修施設

9.河村病院

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です.
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • ハラスメント委員会が整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,休憩室,更衣室,仮眠室,シャワー室,当直室が整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績 医療倫理1回,医療安全3回,感染対策2回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2014年度実績11回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンス(2014年度実績2回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野の総合内科,消化器,循環器,内分泌,代謝,腎臓,呼吸器,血液,神経,アレルギー,膠原病,感染症および救急の全ての分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表(2014年度実績 2演題)をしています.
指導責任者 橋本 恭成
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医4名,日本内科学会総合内科専門医,2名,日本神経学会神経内科専門医3名 ほか
外来・入院患者数 外来患者185名(1ヶ月平均) 入院患者67名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある13領域,64疾患群の症例を経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
日本内科学会教育施設,日本神経学会教育施設,日本認知症学会専門医教育施設

10.美濃病院

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • ハラスメント委員会が整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,休憩室,更衣室,仮眠室,シャワー室,当直室が整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績 医療倫理2回,医療安全2回,感染対策2回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2014年度実績18回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンス(2014年度実績12回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野のうち,血液を除く,総合内科,消化器,循環器,内分泌,代謝,腎臓,呼吸器,神経,アレルギー,膠原病,感染症および救急の分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表(2014年度実績 2演題)をしています.
指導責任者 伊藤 勇 
指導医数
(常勤医)
日本内科学会総合内科専門医2名,日本消化器病学会消化器専門医2名,日本糖尿病学会専門医2名,日本老年医学会専門医1名, ほか
外来・入院患者数 外来患者153名(1ヶ月平均) 入院患者6,000名(1ヶ月平均延数)
経験できる疾患群 研修手帳(疾患群項目表)にある13領域,13疾患群の症例を経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
日本消化器病学会専門医制度関連施設,日本消化器内視鏡学会指導施設,日本老年医学会       認定施設日本糖尿病学会教育関連施設

11.愛知医科大学附属病院

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です.
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • ハラスメント委員会が整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,休憩室,更衣室,仮眠室,シャワー室,当直室が整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2014年度実績 医療倫理1回,医療安全2回,感染対策2回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2014年度実績3回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンス(2014年度実績30回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野のうち,総合内科を除く,消化器,循環器,内分泌,代謝,腎臓,呼吸器,血液,神経,アレルギー,膠原病,感染症および救急の分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表(2014年度実績 10演題)をしています.
指導責任者 勝野 敬之
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医68名,日本内科学会総合内科専門医29名,日本消化器病学会消化器専門医21名,日本循環器学会循環器専門医21名,日本内分泌学会専門医4名,日本糖尿病学会専門医6名,日本腎臓学会腎臓専門医13名,日本呼吸器学会呼吸器専門医7名,日本血液学会血液専門医14名,日本神経学会神経内科専門医9名,日本アレルギー学会専門医(内科)8名,日本リウマチ学会リウマチ専門医7名,日本感染症学会専門医4名,日本肝臓病学会専門医10名,日本救急医学会救急科専門医8名 ほか
外来・入院患者数 外来患者1,257名(1ヶ月平均) 入院患者716名(1ヶ月平均延数)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある13領域,70疾患群の症例を経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
日本内科学会認定医制度教育病院,日本消化器病学会認定施設,日本呼吸器学会認定施設,日本糖尿病学会認定教育施設,日本腎臓学会研修施設,日本アレルギー学会認定教育施設,日本消化器内視鏡学会認定指導施設,日本循環器学会認定循環器専門医研修施設,日本老年医学会認定施設,日本肝臓学会認定施設,日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設,日本透析医学会認定医制度認定施設,日本血液学会認定研修施設,日本大腸肛門病学会専門医修練施設,日本内分泌甲状腺外科学会認定医専門医施設,日本神経学会専門医制度認定教育施設,日本脳卒中学会認定研修教育病院,日本呼吸器内視鏡学会認定施設,日本神経学会専門医研修施設,日本内科学会認定専門医研修施設,日本老年医学会教育研修施設,日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設,日本東洋医学会研修施設,ICD/両室ペーシング植え込み認定施設,日本臨床腫瘍学会認定研修施設,日本感染症学会認定研修施設,日本がん治療認定医機構認定研修施設,日本高血圧学会高血圧専門医認定施設,ステントグラフト実施施設,日本緩和医療学会専門医認定制度認定研修施設,日本認知症学会教育施設,日本心血管インターベンション治療学会研修施設

12.国立研究開発法人 NCGM病院(国立国際医療研究センター病院)

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です.
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • 国立研究開発法人非常勤医師として労務環境が保障されています.
  • メンタルストレスに適切に対処する部署(人事部労務管理室長担当)があります.
  • 「セクシュアル・ハラスメントの防止等に関する規程」が定められており,ハラスメント防止対策委員会も院内に整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように′休憩室′更衣室′仮眠室′当直室などが整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり,利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科学会指導医は58名在籍しています(下記).
  • 内科専門研修プログラム管理委員会(統括責任者(診療科長) ,プログラム管理者(診療医長) (ともに総合内科専門医かつ指導医);専門医研修プログラム・ワ-キンググループから2017年度中に移行予定)にて,基幹施設,連携施設に設置されている研修委員会との連携を図ります.
  • 基幹施設内において研修する専攻医の研修を管理する内科専門研修委員会(2017年度中に設置予定)と医療教育部(2016年度現在設置済)を設置します.
  • 医療倫理・医療安・感染対策講習会を定期的に開催(2015年度実績6回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンス(内科・総合診療科・救急)を定期的に主催(2018年度予定)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPCを定期的に開催(2015年度実績8回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンス(糖尿病週間・世界糖尿病デ-市民公開講座,新宿区練馬区合同消化器カンファレンス,城西循環器研究会,若松河田呼吸器研究会,吸入指導勉強会など;2015年度実績21回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • プログラムに所属する全専攻医にJMECC受講(2015年度・2016年度ともに開催実績1回ずつ;受講者6名ずつ)を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 日本専門医機構による施設実地調査に臨床研修センター(予定)が対応します.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
  • カリキュラムに示す内科領域13分野のうち全分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています(上記).
  • 70疾患群のうちほぼ全疾患群(少なくても35以上の疾患群)について研修できます(上記).
  • 専門研修に必要な剖検( 2015年40体,2014年実績40体)を行っています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
  • 臨床研究に必要な図書室,写真室などを整備しています.
  • 倫理委員会を設置し,定期的に開催(2015年度実績16回)しています.
  • 治験管理室を設置し,定期的に受託研究審査会を開催(2015年度実績12回)しています.
  • 日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計3演題以上の学会発表(2015年度実績5演題)をしています.
指導責任者 放生 雅章
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指遵医58名,日本内科学会総合内科専門医23名,日本消化器病学会専門医16名,日本肝臓学会専門医5名,日本循環器学会専門医6名,日本内分泌学会専門医7名,日本糖尿病学会専門医6名,日本腎臓学会専門2名,日本呼吸器学会専門医9名,日本血液学会専門医6名,日本神経学会専門医4名,日本アレルギー学会専門医3名,日本リウマチ学会専門医5名,日本感染症学会専門医10名,日本老年医学会専門医0名,日本救急医学会専門医6名
外来・入院患者数 内科外来患者19,152名( 1ヶ月平均) 内科入院患者783名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある13分野,70疾患群の症例を幅広く経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
日本内科学会認定医制度教育病院、日本消化器病学会認定施設、日本肝臓学会認定施設,日本循環器学会認定循環器専門医研修施設,日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設,日本糖尿病学会認定教育施設,日本腎臓学会認定研修施設,日本呼吸器学会認定施設,日本血液学会認定研修施設,日本神経学会教育認定施設,日本アレルギー学会認定教育施設,日本リウマチ学会教育施設,日本感染症学会認定研修施設,日本救急医学会救急科専門医指定施設(日本内科学会が定める13領域のうち、日本老年医学会を除く12学会の教育施設認定を受けています),日本輸血学会認定医制度指定施設,日本透析医学会専門医制度認定施設,骨髄移植推進財団非血縁者間骨髄採取・移植認定施設,日本静脈経腸栄養学会実地修練認定教育施設,日本消化器内視鏡学会認定専門医制度認定指導施設,日本超音波医学会認定超音波専門医研修指定施設,日本プライマリ・ケア学会認定医研修施設,日本リ八ピリテーション医学会認定研修施設,日本集中治療医学会認定専門医研修施設,日本ぺインクリニック学会認定医資格指定研修施設,日本輸血細胞治療学会認定医制度指定施設,日本栄養療法推進協議会N S T稼働認定施設,日本静脈経腸栄養学会N S T稼働施設認定,日本がん治療認定医機構認定研修施設,日本臨床腫瘍学会認定研修施設,日本輸血細胞治療学会認定医制度指定施設認定,日本呼吸器内視鏡学会専門医認定施設,日本高血圧学会専門医認定施設 など

13.木沢記念病院

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 初期臨床研修制度基幹型研修指定病院です。
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります。
  • 社会医療法人厚生会 後期研修医として労務環境が保障されています。
  • メンタルストレスに適切に対処する部署(健康管理センター)があります。
  • ハラスメント委員会が整備されています。
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように、休憩室、更衣室、仮眠室、シャワー、当直室が整備されています。
  • 院内保育所があり、利用可能です。
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 指導医は13名在籍しています(下記参照)。
  • 内科専門研修プログラム管理委員会にて、基幹施設、連携施設に設置されている研修委員会との連携を図ります。内科専門研修プログラム管理委員会は、プログラム統括責任者(糖尿病センター長・内科部長、総合内科専門医かつ指導医)、内科Subspecialty分野の研修指導責任者(診療科代表)、連携施設担当委員、及び事務局代表者で構成されます。
  • 基幹施設内において研修する専攻医の研修を管理する内科専門研修委員会と臨床研修センターを設置しています。
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2019年実績24回)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に主催し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
  • CPC を定期的に開催(2019年実績7回)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
  • 地域参加型の研修会・カンファレンス(基幹施設:がん診療研修会、地域医療従事者研修会、中濃医学セミナー、地域連携パス研修会、可茂循環器セミナー、糖尿病オープン教室、中濃地区消化器カンファランス:2018年実績40回)を定期的に開催し、専攻医に受講を推奨し、そのための時間的余裕を与えます。
  • プログラムに所属する全専攻医にJMECC受講(2019年開催1回)を義務付け、そのための時間的余裕を与えます。
  • 日本専門医機構による施設実地調査の際には、臨床研修センターが対応します。
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
  • カリキュラムに示す内科領域13分野のうち、消化器内科、循環器内科、内分泌代謝内科、腎臓内科で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています。
  • 70疾患群のうちほぼ全疾患群について研修できます。
  • 専門研修に必要な剖検(2019年8体、2018年7体、2017年7体)を行っています。
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
  • 臨床研究に必要な図書室などを整備しています。
  • 倫理委員会を設置し、不定期に開催(2019年実績16回)しています。
  • 治験管理室を設置し、不定期に受託研究審査会を開催(2019年実績16回)しています。
  • 日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計3演題以上の学会発表(2017年実績7演題)をしています。
指導責任者 髙見和久
【内科専攻医へのメッセージ】
木沢記念病院は、岐阜県中濃医療圏の中心的な急性期病院であり、中濃医療圏・近隣医療圏にある連携施設とで内科専門研修を行い、必要に応じた可塑性のある、地域医療にも貢献できる内科専門医を目指します。極ありふれたCommon disease から学会報告しうる稀で貴重な症例にいたるまで幅広く経験でき、無理なく専攻医として必修とされる症例を主担当医として受け持つことができます。
また多職種のスタッフが一丸となって専攻医のために研修をサポートする体制が備わっており、夢中で過ごした初期研修のあと、じっくりと内科学の研鑽、習熟するに最適な環境のもと内科専門医を目指して下さい。
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医13名、日本内科学会総合内科専門医9名
日本消化器病学会消化器専門医6名、日本循環器学会循環器専門医6名、
日本糖尿病学会糖尿病専門医2名、日本腎臓学会腎臓専門医3名
日本救急医学会救急科専門医4名 他
外来・入院患者数 外来患者:23,840名(1ヶ月平均) 入院患者13,708名(1ヶ月平均)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて、研修手帳(疾患群項目表)にある13領域の内、概ね60疾患群の症例を幅広く経験することができます。
経験できる技術・技能・地域医療・診療連携 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を、実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます。急性期医療だけでなく、超高齢社会に対応した地域に根ざした医療、病診・病病連携、福祉連携なども経験できます。
学会認定施設
(内科系)
日本内科学会 認定医教育関連施設
日本循環器科学会 循環器専門医研修施設
日本心血管インターベンション治療学会研修施設
日本糖尿病学会 認定教育施設
日本消化器病学会 専門医制度認定施設
日本腎臓学会 研修施設
日本透析医学会 専門医制度認定施設
日本消化器内視鏡学会 指定施設
日本がん治療認定医機構 認定研修施設
日本臨床細胞学会 施設認定
日本肝臓学会 認定施設
日本プライマリ・ケア連合学会 認定新家庭医療後期研修プログラム
日本病理学会 研修登録施設
日本救急医学会 救急専門医指定施設  など

14.多治見市民病院


認定基準
【整備基準 23】
1)専攻医の環境
  • 研修に必要なインターネットの環境が整備されています。
  • 適切な労務環境が保障されています。
  • メンタルストレスに対処する部署(総務課)があります。
  • ハラスメントに対しても適切に対処します。(総務課)
  • 女性専攻医が安心して勤務できる休憩室や更衣室、男女別のシャワー室等が完備されています。
  • 敷地内に保育所があり利用可能となっています。
認定基準
【整備基準 23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 総合内科専門医が 6 名在籍しています。
  • 内科指導医が 9 名在籍しています。
  • 内科専門研修プログラム管理部会にて,基幹施設,連携施設に設置されている研修委員会(部会)との連携を図ります。
  • 基幹施設内において研修する専攻医の研修を管理する内科専門研修部会と内科専門研修プログラム管理委員会を設置します。
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2019年度実績 3 回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます。
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に主催(2018 年度予定)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます。
  • CPC を定期的に開催(2019年度実績 3 回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます。
  • 地域参加型のカンファレンス(市民公開講座;2019年度実績 10 回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます。
  • プログラムに所属する全専攻医に JMECC 受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 日本専門医機構による施設実地調査に内科専門研修プログラム管理委員会が対応します.
  • 毎週水曜日 内科総合カンファレンス実施します。
認定基準
【整備基準 23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13分野のうち消化器分野、循環器分野、腎臓分野、リウマチ膠原病分野、呼吸器・アレルギー分野、内分泌・糖尿病分野では専門研修が可能な症例数を診療しています。
認定基準    【整備基準 23】
4)学術活動の環境
  • 日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計 3 演題以上の学会 発表(2019年度実績 初期研修医優秀賞受賞)をします。
  • 2019年度実績 初期研修医優秀賞受賞しています。
    日本内科学会認定 JMECC インストラクターコース
指導責任者 氏名:今井裕一
【専攻医へのメッセージ】
当院の特徴は、週1回内科医師、救急総合診療部、看護師・薬剤師・検査技師を含めた内科総合カンファランスを行なっていることです。肺炎・尿路感染症・敗血症から各診療科の稀な疾患まで幅広く症例呈示があり、意見交換しています。胸部・腹部CTの読み方、心電図・心カテの所見の見方、消化管内視鏡治療の最前線まで学修できます。さらに電解質異常や内分泌疾患の発見のこつなども教わります。common diseaseの治療の総合内科医としてどの分野の医師であっても行なうことができるようなシステムにしています。将来どのようなサブスペシャリティーを専攻しても、内科医としての基本を充分修得できるシステムです。1年6か月で日本内科学会の提示する基準を達成できるようにします。さらに、主担当医として診療にあたり、医学的面だけではなく、社会的背景・療養環境調整をも包括する全人的医療を実践できる内科専門医に成長します。
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医 9名
日本内科学会認定内科医 10名
日本内科学会総合内科専門医 6名
日本消化器病学会消化器専門医 2名
日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医 2名
日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医 1名
日本循環器学会循環器指導医 1名
日本循環器学会循環器専門医 3名
日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)認定医 2名
日本腎臓学会指導医 2名
日本腎臓学会専門医 3名
日本リウマチ学会指導医 2名
日本リウマチ学会専門医 3名
日本糖尿病学会糖尿病専門医 1名
日本糖尿病協会療養指導医 1名
日本甲状腺学会甲状腺専門医 1名
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医 1名
日本内分泌学会内分泌代謝科指導医 1名
日本呼吸器学会呼吸器指導医 1名
日本呼吸器学会呼吸器専門医 1名
日本呼吸器学会内視鏡気管支鏡指導医 1名
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医 1名
日本アレルギー学会アレルギー専門医 1名
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医 1名
日本骨粗鬆症学会認定医 1名
外来・入院患者数 外来患者数(1 ヶ月平均):12,408名
入院患者数(1 ヶ月平均):6,014名
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて,研修手帳(疾患群項目表)にある 13 領域,70 疾患群の症例を幅広く経験することができます.
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます。
経験できる地域医
療・診療連携
地域における2 次救急医療を経験できます。
学会認定施設
(内科系)
日本内科学会認定医教育関連施設 
日本消化器内視鏡学会指導連携施設
日本循環器科学会循環器専門医研修関連施設
日本腎臓学会研修施設
日本リウマチ学会 教育施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設など

15.岐阜・西濃医療センター 西美濃厚生病院

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • ハラスメント委員会が整備されています.
  • 女性専攻医が安心して勤務できるように,休憩室,更衣室,仮眠室,シャワー室,当直室が整備されています.
  • 敷地内に院内保育所があり利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 内科専攻医研修委員会を設置して,施設内で研修する専攻医の研修を管理し,基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2018年度実績 医療倫理1回,医療安全12回,感染対策12回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンスを定期的に参画し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • CPC を定期的に開催(2018年度実績12回)し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
  • 地域参加型のカンファレンス(2018年度実績2回)を定期的に開催し,専攻医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13 分野のうち,総合内科を除く、消化器、循環器、内分泌、代謝、腎臓、呼吸器、血液、神経、アレルギー、膠原病、感染症および救急の分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表(2018年度実績 なし)をしています.
指導責任者 前田 晃男 
指導医数
(常勤医)
日本内科学会指導医 1名、日本内科学会総合内科専門医 3名、日本消化器病学会消化器専門医 2名、日本呼吸器学会呼吸器専門医 1名、日本アレルギー学会専門医(内科) 1名 ほか
外来・入院患者数 外来患者8,591名(1ヶ月平均) 入院患者5,601名(1ヶ月平均延数)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて、研修手帳(疾患群項目表)にある13領域、70疾患群の症例を経験することができます。
経験できる技術・技能 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を,実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.
学会認定施設
(内科系)
日本消化器病学会認定施設、日本呼吸器学会認定施設、日本アレルギー学会認定教育施設、日本消化器内視鏡学会認定指導施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設

16.郡上市民病院

認定基準
【整備基準23】
1)専攻医の環境
  • 研修に必要な図書室とインターネット環境があります.
  • メンタルストレスに適切に対処する部署があります.
  • 敷地内に院内保育所があり、利用可能です.
認定基準
【整備基準23】
2)専門研修プログラムの環境
  • 指導医は2名在籍しています.
  • 内科専攻医研修委員会を設置して、施設内で研修する専攻医の研修を管理し、基幹施設に設置されるプログラム管理委員会と連携を図ります.
  • 医療倫理・医療安全・感染対策講習会を定期的に開催(2015年度実績医
  • 療倫理 1回,医療安全 2回,感染対策 2回)し、専攻医に受講を義務付け、そのための時間的余裕を与えます.
  • 研修施設群合同カンファレンス(2017年度予定)を定期的に参画し,専攻
  • 医に受講を義務付け,そのための時間的余裕を与えます.
認定基準
【整備基準23/31】
3)診療経験の環境
カリキュラムに示す内科領域13分野のうち、総合内科、消化器、循環器、内分泌、代謝、腎臓、呼吸器、血液、神経、アレルギー、膠原病、感染症および救急のほぼ全ての分野で定常的に専門研修が可能な症例数を診療しています.
認定基準
【整備基準23】
4)学術活動の環境
日本内科学会講演会あるいは同地方会に年間で計1演題以上の学会発表
(2015年度実績 0演題)をしています.
指導責任者 松野康成
【内科専攻医へのメッセージ】
郡上市民病院は、山紫水明の町である郡上市八幡町内に位置し、東海北陸自動車道郡上八幡インターから車で約1分の所にあります.郡上市は、高山市に次いで広大な面積を有し、当院はその中核病院としての役割を担い、プライマリ・ケアを含めて多種の疾患の患者様を診させていただいています.自然あふれる環境の中での研修を体験してみませんか.
指導医数
(常勤医)
日本内科学会総合内科専門医 2名,日本循環器学会循環器専門医 1名,日本腎臓病学会専門医5名,ほか
外来・入院患者数 外来患者 2,258名(1ヶ月平均) 入院患者 977名(1ヶ月平均延数)
経験できる疾患群 きわめて稀な疾患を除いて、研修手帳(疾患群項目表)にある13領域、70疾患群の症例を経験することができます.
経験できる技術・技能・地域医療・診療連携 技術・技能評価手帳にある内科専門医に必要な技術・技能を、実際の症例に基づきながら幅広く経験することができます.急性期医療だけでなく、超高齢社会に対応した地域に根ざした医療、病診・病病連携なども経験できます.
学会認定施設
(内科系)
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設など

PAGETOP