後期臨床研修室

専門研修のご案内

概要

プログラム詳細

内科標準タイプ及びサブスペシャリティ重点研修(1年型、2年型)を選択できます。

基幹施設である岐阜市民病院内科で、専門研修(専攻医)1 年目と、2年目あるいは3年目の1年間、計2年間の専門研修を行います。 そして2年目あるいは3年目の1年間連携施設での研修を行います。
連携施設の研修先、時期、期間などは専攻医の希望を優先し、内科専門研修プログラム管理部会にて決定します。

各診療科のご紹介

連携施設一覧と概要

専門研修連携施設
  病院 病床
内科系
病床数
内科系
診療科数
内科
指導医数
総合内科
専門医数
内科
剖検数
基幹施設 岐阜市民病院 609 255 8 32 16 10
連携施設 岐阜大学医学部附属病院 606 165 5 39 34 24
連携施設 岐阜県総合医療センター 590 209 10 26 15 10
連携施設 岐阜赤十字病院 311 120 10 8 5 1
連携施設 岐阜赤十字病院 476 171 4 7 5 10
連携施設 羽島市民病院 281 129 7 9 4 2
連携施設 下呂温泉病院 206 206 6 2 2 1
連携施設 大垣徳洲会病院 283 50 5 0 0 0
連携施設 長良医療センター 486 120 4 5 3 0
連携施設 中濃厚生病院 495 189 11 17 9 1
連携施設 河村病院 315 230 8 4 4 11
連携施設 美濃病院 122 122 1 3 2 0
連携施設 愛知医科大学附属病院 893 276 10 68 29 14

特別連携施設一覧

当院の内科系診療科別診療実績

2014年 実績
入院患者実数
(人/年)
外来延患者数
(延人数/年)
消化器内科 1,839 49,334
循環器内科 1,334 24,264
糖尿病・内分泌内科 146 8,224
腎臓内科 204 7,492
呼吸器内科 1,172 21,071
脳神経内科 158 6,617
血液内科 679 6,733
総合診療・リウマチ膠原病センター 199 11,098
救急部門 88 4,246

内科剖検検体数

2015 14
2014 10
2013 12

基幹病院での研修の目安

主たる病態を示す入院患者の主担当医として退院するまで受け持ちます。専攻医1人あたりの受持ち患者数は、受持ち患者の重症度などを加味して、担当指導医、Subspecialty上級医の判断で 5〜10名程度を受持ちます。

専攻医 1年目 専攻医 2年目あるいは3年目
4月 消化器 循環器
5月 消化器/糖尿病・内分泌・リウマチ膠原病 循環器/呼吸器
6月 糖尿病・内分泌・リウマチ膠原病 呼吸器
7月 循環器 消化器
8月 循環器/呼吸器 消化器/糖尿病・内分泌・リウマチ膠原病
9月 呼吸器 糖尿病・内分泌・リウマチ膠原病
10月 血液 補充または選択
11月 血液/腎臓 補充または選択
12月 腎臓 補充または選択
1月 神経 補充または選択
2月 神経/救急 補充または選択
3月 救急(選択) 補充または選択

PAGETOP