院内がん登録室

がん登録は、がん登録等の推進に関する法律(平成28年1月1日施行)およびがん登録の実施に係る指針(厚生労働省告示第470号)に基づいて、当院で初めてがんと診断された全患者さんのがん情報(診断・治療・予後情報)を登録することにより、がん診療の実態把握、がん診療の質の向上、がん患者さんの支援等に役立っています。

平成28年からは、「全国がん登録」が始まりました。これは、日本でがんと診断された全ての患者さんの情報を国が1つにまとめて集計・分析・管理をする仕組みです。
全ての病院と一部の診療所ががん情報を岐阜県に提供することが義務化されました。

当院では平成19年1月から、がん診療連携拠点病院として「院内がん登録」のデータを国立がん研究センターの全国集計に提出しています。院内がん登録は、全国集計に提出したデータを分析して、施設間の比較をすることで医療対策に役立てるものです。

院内がん登録室では、国立がん研究センターの『がん診療連携拠点病院等 院内がん登録標準登録様式 2016年版』に沿って、院内がん登録実務者認定試験に合格した中級認定者2名、初級認定者1名で、医師の協力のもとがん登録を行っています。

独立行政法人国立がん研究センター がん情報サービス「がん登録・統計」はこちら

▲ページの先頭へ

個人情報保護について

院内がん登録により得た情報は、岐阜市個人情報保護条例および当院の個人情報保護方針に従い、個人情報に十分配慮しつつ、がん医療の向上に寄与する目的で利用しています。

▲ページの先頭へ

院内がん登録統計

二次医療圏について

厚生労働省が、医療法に基づいて県民が等しく医療サービスを受けることができる医療提供体制を確立するために定められた区域で、岐阜県は岐阜医療圏・西濃医療圏・中濃医療圏・東濃医療圏・飛騨医療圏の5区域に定められています。
岐阜医療圏は、岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡(岐南町・笠松町)・北方町です。

院内がん登録統計(2019年症例)


ページの先頭へ