令和4年度 第2回 岐阜市民病院公開講座の様子

第2回岐阜市民病院公開講座が、YouTube岐阜市公式チャンネルへアップロードされました。

ZoomによるオンラインWeb講座として配信された講演動画です。ライブ配信でご覧いただけなかった方も、ご視聴いただける機会となっております。アップロード期間中にぜひご視聴ください。

第2回公開講座のYouTube岐阜市公式チャンネルへのアップロードは、令和4年8月3日(水)~令和4年11月4日(金)の限定公開です。

令和4年度 第2回 岐阜市民病院公開講座の様子

令和4年度 第2回(通算118回)岐阜市民病院公開講座を開催いたしました

日時
令和4年5月21日(土)
午後2時30分~午後3時30分
講演内容
「血液のがん・急性白血病」~トータルセラピーをめざす~
岐阜市民病院 副院長 血液内科部長 笠原 千嗣

令和4年度第2回は「血液のがん・急性白血病」 ~トータルセラピーをめざす~という演題で、岐阜市民病院 副院長 血液内科部長 笠原 千嗣 が講演を行いました。

今回で通算第118回をかぞえる公開講座は、この度の新型コロナウイルス感染症オミクロン株の感染拡大を受け、感染対策の観点から、西診療棟4階サルビアホールでは無観客とし、ZoomによるオンラインWeb形式のみで開催することといたしました。

新たに取り組んでまいりましたオンラインWeb講座ですが、たくさんの視聴者の方よりご好評いただいております。第2回岐阜市民病院公開講座は、合計127名にZoomにてご視聴いただきました。

当院 副院長 血液内科部長 笠原 千嗣が、「血液のがん・急性白血病」について、1血液がんと免疫力、2白血病と染色体・遺伝子異常、3急性白血病に対する新たな「化学療法・免疫細胞療法」、4急性白血病に対する新たな「移植」~チーム医療を基盤とした集中的治療~という4つのテーマに分けて講演いたしました。
急性白血病に至る主な原因やメカニズムを説明し、次に、その治療方法については化学療法・免疫細胞療法や骨髄移植について、具体的に表やグラフを用い説明した。最後に、患者さんを救うには、病院・検査・看護・薬剤部やその他のケアチーム、院外の支援や血液・移植チームや研究グループ、骨髄献血関連ボランティア等、様々な機関や関係者と連携していくことが重要とまとめました。『今後はさらに個別治療が進歩していき、急性白血病に対するトータルセラピーは道半ばであり果てしなく続いていく』とこれからの意欲を示し、講演を終了しました。

koukaikouzar04-2-1.jpg koukaikouzar04-2-2.jpg
パソコンの前でZoomを用いたオンライン配信で講演をする、副院長 血液内科部長 笠原千嗣と、白血病のメカニズム・抗がん剤についての講演動画の一部
koukaikouzar04-2-3.jpg koukaikouzar04-2-4.jpg
koukaikouzar04-2-5.jpg

終了後のWEBアンケートでは、「難しい内容もありましたが、新しい治療法など知らなかったことがあり、大変勉強になりました」「病院内だけでなく社会で、チームで、病気に向かってくださっている方々に感謝申し上げます」「急性白血病について改めて知識を整理することができました」「自分が歩んできた闘病生活と重ね合わせて、涙ながら視聴させていただきました」のようなコメントを多数いただきました。

YouTube岐阜市公式チャンネルへのアップロードのお知らせ

Zoom によるオンラインWeb講座として配信された過去の講演動画を、Youtube岐阜市公式チャンネルにて、期間限定で公開することといたいました。ライブ配信でご覧いただけなかった方も、ご視聴いただける機会となっております。アップロード期間中にぜひご視聴ください。

公開中の動画はこちら
「市民公開講座の動画」


ページの先頭へ