令和4年度 第8回 岐阜市民病院公開講座の様子

令和4年度 第8回 岐阜市民病院公開講座の様子

令和4年度 第8回(通算124回)岐阜市民病院公開講座を開催いたしました

日時
令和4年11月19日(土)
午後2時30分~午後3時30分
講演内容

「意外と身近な糖尿病」
岐阜市民病院 看護部 糖尿病看護認定看護師 安田 幸司

令和4年度第8回は「意外と身近な糖尿病」という演題で、岐阜市民病院 看護部 安田幸司 糖尿病看護認定看護師が講演を行いました。

今回で通算第124回をかぞえる公開講座は、西診療棟4階サルビアホールで参加申し込みをされた市民の方々にご参加いただき、またZoomによるオンラインWEB配信を同時開催いたしました。

会場へは23名の一般市民の方々にご参加いただき、オンラインWEB配信では、17名にご視聴いただきました。

毎年11月14日が『世界糖尿病デー』ということもあり、岐阜市でも岐阜城や岐阜市役所庁舎、JR岐阜駅前をはじめ、岐阜県内の名所や庁舎などがブルーにライトアップされました。その他、記念事業として、糖尿病への誤解をなくし正しい理解を広める目的でセミナーやイベントが岐阜県の各地で行われました。
2022年11月13日(日)~11月19日(日)は、第58回全国糖尿病週間ということもあり、最終日となる講演当日は、安田看護師が糖尿病への正しい理解のために、症状や自己管理の方法などを岐阜市民病院公開講座で詳しく説明いたしました。
1.「糖尿病はどのような病気であるか」、2.「糖尿病が進行するとどうなるか」、3.「糖尿病にならない、糖尿病が進行しないためにどうしたらいいのか」というテーマに分けて講演いたしました。
まず、糖尿病の症状やその仕組み、またその合併症について、クイズを交えて丁寧に説明しました。
また、糖尿病にならないように、症状が進行しないようにする対策の例や、気を付けるべきことを具体的な例を挙げながら、市民の方々へ説明いたしました。
「『食生活に気を付け、1口30回かみましょう』『からだを動かしましょう』『肥満防止』『十分な睡眠』『ストレス解消』を心がけ、予防しましょう。糖尿病は適切に自己管理すれば健康な状態で長生きができるような病気ですので健康寿命をのばしましょう」とまとめました。

koukaikouzar04-8-01.jpg koukaikouzar04-8-02.jpg
サルビアホールで講演をする、岐阜市民病院 看護部 安田 幸司 糖尿病看護認定看護師
koukaikouzar04-8-03.jpg
サルビアホールで講演を聞く一般市民の皆様。たくさんの方々にご参加いただきました。

終了後のアンケートでは、「コロナでなかなか出かけられないので、Zoomでこのように視聴させていただけて感謝申し上げます。」「今後も充実した講座の継続を期待します。」のようなコメントをいただきました。

YouTube岐阜市公式チャンネルへのアップロードのお知らせ

Zoom によるオンラインWeb講座として配信された過去の講演動画を、Youtube岐阜市公式チャンネルにて、期間限定で公開することといたいました。ライブ配信でご覧いただけなかった方も、ご視聴いただける機会となっております。アップロード期間中にぜひご視聴ください。

公開中の動画はこちら
「市民公開講座の動画」


ページの先頭へ