当院からのお知らせ

がん治療と就労の両立に関するテレビ放送のお知らせ

がん治療の進歩はめざましく、がんは治る病気・長く付き合っていく病気といえる時代になってきました。
また、定年の延長や再雇用の義務づけの流れもあり、働きながらがんの治療を続ける「がん治療と就労の両立」は社会的にも重要な課題となっています。
このたび、実際にがんの治療と就労の両立に取り組まれている患者さんを紹介する番組が放送されることとなりました。

放送局
ぎふチャン(岐阜放送)
放送日
9月11日(月)午後6時15分から
番 組
「Station!」内の5分程度

岐阜市民病院ではがん治療と就労の両立を支援するため、専門家による相談会を開催しております。
相談をご希望の方は、「がん相談支援センター」(電話:058-251-1101内線2236)までお気軽にお尋ねください。

▲ページの先頭へ

【重要】電気設備保守点検の実施について

下記の日時に電気設備保守点検を行います。そのため、診療業務や医事会計業務において、ご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

日時
平成29年9月2日(土)終日
平成29年9
9(土)終日

touin.oshi.h270823.png

  • 様々な検査やレントゲン、CT等の放射線機器、その他電源の使用に制限をかけております。これにより、診療行為に通常よりも時間がかかることがございます。
  • 入院が必要な患者さんにつきましては、治療に制限がございますので、他院へ転院を必要とする場合がございます。ご承知おきください。

▲ページの先頭へ

分べん料について

平成29年4月1日から

平日の8時から18時までの出産

140,000円
多胎の場合は1児につき 80,000円加算

平日の6時から8時まで及び
         18時から22時までの出産

土曜日の6時から22時までの出産

150,000円
多胎の場合は1児につき 90,000円加算

平日及び土曜日の上記以外の時間帯での出産

休日の出産

160,000円
多胎の場合は1児につき100,000円加算

※休日とは、日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日、1月2日、同月3日及び12月29日から同月31日までの日。

(岐阜市民病院使用料及び手数料徴収条例施行規則)

※上記金額とは別に、出産に関する入院費等が発生します。

平成29年4月1日改定

岐阜市民病院長

touin.oshirase.h280331.png



冨田病院長が、「救急功労者表彰(総務大臣表彰)」及び「救急医療功労者厚生労働大臣表彰」を受賞しました(平成28年9月9日)

平成28年9月9日(救急の日)に、冨田栄一病院長が、平成28年度「救急功労者表彰(総務大臣表彰)」及び「救急医療功労者厚生労働大臣表彰」を受賞しました。
総務大臣表彰では救急業務への貢献に対し、また、厚生労働大臣表彰では地域の救急医療の確保及び救急医療対策の推進への貢献に対し、今回の受賞となりました。
touin-osirase-h280909.jpg

初診時・再診時の選定療養費のお知らせ

内容料金
初診時選定療養費

紹介状を持たずに当院を初診で受診される場合に、通常の診療費の他に別途ご負担いただく費用

5,400円(税込)

再診時選定療養費
当院が他の医療機関に対して文書により紹介を行ったにもかかわらず、引き続き当院を受診される場合に、通常の診療費の他に別途ご負担いただく費用

2,700円(税込)

平成28年4月の健康保険法の改正により、「医療機関の機能分化」の推進を図るため、他の保険医療機関等からの紹介状を持たず、一般病床500床以上の地域医療支援病院を受診する患者さんには、原則として、初診時又は再診時に定額をご負担いただきます。
これにより、当院では初診時・再診時の選定療養費を上記料金のとおり、別途徴収させていただきますので、ご理解ご協力をお願いいたします。
当院を受診される際には、かかりつけ医からの紹介状をお持ちください。

岐阜市民病院長
touin.oshirase.h280331.png



岐阜市民病院の医業未収金回収業務を弁護士法人に委託します(平成28年度)

岐阜市民病院では、公平性を確保することを目的に、診療を受けられた際に頂戴しております診療費等の料金のうち、お支払いをされていない一部の未収金の管理回収事務を、弁護士法人一番町綜合法律事務所に委託します。

そのため、お支払いをされていなくて当院が回収を委託した未収金については、「弁護士法人一番町綜合法律事務所」から、お支払いについてご案内をいたします
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

岐阜市告示第1号

岐阜市民病院医業未収金回収業務の委託について

地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第33条の2の規定により、岐阜市民病院使用料及び手数料徴収条例(昭和16年岐阜市条例第4号)第1条に規定する料金の未収金の一部についての回収業務を平成29年4月1日から平成30年3月31日までの間、次の者に委託したため、地方公営企業法施行令(昭和27年政令第403号)第26条の4第1項の規定により告示します。

平成29年4月1日

                                岐阜市長 細江茂光    

住所氏名
東京都千代田区紀尾井町3番12号
紀尾井町ビル
弁護士法人 一番町綜合法律事務所
代表社員弁護士 神﨑 浩昭

▲ページの先頭へ

患者体験調査ご協力のお願い

~ 当院は患者さんの診療体験向上のための全国調査に参加しています ~

平成26年12月26日 岐阜市民病院 病院長 冨田 栄一

PDF版はこちら

当院は、厚生労働省から、地域でのがん医療の中心的役割を担う施設として「地域がん診療連携拠点病院」に指定されており、これまでその役割を果たすべく全力で取り組んで参りました。

こ のたび当院は、がん対策推進基本計画の一環として国のがん対策の効果や進捗を知るために、当院を受診された皆様にアンケート調査を行うよう、厚生労働省の 指定する国立がん研究センター研究班から依頼されました。当院は、がん診療連携拠点病院として、この調査に協力しております。

つきましては、平成24年1年間に当院を受診された患者さんの中から100名程度を選び、研究班よりアンケート調査票を郵送させていただきました。
この調査は、がん患者さんの体験が主たる調査内容ですが、比較のため他の疾患で受診の方へも調査票をお送りしております。
アンケートの回答は自由かつ無記名です。回答しないことで不利益が生じることは一切ありません。また、プライバシー保護のため患者の皆さまに送付する際の封筒には病院名は記載しておりません
国のがん対策をより向上させていくためには、患者さんの体験を直接おうかがいするのはとても重要ですので、調査へのご協力をお願い致します。

また、調査の結果は、国立がん研究センターから当院に対しても伝えられる予定であり、当院の結果を全国と比較検討し、この調査の結果をこれからの診療向上に役立てる所存です。是非率直なご意見をお願いいたします。
お手数をおかけして大変恐縮ですが、ご協力をお願い申し上げます。

調査に関するお問い合わせ窓口

厚生労働省研究班 「患者体験調査」 事務局(国立がん研究センター内)
〒104-0045 東京都中央区築地5−1−1  TEL: 03-3542-2511 (内線 2032)

厚生労働科学研究費補助金がん政策研究事業
「がん対策における進捗管理指標の策定と計測システムの確立に関する研究」
(代表者:独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター長 若尾文彦)

▲ページの先頭へ

新しいC型肝炎治療薬について

平 成 26年9月より飲み薬のみのC型肝炎治療薬(ダクラタスビル及びアスナプレビル併用療法)が保険診療開始となりました。当院では、使用法、治療効果、副作 用、ならびに助成制度について、対象患者さんに対し説明会を3回開催いたしましたので、使用した資料を掲載いたします。なお、助成制度については岐阜県のHPをご確認ください。

FileIcon pdf新しいC型肝炎治療薬説明会資料

▲ページの先頭へ

岐阜市民病院のシンボルマークが決定しました

岐阜市民病院では平成25年12月に完了する第2期病院改築工事に合わせ、市民病院の理念や基本方針等をアピールし、より親しみを持っていただく目的でシンボルマークの募集を行いました。
このたび、全国よりご応募いただいた320作品の中から、最優秀賞1点を選び、シンボルマークに採用することが決まりましたのでお知らせします。
今後は看板、広報誌等で活用してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

【最優秀賞作品】

sinboru

【作者】

深川 重一さん(大阪府在住)

【作品の説明】

岐阜市民病院のイニシャル『G』をモチーフにデザイン化しました。全体で市民病院の理念である「心にひびく医療の実践」をイメージすると共に、未来に向かって飛躍する病院を親しみやすくシンボライズしました。

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ