ベストドクターズ選出

当院の医師がベストドクターズに選出されました。

下記の医師がベストドクターズ社から"The Best Doctors in Japan 2024-2025"に選出されました。

bestdr2024iwama.jpg bestdr2024inuduka.jpg bestdr2024miyamoto.jpg
岩間 亨 犬塚 貴 宮本 敬
病院事業管理者・
脳神経外科
特別診療顧問・
認知症疾患医療センター長
整形外科長

bestdr2024kanou.jpg bestdr2024nisigaki.jpg
加納 宏行 西垣 洋一
皮膚科長 消化器内科

選出された医師からのコメント

岩間 亨岩間 亨 令和5年度より当院で病院事業管理者を務めております。病院の管理業務とともに脳神経外科医として週1回弱の外来診療を行っています。脳血管障害(脳卒中)や脳腫瘍、頭部外傷の手術、診療は脳神経外科のスタッフが担当してくれていますので、私は、顔面けいれんや三叉神経痛、てんかん、頭痛などの機能的脳疾患の手術、治療を行っていくとともに、今後は脳ドックも担当させていただくことを予定しています。どうぞよろしくお願いいたします。
shikeinai.inuduka2905.jpg
犬塚 貴
当院は岐阜県認知症疾患医療センター(基幹型)の指定を受けており、認知症の有無に関わらず急性期身体疾患の診療を行っています。入院中、検査や治療が滞りなく進むように、認知症ケアチームの一員として「せん妄」や「身体拘束」の軽減に務めています。もの忘れ外来では認知症の鑑別診断を行い、国が進める地域包括ケアにつなげることを意識した情報提供を、本人・家族・紹介元のかかりつけ医に行っています。2024年6月からはアルツハイマー病新規治療薬レケンビ®による治療を、安全性に格段の注意を払いながら開始しました。その他、認知症に関する医療相談、認知症関連職種や患者・家族、一般市民・学生を対象にした学習・啓発活動、若年性認知症当事者の会への協力をスタッフと共に行っています。
seieki-ge.miyamoto-kei
宮本 敬
Best Doctors 2024-2025に選出いただき、非常に光栄に存じます。私は岐阜市民病院の素晴らしい環境のなか、整形外科のなかでも背骨の病気・怪我の診療を担当させていただいております。診療において、優秀な整形外科医師、スタッフ(コメディカル、事務職の皆様)の多大なる御協力をいただき、心より感謝しております。

自分にいつも言い聞かせていることは、以下の通りです。
●患者さんのための病院、患者さんのための我々医療従事者である。
●天狗になるな。上には上がいる、いつも謙虚に学ぶ気持ちで診療をおこなう。
●自分一人の力などたいしたことはない、すべて、仲間のおかげであり、皆への感謝を忘れない。
●患者さんはご紹介いただく施設からの預かりもの、手術などの技術は先輩から後輩に伝える預かりもの、若い医師たちは大学医局からの預かりもの。

今後とも、ここ岐阜市民病院にて、地道に努力を続けさせていただきます。また、日頃より我々整形外科部門を応援してくださる病院経営部門の皆様には心より御礼申し上げます。
kanou_hifu201905.jpg
加納 宏行
2014年から選出していただいているベストドクターに今回も選出していただけたのは、光栄であると同時に身の引き締まる思いでもあります。専門のひとつは褥瘡を始めとする慢性創傷の治療です(日本褥瘡学会認定師)。20236月には、第18回日本褥瘡学会中部地方会学術集会を会長として岐阜市で開催させていただき、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士など多職種の方々に多数参加いただき、チーム活動による褥瘡診療が根付いていることを実感しました。もう一つの専門はアトピー性皮膚炎をはじめとする皮膚アレルギーです(日本アレルギー学会認定専門医)。2018年に発売された抗体医薬からアトピー性皮膚炎の治療薬は飛躍的に進歩し、その選択肢も増えています。患者さん一人一人の症状、希望を勘案してベストな治療が提供できるよう、専門外来を設けて十分な時間をかけて診療しています。2026年には第31回アトピー性皮膚炎治療研究会を会長として岐阜で開催することになりました。目の前の患者さんの診療が基本の"き"ですが、それだけではなく、このような学会活動を通してより高いレベルの診療を拡げることも、ひとりでも多くの患者さんを笑顔にするために重要な活動と考えており、この両輪でこれからも日々精進する所存です。
nishigaki syokakinaika
西垣 洋一
平成元年12月に岐阜市民病院に着任し、肝細胞がんの治療を中心に35年間診療を続けてまいりました。着任当時はまだMRIはなく、超音波装置やCTの解像度も低いため診断される腫瘍は大きく、肝切除以外有効な治療法がない状況でした。肝細胞がんはほとんどが肝硬変から発生するため、肝機能が悪く切除できない患者さんが多く、肝切除に代わる治療が求められていました。その後、肝動脈塞栓術、経皮的エタノール注入療法、ラジオ波凝固療法、マイクロ波凝固療法が開発され、小さな肝細胞がんを見つけてひたすら内科でできる治療を行ってまいりました。内科医の奮闘により、3cm以下の肝細胞がんにおいては、肝切除とラジオ波凝固療法の治療効果は同等であることが証明されました。こうして肝細胞がんを早期に見つけ治療する方法は確立されてきましたが、治療後の再発が高率であるという大きな問題が残っています。小生もすでに還暦を超え、残された時間も短くなってまいりました。残された問題を後進に託すべく、最後に、決してあきらめることなく全力を尽くす背中を見せていきたいと思っています。

Best Doctors®の選出方法について

Best Doctors®は、医師同士による相互評価で選出されます。ベストドクターズ社(本社:米国マサチューセッツ州ボストン、1989年創業)が医師に対し「もしご自身またはご家族がご自身の専門分野の病気にかかった場合、自分以外の誰の手に治療を委ねますか?」というアンケートを実施し、一定以上の評価を得た医師がBest Doctors in Japan(tm)として選出されます。

現在、世界で約53,000名、日本で約7,100名がBest Doctors ®として認定されています。

Best Doctors、ベストドクターズ、Best Doctors in Japanおよびstar-in-crossロゴは米国および他国におけるベストドクターズ社の商標です。


ページの先頭へ