消化器内科

《消化器内科外来の週間予定表はこちらです》

概要

平成4年に、消化器病センターを設立、消化器系に関する診断・治療を集中的に行っています。肝炎から肝がんまでの系統的な治療、大腸がんの早期診断・治療、胆石の非侵襲的治療が可能、一方、最新医療機器も装備しながら先端医療を目指しています。

▲ページの先頭へ

スタッフ紹介

tomita syoukakinaika
冨田栄一 消化器内科、特に肝臓病(B型、C型肝炎の治療、肝がんの診断と治療)
役職
病院事業管理者
主な資格、認定
日本内科学会内科指導医・認定内科医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本肝臓学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
卒業年、主な職歴
昭和48年京都大学医学部卒
岐阜大学医学部附属病院第1内科入局
昭和63年岐阜大学医学部附属病院第1内科助教授
平成元年岐阜市民病院消化器内科部長
平成4年岐阜市民病院消化器病センター長併任
平成12年岐阜市民病院副院長
平成17年岐阜市民病院長
katou syoukakinaika
加藤則廣 消化管疾患の診断と治療・内視鏡治療
役職
診療局長(中央部門)
第二内科部長
消化器内科部長
臨床研究支援センター副センター長
主な資格、認定
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本内科学会内科指導医・認定内科医
日本肝臓学会専門医
日本消化管学会指導医・専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本感染症学会ICD認定医
日本医師会認定産業医
労働衛生コンサルタント
卒業年、主な職歴
昭和56年岐阜大学医学部卒
平成12年岐阜大学医学部第一内科助教授
nishigaki syokakinaika
西垣洋一 肝がんの早期発見と経皮的治療
役職
肝臓内科部長
消化器内科部副部長
主な資格、認定
日本超音波医学会指導医・専門医
日本肝臓学会指導医・専門医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本内科学会認定内科医
卒業年、主な職歴
昭和62年岐阜大学医学部卒
sugiyama syoukakinaika
杉山昭彦 上下部消化管疾患の診断と治療
役職
診療局長(内科系部門)
消化器病センター長
消化器内科部副部長
外来化学療法部副部長
後期臨床研修センター長
主な資格、認定
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化管学会専門医
卒業年、主な職歴
平成3年岐阜大学医学部卒
mukai syoukakinaika
向井強 胆膵領域における診断と治療(総胆管結石除去、閉塞性黄疸に対する胆道ステント挿入等の内視鏡的治療)
役職
消化器内視鏡部長
胆膵内科部長
臨床研究支援センター長
消化器内科部副部長
肝・胆・膵センター副センター長
地域連携部副部長
主な資格、認定
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本胆道学会指導医
日本膵臓学会指導医
卒業年、主な職歴
平成6年岐阜大学医学部卒
岐阜大学医学部附属病院
hayashi syoukakinaika
林秀樹 肝疾患、肝腫瘍の診断・治療
役職
がん診療支援部長
医療安全推進部長
消化器内科部副部長
肝・胆・膵センター副センター長
主な資格、認定
日本超音波医学会指導医・専門医
日本肝臓学会専門医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
卒業年、主な職歴
平成6年岐阜大学医学部卒
岐阜大学医学部附属病院
ogizo syokakinaika
小木曽富生
役職
治験管理センター長
消化器内科部副部長
臨床研究支援センター副センター長
主な資格、認定
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本肝臓学会専門医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本消化管学会指導医・専門医
日本ヘリコバクター学会認定医
卒業年、主な職歴
平成13年卒
河内隆宏
役職
消化器内科部副部長
肝臓内科部副部長
主な資格、認定
卒業年、主な職歴
okuno_syoukakinaika2912.jpg
奥野充 消化器内科(胆膵)
役職
消化器内科部医長
主な資格、認定
日本内科学会内科指導医・認定内科医・総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本膵臓学会指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
卒業年、主な職歴
平成21年卒
平成23年岐北厚生病院消化器内科
平成26年岐阜大学医学部附属病院第一内科
平成28年高山赤十字病院内科
tajirika_syoukakinaika201905.jpg
田尻下聡子
役職
消化器内科部医員
救急診療部医員
主な資格、認定
日本内科学会内科認定内科医
日本消化器病学会専門医
卒業年、主な職歴
平成24年卒
岐阜大学医学部附属病院
高山赤十字病院
岐阜赤十字病院
teduka_syoukakinaika201905.jpg
手塚隆一
役職
消化器内科部医員
救急診療部医員
主な資格、認定
卒業年、主な職歴
岩田翔太
役職
消化器内科部医員
救急診療部医員
研修センター後期臨床研修センター医員
主な資格、認定
卒業年、主な職歴
高木暁広
役職
消化器内科部医員
救急診療部医員
研修センター後期臨床研修センター医員
主な資格、認定
卒業年、主な職歴
伊藤有紀
役職
消化器内科部医員
救急診療部医員
研修センター後期臨床研修センター医員
主な資格、認定
卒業年、主な職歴

▲ページの先頭へ

診療内容

消化器内科では、消化管(食道・胃・小腸・大腸)、肝臓、膵臓、胆道などの疾患を対象に診療を行っています。
内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ等)や超音波(エコー)での診断はもちろん、最先端の治療が提供できるよう、本ページ下記のような診療を行っております。また、消化器の病気以外にも、内視鏡を使用した針生検(悪性リンパ腫や肺がんの一部など)にて、血液疾患や呼吸器疾患などの診断も可能な場合があります。
当科では、専門性の高い診療・治療が行えるよう、消化管・肝臓・胆膵の3グループにて診療を行っておりますが、常に連携をとり、確実な診療を行える体制をとっています。

syoukakinaika201912-1.jpg

当科での研修をご検討されている先生へ

当科での研修は、各グループでの研修を中心に、消化器病全領域の研修を受けて頂くことが可能です。見学・ご質問など随時受け付けております。
本ページ最後の「当科で研修を希望される専修医の先生へ」もご確認ください。

▲ページの先頭へ

診療実績(内視鏡・超音波診断、治療)

2016 2017 2018 2019
消化管
上部消化管内視鏡検査 5599 5414 5682 5675
上部・下部消化管ESD 68 75 106 100
食道・胃静脈瘤治療(硬化療法・結紮術) 41 43 40 63
胃ろう造設術および胃ろう交換 102 110 99 87
消化管超音波内視鏡 48 51 56 60
小腸カプセル内視鏡 24 35 18 27
小腸バルーン内視鏡 9 18 20 18
下部消化管内視鏡検査 2843 2824 2690 2750
肝臓      
肝動脈化学塞栓術(TACE) 156 129 100 33
バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO) 12 6 8 1
経皮経肝門脈塞栓術(PTPE) 3 3 4 3
デンバー・シャント 4 3 6 9
経皮的ラジオ波焼灼術(RFA) 117 124 91 106
造影超音波検査 481 541 450 428
肝生検・肝腫瘍生検 89 96 89 98
胆道・膵臓        
ERCP 470 538 560 548
超音波内視鏡検査(EUS) 226 286 407 461
超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA) 62 67 82 67
超音波内視鏡下治療(EUS-BD・EUS-PD・ネクロセクトミー) 9 5 22 11
小腸内視鏡下ERCP 17 28 29 36
経皮経肝胆管ドレナージ(PTBD) 247 247 211 201

▲ページの先頭へ

内視鏡・超音波治療

内視鏡・超音波での診断をもとに、同日もしくは予約にて治療を行います。
多種の治療・処置を行っており、その一部を示します。

syoukakinaika201912-2.jpg syoukakinaika201912-3.jpg

ESD

syoukakinaika201912-4.jpg
 
syoukakinaika201912-5.jpg

ERCP 透視室および検査時

syoukakinaika201912-6.jpg syoukakinaika201912-7.jpg
 
syoukakinaika201912-8.jpg
肝臓と十二指腸をつなぐ消化管(胆管)に見つかった結石を除去しています。通常治療が難しいとされる巨大結石などでも、胆道用の内視鏡や破砕処置具を使用し、治療を行えます。
膵臓の結石(膵石)も同様に治療を行っています。
 
syoukakinaika201912-9.jpg
悪性腫瘍による胆管閉塞に対しても、ドレナージ(通過障害の解除)を得意としており、安全に処置を受けていただけます。
 
syoukakinaika201912-10.jpg
胃の手術後など、ERCP用の内視鏡で処置ができない方でも、小腸内視鏡を使用しERCPを受けていただけます。

EUS-FNA

syoukakinaika201912-11.jpg
膵がんや悪性リンパ腫の診断のため、超音波内視鏡を使用し針生検を行っています。
 
syoukakinaika201912-12.jpg
 
syoukakinaika201912-13.jpg
また、十二指腸に内視鏡が挿入できないなどERCPが困難な場合でも、超音波内視鏡で胆管・胆嚢・膵管のドレナージを行うことができます。(EUS-BD、EUS-PD)
 
syoukakinaika201912-14.jpg
重症膵炎後の膵壊死に対しても、内視鏡的壊死物質除去術(ネクロセクトミ-)が可能です。

RFA

syoukakinaika201912-15.jpg
RFA:肝細胞癌に対する治療法のひとつです。超音波検査にて腫瘤を同定したあとにエコーガイド下で腫瘤を穿刺、ラジオ波を放出することにより凝固壊死させます。
 
syoukakinaika201912-16-2.jpg

Angio

syoukakinaika201912-17.jpg
TACE:肝細胞癌に対する治療法のひとつです。血管造影検査を行い、肝細胞癌の最終診断を行ったあとに、Angio-CTを行い、腫瘍の責任血管を同定します。選択的にカテーテルを挿入し、塞栓術を行います。

BRTO

syoukakinaika201912-18.jpg
BRTO:胃静脈瘤に対するカテーテルを用いた治療法です。胃静脈瘤の責任血管までバルーン付きのカテーテルを挿入し、塞栓術を行うことにより静脈瘤を消失させます。
 
syoukakinaika201912-19.jpg syoukakinaika201912-20.jpg

▲ページの先頭へ

抗がん剤について

がん等の悪性疾患と診断された場合、消化器内科での抗がん剤治療が必要となる場合があります。
近年、多くの新しい抗がん剤(オプジーボ、キートルーダ、アブラキサンなど)が使用可能となりましたが、当院でもこれら新しい抗がん剤での治療が可能です。また、総合病院のため、副作用(貧血、白血球減少、皮膚炎、眼疾患など)に対しても迅速な対応が可能です。
悪性疾患に対するがん性疼痛、精神的ケアも緩和ケアチームと共同で診療しています。疼痛や精神的に困られている事がありましたら、一度ご相談ください。

▲ページの先頭へ

当科で研修を希望される専修医の先生へ

本ページでは、診療の一部を案内しています。上記、診療実績の通り、多くの経験を積んでいただくことが可能で、特に内視鏡治療・肝疾患治療においては、専門性の高い診療を行っています。内視鏡などの手技のみならず、肝炎治療薬・化学療法の使用・有害事象発生時の対応、癌性疼痛への対応などに対し、常にバックアップし、また毎週のカンファレンスでもサポートしています。
臨床研究・学会活動にも力を入れており、内視鏡・化学療法などの検討・解析、および症例報告にて経験を積んでいただき、対外的に発信していただけるよう支援します。
ご見学・ご質問などありましたら、下記までいつでもご連絡ください。

岐阜市民病院 消化器内科 奥野充
E-mail : gastro@gmhosp.gifu.gifu.jp

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ