診療情報管理室

▲ページの先頭へ

診療情報管理室について

 
当院は平成20年4月から厚生労働省が認定するDPC/PDPS(診断群分類に基づいた医療機関別1日入院包括支払制度)の対象病院となりました。また令和元年9月からは厚生労働省が定める施設基準に適合した、診療録管理体制加算1を算定しております。平成22年2月から電子カルテシステムを導入し、平成29年1月にシステム更新を実施しました。更新の際には、災害に備えてバックアップ機能を追加し、個人情報の保護に配慮した形で診療情報の一部を遠隔地のサーバに保存しています。
診療情報管理室は、医療を側面から支える部署として平成20年4月に設置され、医療推進局の中に位置づけられています。
医療情報室と同じ部屋内に移動し、ハード面ソフト面で互いに連携し、業務にあたっています。診療情報管理室長(医師、診療情報管理士)をはじめとした計8名(専従1名、専任3名を含む診療情報管理士7名)で構成されています。

主な業務
  1. DPC/PDPSに関する業務
    患者さんの傷病名が国際疾病分類(ICD-10)に基づき適正にコーディングされているかを専門的見地からチェックするとともに、厚生労働省に提出するデータの作成および精度管理を行っています。
  2. 診療情報を体系的・一元的に管理する業務
    電子カルテシステムの構築、診療情報を所定の様式と手順で収集し、整備しています。
  3. 診療情報を点検する業務
    診療情報の精度管理(質的・量的監査)、退院サマリのコーディングを行っています。
  4. 診療情報を安全に管理する業務
    個人情報の保護、診療記録の保管、診療情報に対するセキュリティの確保、インフォームド・コンセントに基づく、診療情報の構築を行っています。
  5. 診療情報を有効に活用する業務
    各種データを活用して診療内容を分析し、その結果を各診療科・各部門に提示することで、標準的な効率のよい医療の提供ができるよう取り組んでいます。

▲ページの先頭へ

診療情報管理士とは

診療記録や診療情報を適切に管理し、そこに含まれるデータや情報を分類・分析・編集し活用することにより、医療の安全管理・質の向上及び病院の経営管理に寄与する専門職です。

当院では各部署(診療情報管理室・経営企画課・医事課・地域連携室等)へも診療情報管理士を配置し、それぞれの分野で活躍しています。

▲ページの先頭へ

DPC(診断群分類別包括支払制度)とは

「DPC」とは、医師の診断に基づいて傷病名、年齢、意識状態レベル、手術・処置の有無など、一連の治療行為を組み合わせた「診断群分類法」をいい、「PDPS」は「一日当たりの支払制度」をいいます。DPC/PDPSの対象となるのは、一般病棟に入院されている患者さんです。
DPC/PDPSの支払制度に沿って、傷病名別に一日当たりの入院料金の額が決められています。投薬・注射・検査・処置などの診療行為は、その中に含まれる「包括評価」方式です。なお、手術など医師の専門的な技術を必要とする分野は、別に出来高算定方式で計算されます。

▲ページの先頭へ

疾病大分類別・性別 退院患者数(主病名)

期間 令和2年1月~令和2年12月

大分類 ICD 総数 構成比
01:感染症及び寄生虫症 A00-B99 181 170 351 2.8%
02:新生物 C00-D48 2,169 1,789 3,958 31.1%
03:血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害 D50-D89 51 45 96 0.8%
04:内分泌、栄養および代謝疾患 E00-E90 162 158 320 2.5%
05:精神および行動の障害 F00-F99 80 170 250 2.0%
06:神経系の疾患 G00-G99 150 123 273 2.1%
07:眼および付属器の疾患 H00-H59 80 80 160 1.3%
08:耳および乳様突起の疾患 H60-H95 36 42 78 0.6%
09:循環器系の疾患 I00-I99 1,131 608 1739 13.7%
10:呼吸器系の疾患 J00-J99 621 314 935 7.4%
11:消化器系の疾患 K00-K93 874 679 1553 12.2%
12:皮膚および皮下組織の疾患 L00-L99 54 66 120 0.9%
13:筋骨格系および結合組織の疾患 M00-M99 311 297 608 4.8%
14:腎尿路生殖器系の疾患 N00-N99 350 461 811 6.4%
15:妊娠、分娩および産じょく<褥> O00-O99 0 264 264 2.1%
16:周産期に発生した病態 P00-P96 41 49 90 0.7%
17:先天奇形、変形および染色体異常 Q00-Q99 27 26 53 0.4%
18:症状、徴候および異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの R00-R99 24 19 43 0.3%
19:損傷、中毒およびその他の外因の影響 S00-T98 426 407 833 6.6%
21:健康状態に影響をおよぼす要因および保健サービスの利用 Z00-Z99 72 19 91 0.7%
22:特殊目的用コード U 46 35 81 0.6%
合計 6,886 5,821 12,707

▲ページの先頭へ

上位10位 疾病大分類別・性別 退院患者数(主病名)

期間 令和2年1月~令和2年12月

上位10疾患 ICD別・総数
主病名コード 大分類 主な病名 総数 構成比
1 C341 02:新生物<腫瘍> 上葉、気管支または肺 217 83 300 13.2%
2 I500 09:循環器系の疾患 うっ血性心不全 137 136 273 12.0%
3 D462 02:新生物<腫瘍> 芽球過剰性不応性貧血 195 70 265 11.7%
4 C343 02:新生物<腫瘍> 下葉、気管支または肺 153 98 251 11.0%
5 I251 09:循環器系の疾患 アテローム粥状硬化性心疾患 165 71 236 10.4%
6 I252 09:循環器系の疾患 陳旧性心筋梗塞 180 39 219 9.6%
7 J690 10:呼吸器系の疾患 食物および吐物による肺臓炎 138 57 195 8.6%
8 M4806 13:筋骨格系及び結合組織の疾患 腰部脊柱管狭窄症 108 84 192 8.4%
9 C220 02:新生物<腫瘍> 肝細胞癌 128 53 181 8.0%
10 C61 02:新生物<腫瘍> 前立腺の悪性新生物 162 0 162 7.1%
合計 1,583 691 2,274
上位10疾患 ICD別・男
主病名コード 大分類 主な病名 構成比
1 C341 02:新生物<腫瘍> 上葉、気管支または肺 217 13.7%
2 D462 02:新生物<腫瘍> 芽球過剰性不応性貧血 195 12.3%
3 I252 09:循環器系の疾患 陳旧性心筋梗塞 180 11.4%
4 I251 09:循環器系の疾患 アテローム粥状硬化性心疾患 165 10.4%
5 C61 02:新生物<腫瘍> 前立腺の悪性新生物 162 10.2%
6 C343 02:新生物<腫瘍> 下葉、気管支または肺 153 9.7%
7 J690 10:呼吸器系の疾患 食物および吐物による肺臓炎 138 8.7%
8 I500 09:循環器系の疾患 うっ血性心不全 137 8.7%
9 C220 02:新生物<腫瘍> 肝細胞癌 128 8.1%
10 M4806 13:筋骨格系及び結合組織の疾患 腰部脊柱管狭窄症 108 6.8%
合計 1,583
上位10疾患 ICD別・女
主病名コード 大分類 主な病名 構成比
1 D251 02:新生物<腫瘍> 壁内子宮平滑筋腫 143 15.2%
2 I500 09:循環器系の疾患 うっ血性心不全 136 14.5%
3 C343 02:新生物<腫瘍> 下葉、気管支または肺 98 10.4%
4 D27 02:新生物<腫瘍> 卵巣の良性新生物 94 10.0%
5 M4806 13:筋骨格系及び結合組織の疾患 腰部脊柱管狭窄症 84 9.0%
6 C341 02:新生物<腫瘍> 上葉、気管支または肺 83 8.8%
7 C541 02:新生物<腫瘍> 子宮内膜悪性腫瘍 78 8.3%
8 S7200 19:損傷、中毒及びその他の外因の影響 閉鎖性大腿骨頚部骨折 77 8.2%
9 C531 02:新生物<腫瘍> 子宮頚外部悪性新生物 74 7.9%
10 I251 09:循環器系の疾患 アテローム粥状硬化性心疾患 71 7.6%
合計 938

▲ページの先頭へ

疾病大分類別・性別 死亡患者数(主病名) ※救急外来での死亡は除く

期間 令和2年1月~令和2年12月

大分類 ICD 総数 構成比
01:感染症及び寄生虫症 A00-B99 11 2 13 3.8%
02:新生物 C00-D48 80 55 135 39.8%
03:血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害 D50-D89 0 1 1 0.3%
04:内分泌、栄養および代謝疾患 E00-E90 1 0 1 0.3%
05:精神および行動の障害 F00-F99 1 0 1 0.3%
06:神経系の疾患 G00-G99 3 0 3 0.9%
07:眼および付属器の疾患 H00-H59 0 0 0 0.0%
08:耳および乳様突起の疾患 H60-H95 0 0 0 0.0%
09:循環器系の疾患 I00-I99 32 36 68 20.1%
10:呼吸器系の疾患 J00-J99 37 18 55 16.2%
11:消化器系の疾患 K00-K93 8 11 19 5.6%
12:皮膚および皮下組織の疾患 L00-L99 1 2 3 0.9%
13:筋骨格系および結合組織の疾患 M00-M99 2 4 6 1.8%
14:腎尿路生殖器系の疾患 N00-N99 3 7 10 2.9%
15:妊娠、分娩および産じょく<褥> O00-O99 0 0 0 0.0%
16:周産期に発生した病態 P00-P96 0 0 0 0.0%
17:先天奇形、変形および染色体異常 Q00-Q99 0 0 0 0.0%
18:症状、徴候および異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの R00-R99 5 3 8 2.4%
19:損傷、中毒およびその他の外因の影響 S00-T98 11 5 16 4.7%
21:健康状態に影響をおよぼす要因および保健サービスの利用 Z00-Z99 0 0 0 0.0%
22:特殊目的用コード U 0 0 0 0.0%
合計 195 144 339

▲ページの先頭へ

上位10位 疾病大分類別・性別 死亡患者数(主病名) ※救急外来での死亡は除く

期間 令和2年1月~令和2年12月

原死因上位10疾患 ICD別・総数
原死因ICDコード 大分類(2013) 主な病名 総数 構成比
1 J690 10:呼吸器系の疾患 食物および吐物による肺臓炎 16 10 26 21.3%
2 C341 02:新生物<腫瘍> 上葉、気管支または肺の新生物 11 3 14 11.5%
3 I500 09:循環器系の疾患 うっ血性心不全 5 6 11 9.0%
4 C250 02:新生物<腫瘍> 膵頭部の悪性腫瘍 5 5 10 8.2%
5 I610 09:循環器系の疾患 (大脳)半球の脳内出血、皮質下 6 3 9 7.4%
6 C343 02:新生物<腫瘍> 下葉、気管支または肺の新生物 7 1 8 6.6%
7 J841 10:呼吸器系の疾患 肺線維症を伴うその他の間質性肺疾患 7 1 8 6.6%
J159 10:呼吸器系の疾患 細菌性肺炎、詳細不明 5 1 6 4.9%
C920 02:新生物<腫瘍> 急性骨髄性芽球性白血病 3 3 6 4.9%
R54 18:症状、徴候及び異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの 老衰 3 3 6 4.9%
C162 02:新生物<腫瘍> 胃体部癌 5 1 6 4.9%
D462 02:新生物<腫瘍> 芽球過剰性不応性貧血 5 1 6 4.9%
C163 02:新生物<腫瘍> 幽門前庭部癌 4 2 6 4.9%
合計 82 40 122
原死因上位10疾患 ICD別・男
原死因ICDコード 大分類(2013) 主な病名 構成比
1 J690 10:呼吸器系の疾患 食物および吐物による肺臓炎 26 26.0%
2 C341 02:新生物<腫瘍> 上葉、気管支または肺の新生物 14 14.0%
3 I500 09:循環器系の疾患 うっ血性心不全 11 11.0%
4 I610 09:循環器系の疾患 (大脳)半球の脳内出血、皮質下 9 9.0%
5 C343 02:新生物<腫瘍> 下葉、気管支または肺の新生物 8 8.0%
  J841 10:呼吸器系の疾患 肺線維症を伴うその他の間質性肺疾患 8 8.0%
7 J159 10:呼吸器系の疾患 細菌性肺炎、詳細不明 6 6.0%
  C920 02:新生物<腫瘍> 急性骨髄性芽球性白血病 6 6.0%
  C162 02:新生物<腫瘍> 胃体部癌 6 6.0%
  D462 02:新生物<腫瘍> 芽球過剰性不応性貧血 6 6.0%
合計 100
原死因上位10疾患 ICD別・女
原死因ICDコード 大分類(2013) 主な病名 構成比
1 C250 02:新生物<腫瘍> 膵頭部の悪性腫瘍 10 19.2%
2 R54 18:症状、徴候及び異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの 老衰 6 11.5%
3 C163 02:新生物<腫瘍> 幽門前庭部癌 6 11.5%
4 I252 09:循環器系の疾患 陳旧性心筋梗塞 5 9.6%
5 J189 10:呼吸器系の疾患 肺炎,詳細不明 4 7.7%
6 C240 02:新生物<腫瘍> 肝外胆管癌 3 5.8%
  I609 09:循環器系の疾患 くも膜下出血,詳細不明 3 5.8%
  C342 02:新生物<腫瘍> 中葉,気管支または肺の悪性新生物 3 5.8%
  C187 02:新生物<腫瘍> S状結腸の悪性新生物 3 5.8%
  C502 02:新生物<腫瘍> 乳房上内側4分の1の悪性新生物 3 5.8%
  C241 02:新生物<腫瘍> ファーター乳頭膨大部の悪性新生物 3 5.8%
  I330 09:循環器系の疾患 急性および亜急性心内膜炎 3 5.8%
  52

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ