脳神経外科

《脳神経外科外来の週間予定表はこちらです》

概要

脳神経外科は主として次のような疾患を対象とする診療科です。

  • 脳神経疾患
    脳腫瘍、脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など)
    頭部外傷、中枢神経系感染症
  • 機能的脳神経外科疾患   
    顔面痙攀、三叉神経痛、パーキンソン病 、てんかん
  • 小児脳神経外科疾患
    水頭症、先天奇形
  • 脊髄・脊椎疾患   
    脊髄腫瘍、脊椎症

その他、頭痛、めまい、耳鳴り、手足や顔面のしびれ、痴呆などについても御相談ください。

▲ページの先頭へ

スタッフ紹介

tanigawa nosinkegeka
谷川原徹哉  
役職
脳神経外科部長
医療安全推進部長
災害医療部副部長
医療情報部副部長
主な資格、認定
 
卒業年、主な職歴
 
tamakawa nosinkegeka
玉川紀之  
役職
脳卒中センター長
脳神経外科部副部長
救急診療部副部長
集中治療部副部長
主な資格、認定
 
卒業年、主な職歴
 
nosinkegeka y.kotani
小谷嘉則  
役職
脳神経外科部副部長
主な資格、認定
 
卒業年、主な職歴
 
nomura_nosinkegeka3004.jpg
野村悠一
役職
脳神経外科部医長
主な資格、認定
 
卒業年、主な職歴
 

▲ページの先頭へ

診療内容・診療実績

nouge1

破裂脳動脈瘤に対する顕微鏡手術

当科の特徴

脳卒中、頭部外傷などの救急を要する疾患に対して24時間対応しています。
特に脳梗塞に対しては、脳卒中センターのスタッフとして超急性期から正確に診断して最適な治療を行うとともに、早期からリハビリテーションを開始し、社会復帰を目指しています。必要に応じて血栓溶解療法、脳血管バイパス術も行っています。

9

血栓溶解術前後の右内頸動脈撮影

従来の手術に加え、より侵襲の少ない手術法として神経内視鏡を使用した手術や血管内手術を導入しています。
特に水頭症に対しては、適応に応じて従来の脳室-腹腔シャント術ではなく、神経内視鏡を使った第三脳室開窓術を行っています。脳出血に対しても、内視鏡を用いた脳内血腫除去術を行っています。

nouge2

第三脳室開窓術

nouge3

神経内視鏡による血腫除去術

病診連携、病病連携を重視し、当科病棟あるいは外来での治療、経過観察が不必要になった患者様は、病状に合わせて適宜お近くの診療所、もしくは病院に御紹介させていただいております。

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ