小児科

《小児科外来の週間予定表はこちらです》

概要

for every child's smile

我々は『for every child's smile』を合言葉に子供たちの診療を行っています。
当科では、血液腫瘍と救急を二本の柱として診療を行っていますが、多くの子供たちが長期入院を余儀なくされる小児血液疾患センターは、日本一明るく楽しい血液腫瘍病棟であると自負しています。また子供たちの笑顔のためには、保護者の笑顔が絶対に必要です。我々は地域の保護者の方が安心できる小児救急体制の構築を目指しています。

syouni.H30.04syouni-dr.jpg

▲ページの先頭へ

スタッフ紹介

shinoda syounika
篠田邦大 小児科一般、小児血液・腫瘍、小児救急・虐待
役職
小児科部長
小児血液疾患センター長
救急診療部副部長
主な資格、認定
日本小児科学会指導医・専門医
日本血液学会指導医・専門医
日本小児血液・がん学会 指導医・専門医
日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医
CLIC(小児がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会)修了
卒業年、主な職歴
平成6年岐阜大学医学部卒
kadoi syounika
門井絵美 小児科一般、小児血液・腫瘍
役職
小児科部副部長
主な資格、認定
日本小児科学会指導医・専門医
日本血液学会専門医
CLIC(小児がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会)修了
卒業年、主な職歴
平成18年卒
kanda_syounika2912.jpg
神田香織 小児科一般
役職
小児科部医長
主な資格、認定
日本小児科学会指導医・専門医
卒業年、主な職歴
平成15年卒
yamasita-syounika
山下達也 小児科一般、小児血液・腫瘍、緩和医療
役職
小児科部医長
緩和ケアセンター医長
主な資格、認定
日本小児科学会専門医
CLIC(小児がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会)修了
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
PALSプロバイダー
NCPR(新生児蘇生法専門コース)修了
思春期保健相談士・性教育認定講師
日本小児科医会子どもの心相談医
卒業年、主な職歴
平成18年卒
mori syounika
森真理 小児科一般、小児内分泌
役職
小児科部医員
主な資格、認定
日本小児科学会指導医・専門医
PALSプロバイダー
NCPR(新生児蘇生法専門コース)修了
卒業年、主な職歴
平成18年卒
yokoyama syounika
横山能文 小児科一般、小児血液・腫瘍、小児救急・集中治療
役職
小児血液疾患センター医長
災害医療部医長
日本DMAT隊員
主な資格、認定
日本小児科学会専門医
日本血液学会専門医
PALSプロバイダー
卒業年、主な職歴
平成19年卒
tokuda syounika
野田美香 小児科一般
役職
救急診療部医員
小児科部医員
主な資格、認定
日本小児科学会専門医
NCPR(新生児蘇生法専門コース)修了
卒業年、主な職歴
平成22年卒
syouni.oshiro.ikko.jpg
大城一航 小児科一般
役職
小児科部医員
救急診療部医員
主な資格、認定
PALSプロバイダー
NCPR(新生児蘇生法専門コース)修了
卒業年、主な職歴
平成25年卒
syoni.tomoko-kaneyama.jpg
金山朋子
役職
小児科部医員
救急診療部医員
主な資格、認定
PALSプロバイダー
NCPR(新生児蘇生法専門コース)修了
卒業年、主な職歴
平成25年卒
hirate_syounika201605.jpg
平手友章 小児科一般
役職
小児科部医員
救急診療部医員
主な資格、認定
PALSプロバイダー
NCPR(新生児蘇生法専門コース)修了
卒業年、主な職歴
平成26年卒
kuwabara_syounika201805.jpg
桑原祐也 小児科一般
役職
小児科部専攻医
主な資格、認定
PALSプロバイダー
NCPR(新生児蘇生法専門コース)修了
卒業年、主な職歴
平成28年卒
miyazaki_syounika201805.jpg
宮崎太地 小児科一般
役職
小児科部専攻医
主な資格、認定
PALSプロバイダー
NCPR(新生児蘇生法専門コース)修了
卒業年、主な職歴
平成28年卒

▲ページの先頭へ

診療内容

小児血液疾患センター

当科は小児がん等の血液腫瘍性疾患の診療を専門的に行っております。
小児がんは比較的まれな疾患ですが、8割を超える長期生存率となった現在でも、残念ながら1歳未満を除く小児の死因のトップであり、小児科領域において非常に重要な分野であるといえます。
その診療には、医師だけでなく看護師、薬剤師、臨床心理士、検査技師等のコメディカルも含めた専門性の高いスタッフと、適切な感染症管理等が行える治療環境等のハード面の充実が不可欠で、専門の施設での診療が必要です。
当科では昭和62年以来、岐阜県内の小児血液腫瘍性疾患のセンター的存在として造血幹細胞移植も含めた同分野の診療を行い、平成22年度から一般病棟と分離された陽圧病棟である『小児血液疾患センター』を開設しハード面もさらに充実しました。
治療については、各疾患の全国規模の治療共同研究に参加し、国内最先端の治療を提供しており、また骨髄移植推進事業団(いわゆる骨髄バンク)移植科認定、臍帯血移植ネットワーク移植施設認定をともに岐阜県内の小児科で初めて取得し、小児血液腫瘍性疾患の治療を当院で完結できる体制が整っています。

また当院は岐阜県内で唯一の小児血液・がん専門医研修施設であり、小児血液疾患や小児がんを専門に診療する医師の育成のため、『日本小児血液・がん専門医研修施設 研修プログラム』にて研修を行っております。

明るく、時に厳しく

血液腫瘍性疾患の治療は時に辛く、また子供たちは半年以上という長期の入院生活を余儀なくされます。当科では入院生活を少しでも楽しく過ごせるよう色々な工夫をしています。例えば、スタッフによる七夕会やクリスマス会、花火大会見学等のイベント、さらにはWiiの設置、DVD/BDライブラリー、漫画や絵本などの図書の充実(これらは色々な方からの寄付で購入させていただいております)、患者会である『まるっけ会』主催の付き添い家族のお茶会、病気の子供と その兄弟姉妹の作品展、まるで同窓会のようなクリスマス会やバーベキュー大会等、本当にこの子たちは大変な病気なのかと思いたくなるほど笑顔で一杯です。
一方長期入院した子供たちが退院後に不登校がちになってしまう原因の一つとして勉強の遅れがあります。当院では本荘小学校と本荘中学校の分校として『ひばり学級』という院内学級を併設し、しっかりと勉強をするよう時には厳しく指導しています。また年少児のご家族の方には、入院中でも決して甘やかさず、それまでどおりの躾をするように指導をしています。

地域における小児救急医療への貢献

平成14年に当院救急室に開業医師出務型救急『岐阜小児夜間急病センター』を全国に先駆け開設しました。また平成24年10月に岐阜市休日診療所が当院救急 室に移転し『岐阜市休日急病センター』としてリニューアルされました。さらに平成25年9月より深夜帯も毎日当院のスタッフが小児の時間外初期診療に対応させていただくことになりました。これにより平成25年9月より『岐阜小児夜間急病センター』『岐阜市休日急病センター』と合わせ、毎日全ての時間帯において当院で小児の時間外初期診療に対応させていただくことが可能となります。

さらに当院小児科では『岐阜小児夜間急病センター』『岐阜市休日急病センター』のバックアップ、二次輪番病院の担当、近隣の診療所や病院からの時間外紹介受入れなど、小児の二次救急医療も積極的に行っています。

幅広く奥深い診療

小児科医はspecialistである前にgeneralistでもあるべきと考え、先天性心疾患や超低出生体重児など限られた疾患を除き、当科では幅広く小児疾患全般の診療を行っています。
また分野の広さだけでなく、救急外来における一次診療のサポートからICUでの集中治療を必要とする重症例の受け入れにも積極的に関わるなど、重症度についても奥深い診療を心がけています。

▲ページの先頭へ

診療実績

平成21年~平成28年 小児血液疾患センター診療実績

  • 悪性腫瘍(初発):122例
    • 急性リンパ性白血病:64例
    • 急性骨髄性白血病:17例
    • その他の白血病:4例
    • 悪性リンパ腫:11例
    • ランゲルハンス細胞組織球症:5例
    • 固形腫瘍:21例
  • 非腫瘍性血液疾患(初発):202例
    • 再生不良性貧血:10例
    • 血球貪食症候群:15例
    • 溶血性尿毒症症候群:5例
    • 慢性良性好中球減少症:5例
    • Evans症候群:3例
    • 特発性血小板減少性紫斑病:48例
    • 遺伝性球状赤血球症:12例
    • サラセミア:1例
    • 血友病、VWD:11例
    • その他:95例
  • 造血幹細胞移植:29例
    • 同種造血幹細胞移植:23例
    • 自家造血幹細胞移植:6例

▲ページの先頭へ

トピックス

平成30年4月06日更新 Aちゃんの入学式が行われました!

「小児病棟入院中のAちゃんが、長良特別支援学校に入学し、院内で訪問教育を受けることとなりました。本日、お母さん、おばあちゃん、学校の先生方、病院スタッフの約40名が参加し、入学式が行われました。看護師さんに化粧をしてもらい、とっても可愛いAちゃんでしたが、本当は校則違反だったかもしれませんね。入学式のためにお越しいただいた、校長先生はじめ学校関係者の方々、本当にありがとうございました。思い出に残る、素敵な入学式になりました。」

syouni.h300406-1.jpg syouni.h300406-2.jpg
syouni.h300406-3.jpg

平成30年4月02日更新 第3期こどものもり壁画完成しました!

「岐阜市立女子短期大学生活デザイン学科の先生、生徒さんによる壁画作成が、本日終了しました。作成には長期入院の子どもたちも参加し、その模様はNHK、岐阜放送で放送され、新聞報道もされました。今年は外来棟から小児病棟に入る入り口から、病室の廊下にまで森が広がり、とても明るく楽しい空間になっています。今年で3期目となりましたが、今年も統一感と個性が共存する、素晴らしい壁画に仕上げていただきました。春休みを返上し、ボランティアで協力していただいた皆さん、本当に有難うございました。来年も宜しくお願いします。」

syouni.h300402-2-1.jpg syouni.h300402-2-2.jpg
syouni.h300402-2-3.jpg syouni.h300402-2-4.jpg

平成30年4月02日更新 惜しまれつつもピヨ光引退

Sくんが入院中につくった将軍ピヨ光は、5年にわたり小児血液疾患センターの入り口で、メッセージを伝え続けてきました。しかし年齢による衰えには勝てず、惜しまれつつも今年度いっぱいで引退することとなりました。今後ピヨ光は、小児病棟の壁画の中で、隠れピヨ光として生き続けていきます!

syouni.h300402-1-1.jpg

平成30年3月29日更新 久光重貴選手が今年も慰問に来てくださいました!

元フットサル日本代表(湘南ベルマーレフットサルクラブ所属)の久光重貴選手が,今年も小児病棟に慰問に来てくださいました。長期入院中の子どもたちと,小児がんリハビリ室でサッカーを楽しみました。はじめは緊張していた子どもたちも,久光選手の笑顔に引き込まれ,次第にリラックスし楽しい時を過ごしました。最後は子どもたちそれぞれと久光選手が15秒間の1対1勝負をし,負けられない熱い戦いが繰り広げられました。慰問は今年で3回目となり,もはや恒例行事となりつつあります。久光選手も「来年も来ますよ!」と言ってくださっていたので,期待して待っています。
プレゼントもいただき,本当に有難うございました!

syouni.h300329-1.jpg syouni.h300329-2.jpg

平成30年3月20日更新 壁画の色塗り作業が始まります

今年で3期目となりましたが、小児病棟「こどもの森プロジェクト」の一環として、岐阜女子短期大学生活デザイン学科の皆さんとコラボし、壁画作成を行っています。今年は4名の先生方と19名の学生さんに参加していただき、学生さんたちが春休みの3/20~3/30の間、壁画の色塗り作業が行われます。入院患者さん等におかれましては、ご迷惑をおかけするとは思いますが、ボランティアの学生さんたちを暖かな目で見守っていただければ幸いです。

syouni.h300320-1.jpg syouni.h300320-2.jpg

平成30年1月31日更新 誕生日会&節分豆まきが行われました!

毎月恒例となっている長期入院の患者さんの誕生日会が行われました。S君5歳、R君 13歳、S君13歳の誕生日を祝いました。お祝いにはミニオンズがかけつけ、ミニオンズダンスで盛り上がりました。楽しいひと時が終わろうとしたその時、恐ろしい音楽 とともに赤鬼と青鬼が登場!泣き出す子もおり会場はパニックとなりましたが、子どもたちが豆で鬼を退散させました。中には鬼にボールをぶつけるお母さんたちも ...、長い入院でストレスたまってるのかな(笑)。鬼は院外実習中の岐阜大学医学部 の雀(じゃん)君、とよ君がやってくれました。ナイスファイトでした。ありがとう!

syouni.h300131-1.jpg
syouni.h300131-2.jpg syouni.h300131-3.jpg

平成30年1月22日更新 『チーム対抗 新春かるた大会』が開催されました!

企画立案Rちゃんママで、病棟に長期入院中の患者さんを対象にかるた大会を開催しました。ちびっこ&ママの部、小学校低学年の部、小学年高学年&中学生の部に分かれ、主治医チーム毎の団体戦で優勝を争いました。栄えある初代チャンピオンは『ピンクチーム』でした! 初の試みでしたが、大変好評で来年以降も継続していきたいと思います。

syouni.h300122-4.JPG

平成30年1月22日更新 2017年ピヨ光年間MVP決定!

いつも小児血液疾患センターの入り口で、子どもたちを見守ってくれているピヨ光をご存知ですか? スタッフや患者さんが書いたメッセージを掲げ、笑いやクイズ、雑学などを提供してくれています。この度、月間MVPの中から、投票で2017年の年間MVPが決定しました。年間MVPに輝いたのは、Nちゃんの書いた7月の作品でした。Nちゃん、おめでと~!!!!

syouni.h300122-3.jpg

平成29年12月28日更新 病棟クリスマス会が開催されました!

12/22に病棟クリスマス会が開催されました。今年は長期入院中の子のお母さんの提案で、医師による劇が行われました。絵本で昔から親しまれている「おおきなかぶ」をアレンジし、カブが抜けたらサンタさんからのプレゼントだったという演出で、子どもたちにプレゼントが配られました。劇というよりは完全にコントで、子どもも大人もお腹を抱えて大爆笑でした。もちろん恒例の看護学生によるハンドベルや、お菓子の回転レーンも登場し、大満足な時間となりました。おそらく過去最高レベルの大爆笑クリスマス会だったと思います

syouni.h291228-1.jpg syouni.h291228-2.jpg

平成29年12月17日更新 小児病棟はクリスマスムード一色です

小児病棟はエレベーターホールから小児血液疾患センターにかけての廊下がライトアップされ、クリスマスムード一色です。長期入院の子のお母さん(元保育士さん) がつくってくれた壁面(写真)は本当に素晴らしく、病棟保育士として雇いたいくらいです。ありがとうございました!

syouni.h291217-1.JPG syouni.h291217-2.JPG

平成29年12月16日更新 まるっけクリスマス会

今年も恒例のまるっけ会(患者家族会)のクリスマス会を行いました。イベント、縁日、ライブ、工作、ビンゴなど盛り沢山で、冬なのに熱気ムンムンでした。今年は懐かしい顔ぶればかりでなく、現在入院中の子たちも多く参加し、看護師さんも常駐し点滴管理に忙しそうでした!

syouni.h291216-1.JPG syouni.h291216-2.JPG

平成29年7月29日更新 夏祭り開催!

『夏祭り開催!』

長良川の花火大会にあわせ、小児病棟の夏祭りが開催されました。夏祭りらしく、水風船釣り、綿菓子作り、くじなどで楽しんだ後、ナースステーションの電気を消して、みんなで涼しい室内から花火を見物しました。毎年恒例の花火大会便乗イベントで、今年も風流な夜を過ごしました。

syouni.h290729-1.jpg syouni.h290729-2.jpg



平成29年7月27日更新 プラネタリウムがやってきました!

『プラネタリウムがやってきました!』

『星つむぎの村』の皆さんが、子どもたちにプラネタリウムを届けに来てくれました。長期入院中の子どもたち、長期通院中の子どもたち、保護者の皆さん、スタッフなど、みんなで寝転がって星空や広大な宇宙を楽しみました。中には感動で涙する人もチラホラ...。とてもとても素晴らしかったので、来年は規模を拡大してお願いしたいと思います。
『星つむぎの村』の高橋真理子さん、公文典子さん、倉知朝希さん、本当に有難うございました。

syouni.h290727-1.jpg

syouni.h290727-2.jpg
syouni.h290727-3.jpg syouni.h290727-4.jpg



平成29年4月24日更新 小児血液疾患センターリハビリ室、面談室をリノベーションしました

『小児血液疾患センターリハビリ室、面談室をリノベーションしました』

当院では、数年前より、小児血液疾患等で長期入院を余儀なくされる患者さんの、早期リハビリテーションに力を入れています。これまでプレイルームとして使用されていたスペースを、小児血液疾患センターリハビリ室にリノベーションしました。子どもたちが、遊びながら楽しくリハビリできる空間となっています。また兄弟面会などを行う場として使用している面談室も、我が家にいるような安らぎの空間にリノベーションしております。いずれも、岐阜県小児科医会の有志の先生方からいただいた寄付を使用させていただいています。寄付をしていただいた先生方に深謝いたします。

syouni.h290424-1.jpg syouni.h290424-2.jpg


これより前は「みんなの思い出」

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ