外科

《外科外来の週間予定表はこちらです》

概要

当科では、地域がん診療連携拠点病院として消化器がんの外科治療を中心に、胆石・ヘルニア・痔などの良性疾患、そして緊急手術を要する腹部の疾患に対して、質の高い安全な治療が提供できるよう努めております。

現在、上部消化管(食道・胃・小腸)、下部消化管(大腸・肛門)、肝・胆・膵(肝臓・胆のう・膵臓)、救急の各領域に専門のスタッフ(部長)を配置し、このスタッフを中心に診療にあたっています。
そして、消化器内科・放射線科などの診療科・部署と緊密に連絡をとりながら診断し、患者さん・ご家族への丁寧な説明にて病状・治療内容等を充分ご理解いただいて、治療方針を決定するよう心がけています。

また、近年は消化器がんの手術に対しても、より身体への負担の少ない(低侵襲な)腹腔鏡下手術(解説へリンク)を積極的に導入しています。

▲ページの先頭へ

スタッフ紹介

yamada geka2
山田誠 消化器外科(特に上部消化管領域)、一般外科(特にヘルニア)
役職
診療局長(外科系部門)
外科部長
がん診療統括部長
主な資格、認定
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本食道学会食道科認定医
卒業年、主な職歴
平成元年岐阜大学医学部卒
岐阜大学医学部附属病院助手、県立岐阜病院、国保金山病院病院、甲賀病院医長など
米国ロズウェルパーク癌研究所留学
国立がんセンター胃外科留学
osada_geka2905.jpg
長田真二 肝胆膵外科
役職
肝・胆・膵センター長
主な資格、認定
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
卒業年、主な職歴
平成元年卒
米国ビッツバーグ大学留学
東京女子医科大学臨床研修
岐阜大学医学部肝胆膵がん集学的治療学教授
okumura_geka201605
奥村直樹 消化器外科、一般外科、内視鏡外科
役職
内視鏡外科部長
外科部副部長
主な資格、認定
日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本内視鏡外科技術認定医
日本消化管学会胃腸科指導医・専門医
日本乳癌学会認定医
卒業年、主な職歴
平成8年岐阜大学医学部卒
燕労災病院、岐阜大学医学部附属病院臨床講師
米国テキサス大学留学
韓国ヨンセイ大学留学
sasaki_geka201605.jpg
佐々木義之 肝胆膵外科
役職
肝・胆・膵外科部長
外科部副部長
肝・胆・膵センター副センター長
主な資格、認定
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本肝胆膵外科学会高度技能専門医
卒業年、主な職歴
平成10年岐阜大学医学部卒
岐阜県総合医療センター
岐阜大学腫瘍外科臨床講師
sakuratani_geka2905.jpg
櫻谷卓司 消化器外科、一般外科
役職
外科部医長
救急診療部医長
主な資格、認定
日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
卒業年、主な職歴
平成19年滋賀医科大学卒
岐阜県総合医療センター
高山赤十字病院
岐阜大学腫瘍外科助教
uehara_geka201805.jpg
上原万知 外科
役職
外科部医員
救急診療部医員
主な資格、認定
卒業年、主な職歴
平成25年岐阜大学医学部卒
東京都立多摩総合医療センター
geka_sinoda2019.jpg
篠田智仁 外科、消化器外科
役職
外科部医員
主な資格、認定
日本外科学会専門医
日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影認定医
卒業年、主な職歴
平成25年卒
岐阜大学附属病院 腫瘍外科
岐阜県総合医療センター 外科
大垣徳洲会病院 外科
tuciya_geka
土屋博
役職
外科部医員
救急診療部医員
集中治療部医員
主な資格、認定
卒業年、主な職歴
sugie_geka201805.jpg
杉江雄斗
役職
外科部専攻医
主な資格、認定
卒業年、主な職歴
nagata_geka201805.jpg
永田幸聖
役職
外科部専攻医
主な資格、認定
卒業年、主な職歴
平成28年岐阜大学医学部卒
sugiyama-gake
杉山保幸       
役職
副院長
医療安全局長
診療局長(認知症センター)
診療局長(臨床・病理研究部門)
緩和医療科部長
主な資格、認定
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本大腸肛門病学会指導医・専門医・大腸肛門病専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本食道学会食道科認定医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
卒業年、主な職歴
昭和54年岐阜大学医学部卒
米国ロズウェルパーク記念研究所研究員
岐阜大学医学部腫瘍総合外科助教授
帝京大学医学部附属溝口病院副院長、外科教授

▲ページの先頭へ

診療内容

1.各領域の治療内容

1)上部消化管(食道・胃・小腸)
食道がん:

食道がんの手術は、3領域リンパ節郭清(転移の可能性のある頚部・胸部・腹部のリンパ節を摘出すること)を伴う食道切除術を基本としています。年齢・合併症等で上記の手術が困難な場合は、縮小手術や放射線・化学療法を行います。また、近年はよりがんが治る確立を求めて積極的に術前の化学療法を導入しています。

胃がん:

早期の胃がんに対しては、消化器内科がESD(内視鏡下粘膜下層剥離術)を積極的に導入しておりますので、まずは消化器内科でESDの適応を検討します。未分化がんなどでESDの適応がない場合は、腹腔鏡補助下胃切除術や迷走神経温存幽門保存胃切除術などのより低侵襲で機能を温存できる手術を選択します。

進行胃がんの場合は、まずは造影CTを撮影し、深達度(がんの深さ)・周囲臓器への浸潤の有無・リンパ節転移・遠隔転移(肺・肝臓・骨などの遠くの臓器への転移)の有無を放射線科読影医が診断いたします。腹膜への転移が疑われる場合は腹腔鏡検査を行い、確定診断の後に治療方針を決定する場合もあります。
また、進行がんで根治切除(がんを取りきる手術)が困難な場合は、術前化学療法を行うこともあります。

胃粘膜下腫瘍:

近年、超音波内視鏡下穿刺生検の積極的な導入により、以前は経過観察されていた小型の胃粘膜下腫瘍が確定診断される機会が増えました。
この様な患者さんには消化器内科と協同でより低侵襲な腹腔鏡・内視鏡合同手術で胃の局所切除を行っています。

小腸腫瘍:

可能な場合は単孔式を含め腹腔鏡手術を導入しています。

2)下部消化管

大腸(結腸・直腸)がんにおいては、がんの根治性を得るためのリンパ節郭清を伴う手術を基本に、最近では低侵襲手術としての腹腔鏡下結腸・直腸切除を取り入れています。また、機能温存の観点から、直腸がんでの自律神経温存、下部直腸がんでの肛門温存手術も目指しています。
また、人工肛門(ストマ)を造設された患者さんには定期的にストマ外来を受診していただき、皮膚排泄ケア認定看護師を中心に、患者さんの生活に可能な限り支障をきたさないようなアドバイスをさせていただいています。

3)肝・胆・膵

肝・胆・膵領域がんの多くは早期発見が困難なため、診断された時点ではある程度進行していることが多く、正確な術前評価が必要となります。当院では、内科専門医・放射線科医と十分に検討し、安全でかつ根治をめざした手術を心がけています。

膵臓がんや胆道がんは周囲の血管へ浸潤している場合もありますが、血管外科専門医と協同して血管合併切除・再建を行い、根治的切除を目指しています。また、肝臓の合併切除が必要な場合は、術前に経皮的門脈塞栓術を施行して肝臓を肥大させ、より安全な手術を心がけています。

肝がんについては、術前の詳細な診断、肝機能評価、肝切除量を基に術式を決定しています。また、肝臓内科で行うラジオ波焼灼法を組み合わせて病巣を完全に取り除くこと目標としています。

胆石症や胆嚢ポリープについては腹腔鏡下手術を基本としています。炎症の程度が低いケースでは、単孔式(1つの創で手術を行う)を取り入れ、創部のよりよい整容性を目指しています。また,膵良性腫瘍(嚢胞性腫瘍や内分泌腫瘍など)や肝腫瘍の一部についても、患者さんと相談の上、腹腔鏡下手術を積極的に取り入れています。

2.化学療法(抗がん剤治療)

化学療法は、現在国内で行われている標準的な治療を中心に、術後補助化学療法のほか、進行・再発癌に対して、新しい分子標的薬を併用した化学療法も行っています。外来化学療法センターでがん化学療法認定看護師、薬剤師とともにチーム医療として安全で安心できる治療に心がけています。
また、臨床試験として最新の治療法を提示させていただき、患者さんの同意のもとに行う場合もあります。

3.地域連携

当院は岐阜県下で初めて認定された地域連携支援病院として、患者さんのかかりつけ医と密に連携をとって診療にあたっています。術後の投薬や採血等はかかりつけ医さんで行っていただき、当院でCTや内視鏡等の定期的検査を行う体制を可能な限りとっております。

また、5大がん(肺がん・乳がん・肝がん・胃がん・大腸がん)の地域連携パス(5大がん地域連携クリティカルパスの紹介ページへリンク)を数年前から岐阜市医師会とがん拠点病院で作製し、平成23年秋から本格運用を始めました。当科におきましても、胃がん・大腸がんで導入しており、開始あるいは外来受診にあたっては専門の5大がん地域連携パスコーディネーターが、詳しく説明させていただきます。

▲ページの先頭へ

解説

腹腔鏡手術:

『腹腔』とは『おなかの中の空間』のことを、腹腔鏡の『鏡』とは『カメラ』のことを意味します。つまり、腹腔鏡下手術では、腹腔鏡と呼ばれる棒のような、あるいは先端が曲がるカメラを『おなか』の中に挿入し、外科医の目のかわりにテレビモニターにおなかの中を映し出しながら手術を行います。
一方、おなかを開き外科医が自分の目で見ながら、手を直接おなかに入れて手術をする従来からの手術を腹腔鏡下手術に対して『開腹手術』と呼びます。
実際の腹腔鏡下手術では、腹腔鏡下手術専用の道具を使いながら、ふだんの開腹手術と同じように悪い臓器を切除したり、縫い合わせたりします。

腹腔鏡下手術は1987年に海外で、1990年に日本で腹腔鏡下胆嚢摘出術から始まりました。1992年に健康保険が適用されるようになって急速に普及し、日本内視鏡外科学会の調査では、1995年頃からは胆嚢摘出術の約8割が腹腔鏡下に行われるようになっています。
1994年には、肺切除術・鼠径ヘルニア手術・婦人科手術、1995年には胃切除術・大腸切除術などが健康保険の適用となり、現在では、消化器系・呼吸器系・婦人科系・泌尿器科系などの様々な分野の鏡視下手術が健康保険の適用となっています。

腹腔鏡下手術の長所(利点)は、おなかを大きく切らず、数mmから数cmほど小さく切るだけで手術を行いますので、患者さんの手術後の痛みが非常に少ないことです。
痛みが少ないことから、術後早くから歩くことができます。また、手術後の胃や腸の動きの回復が開腹手術と比べて早く、食事が術後早くから開始できます。
従って、一般に退院も早く、日常生活や仕事などへの社会復帰も早くから可能となります。そして、腹腔鏡下手術の場合は数年もすると傷跡は目立たなくなり、傷跡を気にせずに温泉や海に行くことができる利点もあります。

一方、腹腔鏡下手術の短所(欠点)としては、今までのおなかを切る手術とは異なり、平面画像のテレビモニター画面を見ておこなう特殊な手術ですから、外科医には高度な技術が要求されます。
人間の指などで臓器に実際に触れることができないことや特殊な細い手術道具の使用法を外科医が習熟しなければいけないことなども手術を難しくしています。
また、開腹手術とは異なる様々な専用の手術器具が必要なことも短所の一つかもしれません。非常に細かい丁寧な手術操作のために、一般には開腹手術より手術時間が長くなります。

最近、臍の部分など一ヶ所だけを小さく切って行う単孔式腹腔鏡下手術が普及してきています。2007年に初めて、米国のグループが腹腔鏡下胆嚢摘出術に成功して以来、胆嚢摘出術を中心に急速に広まっている手術方法です。おなかを小さく数ヶ所切る従来からの腹腔鏡下手術に比べて、外科医にはより高度な技術が要求されますが、患者さんにとって傷が一つである利点は大きく、今後徐々に普及していくと思われます。

▲ページの先頭へ

診療実績

疾患別手術症例数
疾患名手術法H24H25H26H27H28
胃がん開腹手術 79 67 55 59 63
腹腔鏡下手術 7 7 10 10 18
大腸がん開腹手術 89 72 65 96 130
腹腔鏡下手術 25 22 43 26 34
肝臓がん(原発・転移性含む)・胆のうがん開腹手術 26 29 26 15 13
腹腔鏡下手術 2 3 0 1 7
膵腫瘍(良性・悪性含む)・胆管がん 21 20 21 25 29
胆石症開腹手術 24 26 27 18 22
腹腔鏡下手術 116 105 116 97 124
ヘルニア(鼠径・他のヘルニア含む)開腹手術 95 149 111 133 131
腹腔鏡下手術 4 3 13 20
虫垂炎開腹手術 62 55 36 61 86
腹腔鏡下手術 2 6 9 2 13
その他 219 172 242 202 163
総手術件数 765 734 764 758 853

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ