市民病院の目標とその取り組み

市民病院の目標

岐阜市民病院の理念「心にひびく医療の実践」

【基本方針】

 1 患者さんの権利を尊重し、心温まる医療を行います。
 1 安全で信頼されるチーム医療を行います。
 1 地域の医療機関と連携し、患者さん中心の継続した医療を行います。
 1 地域の中核病院として、最新かつ高度な医療を提供できるよう努めます。
 1 職員が生き生きと働くことができる環境づくりに努めます。
 1 病院の理念を理解し、専門性を持った人材を育成します。

【今年度の目標】
・人材育成やチーム医療の推進により、高度で専門的な医療の提供に努めます。
・重症患者管理病床を整備し、救急及び重症患者受入体制の充実を図ります。
・必要な人材を確保し、経営の健全化に努めます。

▲ページの先頭へ

市民病院の構成

 岐阜市病院事業管理者 冨田 栄一
 病院長 太田 宗一郎
 副院長 山田 誠
 院長補佐 谷川原 徹哉
 医療安全局長 谷川原 徹哉
 診療局長(内科系部門) 杉山 昭彦
 診療局長(外科系部門) 白戸 弘道
 診療局長(がんセンター) 澤 祥幸
 診療局長(災害・救急医療センター) 小塩 信介
 診療局長(認知症センター) 山田 誠
 診療局長(中央部門) 山田 誠
 診療局長(中央部門) 西垣 和彦
 診療局長(中央部門) 加藤 則廣
 診療局長(臨床・研究部門) 笠原 千嗣
 医療推進局長 山田 誠
 看護専門学校長 西垣 和彦
 看護局長 島塚 裕美子
 事務局長 疋田 宗義
 事務局次長 林 秀行

▲ページの先頭へ

市民病院の行動計画における重点項目

令和2年度行動計画における重点項目(準備中)

令和元年度行動計画における重点項目

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ