臨床指標について

臨床指標は、医療の質を評価するために具体的な数値を示したものです。
医療の質は、一般的には構造(ストラクチャー)・過程(プロセス)・結果(アウトカム)の3つの要素から評価します。

  1. ストラクチャー
  2. プロセス
  3. アウトカム
・・・施設、医療機器、スタッフ等
・・・診療や看護の内容
・・・治療成績等

当院は、医療の質を向上させるために、指標の改善に取り組んでおり、現在当院が重要と考える指標を公開しています。
また当院は、平成25年度から一般社団法人日本病院会が主催する臨床指標推進事業「QIプロジェクト」に、平成26年度から公益社団法人全国自治体病院協議会が主催する「医療の質の評価・公表等推進事業」に参加し、各団体が指定する様々な臨床指標を用いて、医療の質の向上に努めています。それぞれの指標の内容と指標値は下記リンクからご確認いただくことができます。

リンク
 (一社)日本病院会「QIプロジェクト」
 (公社)全国自治体病院協議会「医療の質の評価・公表等推進事業」 
           

▲ページの先頭へ

平成28年度 岐阜市民病院臨床指標

1.患者満足度(外来)
2.患者満足度(入院)
3.新入院患者数(一般病棟)
4.病床利用率(一般病棟)
5.平均在院日数(一般病棟)
6.地域医療支援病院に係る紹介率
7.救急車搬送患者数
8.入院患者の転倒・転落発生率(一般病棟)
9.入院患者の褥瘡の新規院内発生率(d2以上)(一般病棟)

1.患者満足度(外来)

◆解説
患者満足度(外来)は、外来を受診された患者さんに対して実施したアンケートのうち、「全体としてこの病院に満足していますか?」の設問に「満足」・「やや満足」と回答した患者さんの割合を表したものです。
多くの患者さんから概ねよい評価をいただいておりますが、反面、「不満」を感じておられる方から、貴重なご意見もいただいております。私たちはそうしたご意見を真摯に受け止め、次の改善につなげることで、より多くの患者さんに満足していただける病院を目指します。

touin.rinsyosih28-01.png

◆アンケート実施時期
平成28年11月7日(月)~11日(金)5日間
◆集計方法
アンケート配布枚数:1,719枚(5日間) 回収枚数:1,591枚 回収率:92.6%
【設問】「全体としてこの病院に満足していますか?」に対する【回答】
「満足/やや満足/どちらでもない/やや不満/不満」のうち、「満足」または
「やや満足」と回答のあった枚数の割合を算出。(有効回答数:1,479枚)

2.患者満足度(入院)

◆解説
患者満足度(入院)は、対象期間内に入院しておられた患者さんに対して実施したアンケートのうち、「全体としてこの病院に満足していますか?」の設問に「満足」・「やや満足」と回答した患者さんの割合を表したものです。
外来同様、多くの患者さんから高い評価をいただいております。今後も、療養環境の整備や接遇の向上に取り組み、一人でも多くの患者さんにご満足いただけるよう努力してまいります。

touin.rinsyosih28-02.png

◆アンケート実施時期
平成28年11月7日(月)~13日(日)7日間
◆集計方法
アンケート配布枚数:589枚(7日間) 回収枚数:300枚 回収率:50.9%
【設問】「全体としてこの病院に満足していますか?」に対する【回答】
「満足/やや満足/どちらでもない/やや不満/不満」のうち、「満足」または
「やや満足」と回答のあった枚数の割合を算出。(有効回答数293枚)

3.新入院患者数(一般病棟)

◆解説
新入院患者数は、当院に新たに何人の患者さんが入院されたかを示す数値です。「地域医療支援病院」・「地域がん診療連携拠点病院」である当院は、地域の医療機関からの紹介や救急搬送などにより、入院の必要な患者さんを多く受け入れており、新入院患者数は年々増加しています。より多くの患者さんを受け入れられるよう、効率的かつ適切な医療の提供と退院支援に努めています。

touin.rinsyosih28-03.png

◆定義
再入院を問わず、院外から当院一般病棟(ICU・ハイケアユニットを含む)に入院した患者数を年度ごとに集計

4.病床利用率(一般病棟)

◆解説
病床利用率は、病床(ベッド)がどれだけ利用されているかを示す数値です。数値が高いほど効率よく病床が利用されていることを表します。新入院患者さんが増加するなかで、より多くの患者さんを受け入れるには、適切なベッドコントロールが重要となってきます。当院では、「入院センター」を設置し、適切な病床管理と患者さんのスムーズな入院のサポートを行っています。

touin.rinsyosih28-04.png

◆定義
    毎日0時現在の一般病棟在院患者数の1年間の合計
------------------------------------------------------------------ ×100
一般病棟の許可病床数(559床)×365日(平成27年度は366日)

5.平均在院日数(一般病棟)

◆解説
平均在院日数は、入院患者さんが平均して何日間在院したかを示す数値です。医療の効率化を表す指標の一つであり、短いほど医療費抑制につながるとも言われています。在院日数を短縮するには、適切な治療だけでなく、退院に向けての支援、地域の病院・診療所・施設との連携などが必要になります。平均在院日数を把握することで、急性期病院としての総合的な取り組みを評価します。

touin.rinsyosih28-05.png

◆定義
     年間在院患者延べ数
------------------------------------------- ×100
(年間新規入院患者数+年間退院患者数)/2

6.地域医療支援病院に係る紹介率

◆解説
紹介率は初診患者さんのうち、他の医療機関からの「紹介状」により受診された患者さんの割合を表します。当院は、「地域医療支援病院」として、皆さんのかかりつけ医や地域の医療機関と連携し、より専門的な検査や治療が必要な患者さんに対する医療の提供に努めています。当院を初めて受診する場合、かかりつけ医などからの「紹介状」をお持ちいただきますと、今までの治療経過を生かして当院の診療がスムーズに行えますし、初診時特定療養費(保険適応外 5,400円)を負担していただく必要がありません。

touin.rinsyosih28-06.png

◆定義
   他の病院又は診療所から紹介状により紹介された初診患者の数
----------------------------------------------------------------------------------×100
初診患者の数(初診救急車搬送患者数および初診休日夜間救急患者数を除く)

7.救急車搬送患者数

◆解説
救急車搬送患者数は、救急車によって搬送された患者さんの人数を示したものです。当院は岐阜市二次救急病院群輪番制に参加し、積極的に救急患者さんを受け入れており、救急車搬送患者数は年々増加しています。地域の救急医療を守ることも、公立病院である当院の使命と考えています。

touin.rinsyosih28-07.png

◆定義
救急車により当院に搬送された患者数を年度ごとに集計

8.入院患者の転倒・転落発生率(一般病棟)

◆解説
入院中の患者さんが何かの拍子に転ぶ(転倒)、またはベッドや車いすから落ちる(転落)といった事例が発生した割合を示す数値です。数値が低いほど、転倒・転落の発生が少ないことを表します。当院では、全ての入院患者さんのお身体の状態を、患者さんやご家族からお話を伺いながら確認し、転倒・転落の危険性がある場合は、患者さんと相談のうえ、事前に予防対策を実施することで、転倒・転落事例の発生防止に努めています。また、転倒・転落事例が発生した場合は、原因を全て分析し、以降の対策につなげる取り組みを行っております。

touin.rinsyosih28-08.png

◆定義
医療安全推進室へインシデントレポート(※)が提出された転倒・転落件数
------------------------------------------------------------------------------- ×100
             月間入院延べ患者数
※日常の医療現場において傷害が発生した事例や傷害をもたらす可能性があった事例 
(ひやりはっと)に関する報告書。

当院は、平成25年度より(一社)日本病院会が主催する臨床指標推進事業「QIプロジェクト」に参加し、臨床指標を用いた医療の質向上に努めております。この指標は、QIプロジェクトで定められた指標の一つで、指標値を毎月算出するとともに、参加病院と指標値の比較を行っております。

9.入院患者の褥瘡の新規院内発生率(d2以上)(一般病棟)

◆解説
当院に入院された患者さんのうち、入院中に新規で褥瘡(床ずれ)が発生した患者さんの割合を示す数値です。当院では褥瘡対策委員会を設置し、皮膚科医、褥瘡対策専属看護師を中心とした多職種からなるチーム医療で、褥瘡の発生防止と治療を行っています。
入院された全ての患者さんのお身体の状態を、患者さんやご家族からお話を伺いながら確認し、褥瘡が発生する危険性が高いと判断された場合には、事前に予防対策を実施し、新規発生の防止に努めています。

touin.rinsyosih28-09.png

◆定義
調査期間内における分母対象患者のうち、d2以上の褥瘡の院内新規発生患者数
---------------------------------------------------------------------------------- ×100
              月間入院延べ患者数

【褥瘡とは】
寝たきりなどによって、体重で圧迫されている場所の血流が悪くなったり滞ることで、皮膚の一部が赤い色味をおびたり、ただれたり、傷ができてしまうことです。一般的に「床ずれ」ともいわれています。(日本褥瘡学会ホームページより引用)
【d2とは】
日本褥瘡学会が定めた褥瘡経過評価(DESIGN-R)での褥瘡の深さを表すもので、d2以上は発生場所に何らかの損傷が認められたものを指します。

~参考資料~ 日本褥瘡学会 DESIGN-R(2008年改訂版褥瘡経過評価用)

Depth(深さ)内容)
d0 皮膚損傷・発赤なし
d1 持続する発赤
d2 真皮までの損傷
D3 皮下組織までの損傷
D4 皮下組織を超える損傷
D5 関節腔、体腔に至る損傷
DU 深さ判定が不能の場合

当院は、平成25年度より(一社)日本病院会が主催する臨床指標推進事業「QIプロジェクト」に参加し、臨床指標を用いた医療の質向上に努めております。この指標は、QIプロジェクトで定められた指標の一つで、指標値を毎月算出するとともに、参加病院と指標値の比較を行っております。

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ