消化器内科の外来診療あるいは入院診療を受けられた患者さんへ

当科ではよりよい診療を行うため、種々の臨床研究を行っております。通常、臨床研究を実施する際には文書もしくは口頭で説明・同意を行い、実施しますが、臨床研究のなかでも、患者さんへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いる研究等については、国が定めた指針に基づき、対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません。しかし、そのような場合においては、研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされております。
このような手法を「オプトアウト」と言います。当科で行っている、オプトアウトを用いた臨床研究は以下の通りです。なお、研究への協力を希望されない場合には、それぞれに記載されている研究責任者あるいは主治医までお知らせください。その場合でも患者さんが不利益を被ることは一切ありません。

「肝門部悪性胆管狭窄に対するStent-in-stent型メタリックステント留置後の内視鏡的re-interventionにおけるリスク因子の検討~多施設共同後ろ向きコホート研究~」への協力のお願い

肝癌と診断された患者さんへ

「肝細胞癌患者さんに対する分子標的薬治療の臨床効果についての検討」への参加のお願い


ページの先頭へ