栄養管理室

栄養管理室

栄養管理室は、「安心安全な給食の提供」「適切な栄養管理の実践」を理念にかかげ、入院中の患者さん、外来の患者さんのサポートに努めております。入院中の患者さんには、栄養サポートチーム(NST)の一員として、病状に応じた栄養療法を実践し、治療効果やQOLの向上に役立てるように努力しています。また入院生活において、食事は楽しみでもありますので、安全でおいしい給食の提供に心がけています。さらに楽しみが増えるように、毎日の選択給食も行っていきます。
外来の患者さんには、栄養相談を通じて、個々の患者さんに合わせた食生活や生活習慣の改善が無理なく行えるよう支援をさせて頂いております。

▲ページの先頭へ

選択給食

一般食(常食・妊産婦食・学童食)、エネルギーコントロール食の患者さんには、毎食選択メニューを提供しています。朝食はごはん食とパン食、昼食と夕食は献立A食と献立B食をご用意しておりますので、お好きな方を選んでいただけます。

eiyou01

eiyou02

▲ページの先頭へ

祝い膳

当院でご出産された患者さんに、祝福の気持ちを込めて「祝い膳」の提供を行っています。提供日は、退院前の月・火・木・土曜日のいずれかの夕食です。
お料理は、和食と洋食をご用意しておりますので、お好きな方を選んで頂けます。また洋食の場合、メイン料理をお肉かお魚、主食をライスかパンでお選び頂けます。
スタッフ一同、心を込めて提供いたします。

eiyou03-2.png

※内容は季節により若干変更することがございます。

▲ページの先頭へ

NST活動

患者さんの栄養状態の改善を目的として、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師と共に毎週1回のカンファレンスと回診を行っております。必要に応じて、褥瘡チームや嚥下チームとも連携をとって活動しております。各スタッフが、専門性を生かしながら患者さんと向き合い、患者さんに寄り添った栄養サポートができるよう心がけています。
当院は、2007年にNST稼働施設認定を受けました。NSTサポートチーム専門療法士を管理栄養士2名、看護師5名、薬剤師1名が取得しております。

NST1

NST2

▲ページの先頭へ

ニュークックチル

患者さんのお食事を調理している厨房は、西病棟の新築に伴い、オール電化の最新設備を備えた厨房に新設されました。また調理も、「安全性」「食事サービスの充実」をモットーに『ニュークックチルシステム』という新しい方法を、東海地区で初めて導入しております。
ニュークックチルシステムとは、加熱調理したものを急速冷却してチルド保存し、チルドのままお皿に盛付し、再加熱カート(配膳車)に入れ、お食事の時間に合わせて再加熱カートの中で温かい料理は温められ、冷たい料理はそのまま冷たい状態を保って提供されます。そのシステムの導入により、安全で、温かい料理を召し上がっていただけるようになりました。また、2~3日前より計画的に調理するため、ご希望の患者さんには、毎日の食事を選んでいただけるようになりました。(食事の種類によっては選んでいただけない方もみえます)

▲ページの先頭へ

がん治療の食事について

化学療法・放射線療法の副作用により食欲が低下している患者さんのための食事として、「アシスト食」「個別対応食」をご用意しております。
アシスト食は、主食を「ごはん(粥)」「パン」「めん」から毎食選んでいただくことができ、おかずは、あっさりしたものや味付けのしっかりしたものを組み合わせ、味覚障害のある方でも食べやすいように工夫した食事です。
個別対応食は、栄養士が患者さんとお話をし、患者さん一人一人の症状に合わせた内容を考えて、お出しする食事です。

eiyou04

eiyou05

eiyou06

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ