呼吸器・腫瘍内科

《呼吸器・腫瘍内科の週間予定表はこちらです》

概要

呼吸器・腫瘍内科の中に呼吸器内科部門と腫瘍内科があり、呼吸器疾患全般を総合的に診療しています。
呼吸器内科では特に肺癌には癌告知、説明と同意を徹底し、癌化学療法・放射線治療・外科手術を組み合わせた集学的治療を行い治療成績を向上させています。医学的理由で手術困難な早期肺癌には体幹部定位照射(ピンポイント照射)も行っています。呼吸不全の急性期~亜急性期の包括的治療も行っています。平成12年からは睡眠時無呼吸症候群診断のための睡眠ポリグラフ装置を導入しています。

▲ページの先頭へ

スタッフ紹介

yoshida kokyukisyuyonaika
吉田勉 呼吸器一般、呼吸リハビリ
役職
呼吸器内科部長
呼吸器腫瘍内科部長
呼吸器病センター長
外来化学療法部副部長
主な資格、認定
日本内科学会内科指導医・認定内科医・専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
卒業年、主な職歴
平成2年岐阜大学医学部卒
大阪府立呼吸器アレルギーセンター
ishiguro kokyukisyuyonaika
石黒崇 呼吸器一般、肺がんの治療(抗がん剤、緩和治療)
役職
呼吸器内科部副部長
緩和ケアセンター長
緩和医療科部副部長
主な資格、認定
日本内科学会内科指導医・総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本呼吸器内視鏡学会指導医・専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法指導医・専門医
日本緩和医療学会指定指導医
卒業年、主な職歴
平成11年岐阜大学医学部卒
平成11年岐阜市民病院勤務
平成13年9月~10月北海道地方がんセンター(平成13年度がん治療に従事する医師の研修)
horiba kokyukisyuyonaika
堀場あかね 呼吸器一般、呼吸管理
役職
呼吸器内科部副部長
主な資格、認定
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
卒業年、主な職歴
平成15年卒
hutamura kokyukisyusyonaika
二村洋平 呼吸器一般
役職
呼吸器内科部医員
主な資格、認定
日本内科学会認定内科医 
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
卒業年、主な職歴
平成19年岐阜大学医学部卒

▲ページの先頭へ

診療内容

気管支鏡検査

呼吸器・腫瘍内科では、気管支鏡検査と気管支鏡による悪性腫瘍の治療も行っています。気管支鏡検査は胃内視鏡(胃カメラ)と同様、ある程度の苦痛を伴うため、通常、レントゲン検査、CT検査、血液検査、喀痰検査など、楽な検査を行い、その結果異常があった患者さんのみに実施しています。目的に応じて、蛍光内視鏡、超音波内視鏡、細径内視鏡、極細径内視鏡等を使い分けています。
当院は、日本呼吸器内視鏡学会の認定を受けた施設であり、日本呼吸器内視鏡学会認定指導医が常勤として勤務しており、検査を実施する医師もすべて日本呼吸器内視鏡学会の会員で、気管支鏡検査に習熟しています。

気管支鏡の検査日は、通常、月、火、木、金の午後ですが、主治医により検査日が異なることがあります。検査に際しては、予め、朝食後は、食事をとらずに実施します。これは、検査前に食べたものが、誤って気管に入るのを防ぐためです。
検査前に、注射と麻酔薬の噴霧吸入を行い、できるだけ検査時の苦痛を軽減するよう心がけています。検査内容にもよりますが、一般的に内視鏡を気管支に入れている時間は20分から30分程度です。
検査後は、麻酔が醒めるまで約2時間ベッドで休んでもらいます。生検や処置により検査後3日間は痰に血が混じったり、熱が出ることがありますが、通常3日以内に消失します。

気管支鏡による治療

気管支に腫瘍ができて、内視鏡でしか治療できない場合があります。このような場合の治療法として、呼吸器内科では

(1)気管支鏡下エタノール注入療法

kikannsigan
ebus
治療前の気管癌 エタノール注入療法後
EBUS

(2)半導体レーザーによる腫瘍焼灼術

laiser1
laiser2 handoutai
レーザー治療前の腫瘍
レーザー治療後の気管支
半導体レーザー治療装置

(3)高周波スネアによる腫瘍摘除術 が可能です。治療に際しては、内視鏡による治療が良いのか、通常の手術や、抗癌剤、放射線治療の方がよいのか、よく検討し、内視鏡でしか治療手段がない場合か、内視鏡で治療した方が苦痛が少ない場合に限ってに実施しています。
気管支鏡による治療は根本的な治療ではないため、根治術が可能な場合は、手術をお勧めしています。

睡眠時無呼吸検査

睡眠時無呼吸症候群の診断のために、睡眠ポリグラフ検査装置を導入しています。この検査は、睡眠中の呼吸状態を調べる検査のため、入院が必要です。
検査は、特殊なモニター(脳波,酸素飽和度、胸郭運動、筋電図、呼吸気流など)を装着した状態で一晩病院で眠ってもらい、これらのモニターしたデータをコンピュータで解析します。
alice3
米国ヘルスダインテクノロジーズ社製
睡眠ポリグラフ「アリスIII」

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群と診断された患者さんで、この病気により日常生活に障害がでている場合には、鼻CPAP装置で治療します。

cpap
bilevel
米国レスピロニクス社製Bi-level方式鼻CPAP治療装置

vela

▲ページの先頭へ

診療実績

外来患者数は100人/日で慢性閉塞性肺疾患、喘息、呼吸不全、肺癌、びまん性肺疾患が多い。入院は呼吸器内科として50床で主に肺癌化学療法患者である。新規肺癌入院患者は年間100人、気管支鏡年間350人。

手術不能進行肺癌にはプラチナ系を中心に新抗癌剤や分子標的薬を組み合わせた多剤併用化学療法を実施し奏効率は病期、患者背景に差はあるものの40~70%である。副作用軽減のため新抗癌剤の導入、化学療法患者管理システム、種々の副作用治療薬などQuality of Lifeに積極的である。
限局型進行肺癌には多剤併用化学療法と放射線療法の併用を行い奏効率60%で著効例ではさらに外科手術を組み合わせる集学的治療を行う。
放射線療法は専任の放射線治療医とともに多分割照射法、体幹部定位照射(ピンポイント照射)に取り組み、治療効果の向上と副作用軽減をはかっている。ホスピスはなく末期癌ケアの設備はないので、岐阜地区のホスピスを有する病院に紹介している。がんに伴う苦痛がある患者には、早期から緩和医療を導入している。

呼吸不全治療を目的に呼吸ケアチームを中心に人工呼吸・肺循環管理を行う。人工呼吸器離脱後はリハビリテーション部と協力し呼吸理学療法プログラムを実施し、諸条件の整った患者には地域連携部と協力し、在宅訪問診療・看護を実施している。

肺結核は結核病棟が平成10年12月末で廃止されたため入院診療は行なっていない。非感染性結核は原則として外来で治療する。

▲ページの先頭へ

医療設備

320列HR-CT、MRI、DSA、UCG、リニアック、体幹部定位照射、半導体レーザー、高周波治療装置、電子内視鏡、超音波内視鏡、睡眠ポリグラフ

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ