病理診断科部

概要

病理診断科部では、手術または検査の目的で採取された臓器、組織、細胞を顕微鏡で観察して、病気(疾患)の診断や原因(病因)の究明をしています。
病理診断科部の業務は、病理組織検査、細胞診検査、病理解剖の3分野に分かれています。

▲ページの先頭へ

スタッフ紹介

医師紹介

byouri.t-tanaka
田中卓二 病理学、細胞診、がん予防、毒性病理学
役職
病理診断科部長
病理診断研究センター長
主な資格、認定
死体解剖資格
病理専門医
細胞診専門医・指導医
国際細胞学会フェロー
毒性病理学専門家
病理専門医研修指導医証
卒業年、主な職歴
昭和51年岐阜大学医学部卒
昭和53年4月岐阜大学助手(医学部附属病院・中央検査部)
昭和58年7月~昭和60年6月 American Health Foundation,Naylor Dana Institute(New York)、Visiting Scientist
平成2年7月岐阜大学講師(医学部・病理学第1講座)
平成3年9月岐阜大学助教授(医学部・病理学第1講座)
平成9年10月金沢医科大学腫瘍病理学(第1病理)主任教授
平成21年6月株式会社東海細胞研究所所長
平成25年6月同顧問、朝日大学客員教授
watanabe syoukakinaika
渡部直樹
役職
病理診断科部医長
消化器内科部医長
病理診断研究センター医長
主な資格、認定
死体解剖資格認定
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
臨床研修指導医
日本旅行医学会認定医
卒業年、主な職歴
平成17年卒
受賞歴
第79回日本病理学会中部支部交見会学術奨励賞受賞

▲ページの先頭へ

病理組織検査

手術で摘出された組織を、病変の部位が
見やすいように病理医が切り出します。
切り出した病変をパラフィンという
蝋で固めてブロックを作製します。
ブロックを厚さ2/1000mm(2ミクロン)
という薄さで薄切します。
薄切した切片にHE染色を施した標本を、
病理医が顕微鏡で観察して
病気の診断をします。
HE染色をした顕微鏡画像です。HE染色では、
核を紫色に、細胞質を桃色に染め分けて
観察しやすくしています。

▲ページの先頭へ

免疫組織化学染色

免疫組織化学染色とは、抗原抗体反応を利用して、組織中の特定の抗原を検出する染色方法です。
HE染色だけでは診断できない場合の補助的な役割や、病理診断を裏付ける確証となります。
byori-meneki1
免疫染色装置
byori-meneki2 byori-meneki3 byori-meneki4

B細胞に特異的なCD20、CD79aという抗原を検出し、B細胞性のリンパ腫であると診断します。

▲ページの先頭へ

分子標的治療

分子標的治療とは、がん細胞だけに存在する特徴的な部分(標的分子)のみを攻撃し、副作用が少なく、高い治療効果を期待できる治療法です。当院では以下の標的分子を検出しています。

標的分子適応される疾患分子標的薬
HER2 乳がん、胃がん トラスツズマブなど
EGFR 非小細胞肺がん、大腸がん ゲフィチニブ、セツキシマブなど
ALK 非小細胞肺がん クリゾチニブなど
byori-bunsi1 byori-bunsi2 byori-bunsi3

▲ページの先頭へ

細胞診検査

尿や喀痰に含まれる細胞や、子宮癌検診、腫瘍の穿刺などで採られた細胞を染色し、顕微鏡で観察することによって悪性(癌)細胞の有無を調べる検査です。
細胞検査士という専門の技師が担当し、異常な細胞を認めたときは病理医が最終判定を行ないます。

胸水中に出現した
肺がん細胞
子宮頸部から擦過された
子宮頸がん細胞
乳腺腫瘤を穿刺して得られた
乳がん細胞

▲ページの先頭へ

病理解剖

ご遺族の承諾のもと、病死された患者様のご遺体を解剖させていただき、治療の妥当性や死因の解明を行います。

▲ページの先頭へ

診療実績

最近の実績は下記のとおりです。

  1. 学会等認定制度による施設認定(2016年度)
  2. 診断実績(2016年度)
  3. CPC(解剖検討会)(2016年度)
  4. 学会発表(2016年度)
  5. 学術関係論文(2016年度)
  6. 学術奨励賞受賞(渡部 直樹)
    byori-jyusyo300409.jpg
  7. 著書
①新毒性病理組織学(西村書店)
分担執筆
②Inflammation and Cancer (MDPI)
編者
byori-tyosyo1.jpg byori-tyosyo2.jpg

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ