感染対策部

感染対策室

医療安全の普及と指導を統括する医療安全局の一部門である感染対策部をコアとし、施設内のさまざまな部署を加えて感染対策委員会を構成しており、入院患者さんと、その家族のみならず、来訪者や医療従事者を感染症から守る使命を担っています。
また、感染対策の専任者である感染制御看護師を配置し、医師、薬剤師、検査技師と協働して感染対策チーム(ICT:infection control team)を編成し、日々の感染管理をおこなっています。

業務内容

  • 院内環境ラウンド
  • 病原体別感染症対策・防止技術の具体的指導
  • 医療関連感染サーベイランス
  • 感染管理コンサルテーション
  • 血液・体液曝露(針刺し等)の防止と曝露後の対応
  • 感染管理教育(院内・院外)
  • 岐阜県感染症発生動向調査週報や、その他感染症情報を活用した啓蒙活動
  • 感染対策マニュアルの改訂
  • 抗菌薬適正使用に対し介入
    AST(抗菌薬適正支援チーム)2018年4月より開始
    抗菌薬・消毒薬、感染症学、疫学、統計学等の知識をもとに以下の業務を行う
    1.抗菌薬使用量調査→14日以上継続使用患者対象
    ・耐性菌発現防止のための抗菌薬適正使用の推進
    ・薬物血中モニタリングとして抗菌薬の血中濃度測定と処方設計への関与
    2.院内研修の開催
    3.コンサルテーションを受け適切な使用を提案
    4.1~2回/週 症例検討会を開催
    血液培養陽性患者、侵襲的処置が施されている患者、ICU・HCU入室患者、広域抗菌薬使用患者、治療に難渋している症例を抽出し、投与について検討
    5.採用抗菌薬の選定

ICTコアメンバー構成

  • 感染対策部長
    泌尿器科医師(感染制御医/抗菌化学療法認定医)
  • 感染対策室長及び感染対策部副部長
    麻酔科医(感染制御医)
  • 感染対策部副部長
    消化器外科医師(感染制御医)
  • 看護師2名
    (感染管理認定看護師/専従・兼任各1名)
  • 薬剤師3名
    (感染制御医/感染制御専門薬剤師/感染制御認定薬剤師/抗菌化学療法認定薬剤師)
  • 臨床検査技師2名

取り組み

玄関ホールに掲示し、院内での感染防止にご協力をお願いしております。

kansen20180704-01.jpg

感染症対策研修会

毎月1回感染症対策勉強会を開催しており、ICTチームメンバーや、外部からの担当者が講師を担っています。
kansen20180704-02.jpg

法令研修として感染症対策講演会を開催しています。
kansen20180704-03.jpg 結核とは?
基本的なことも学ぶことができました。
kansen20180704-04.jpg

kansen20180704-05.jpg 多くの方に参加してもらえるようサテライト会場を設営して開催しています。
院内・院外の参加者が多数集まりました。 kansen20180704-06.jpg

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ