緩和医療センター

緩和ケアとは

病気により、身体面、精神面、経済面など様々な問題に直面すると思います。緩和ケアは、このような問題が生活の障害とならないように対処することで、生活の質を改善し、患者さんやご家族が自分らしく生活を送ることができるようにサポートすることです。 緩和ケアは、治療と並行して行われるものであり、決して終末期に行うものではありません。がんや非がんでも「早期からの緩和ケア」が推奨されています。苦痛と感じることが軽減できるよう、患者さんやご家族のサポートを行っています。

▲ページの先頭へ

緩和ケアセンター・緩和医療センターの紹介

平成19年4月1日より、がん対策基本法が施行され、その中で緩和医療の推進が重点課題の一つとして取り上げられました。従来の緩和医療は、緩和ケア病棟(ホスピス)でがんの終末期に実施されるものと認識されていましたが、最近では『がんと診断された時から開始されるべきもの』と考えられるようになっています。当院ではこのような時勢に遅れることなく、良質で高度な緩和ケアの実践を目的として、平成25年4月より緩和ケアセンターを設置いたしました。また、緩和ケアはがん患者さんだけではなく、非がんの患者さんへも同様に提供されるものとされています。そのため、当院ではがん・非がん関係なく緩和ケアが提供できるよう、体制を整え令和3年4月1日より、緩和医療センターを設置しました。緩和医療センターの中には緩和ケアチーム、小児緩和ケアチーム、心不全緩和ケアチームがあり、それぞれの専門職が患者さんの支援にあたっています。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームは患者さんの状態や症状に合わせて、隔日ではありますが回診を行い、毎週1回チームでの回診を行っています。入院患者さんの病室を訪ね、ベッドサイドや個室を確保して診察を行い、苦痛をもたらしている症状を分析・評価を行い症状緩和に努めています。また、面談の中で〝悩んでいること″、〝困っていること″、〝望んでいること″などを伺い、主治医や病棟看護師とも情報共有を行い、患者さんの思いが尊重されるよう支援を行っています。週1回緩和ケアチームで介入患者さんについてカンファレンスを行い、情報共有とケアについて討議し、最善策を検討しています。
身体面だけではなく、精神面、経済面など様々な悩みに対し、患者さん・ご家族と一緒に考え苦痛の緩和が図れるよう努めています。

kanwakea202108.jpg

小児緩和ケアチーム(子どもと家族の笑顔サポートチーム ひまわり)

当院小児科では年間20人程の小児がん患者さんが入院します。治療により半年以上の長期入院が必要となることが多く、大半を小児血液疾患センター内で過ごします。センター内にはプレイルームが設置されており、子ども達が楽しむ環境が整えられています。しかし、治療に伴う副作用や長期入院による精神的ストレスは蓄積していきます。そのため、当院では成人同様に小児にも緩和ケアの提供が必要と考え、平成27年8月より小児緩和ケアチーム(子どもと家族の笑顔サポートチーム ひまわり)の活動を開始しました。メンバーは、小児科医、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床心理士の多職種で構成されています。また、それぞれの専門分野の観点から、入院しているお子さんと親御さんへの支援を行っています。がんだけではなく、非がんの患者さんにも介入を行っています。主な活動は、週1回チームでの回診を行い、困っていること、不安なこと、心配事などをお子さんや親御さんからお聞きし、少しでも困り事が解決できるよう病棟スタッフと情報共有し対応を行なっています。
長期入院によるストレスや抗がん剤治療とつらい時期もありますが、少しでも楽しく笑顔でその子らしく過ごせるために日々活動を行っています。少しでも皆さんのお力になれるよう、今後も尽力していきます。

kanwasyouni01-202108.jpg
kanwasyouni02-202108.jpg

心不全緩和ケアチーム

これまでの緩和ケアは主にがん患者を対象としたものでした。心不全は治療により自覚症状が改善することから「治った」と思いがちですが、日本循環器学会の定義では『心不全とは心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気』となっており、再燃を繰り返しながら最終的には致命的となる病気です。ここ数年で、がんと同様に、心不全に対する緩和ケアの必要が重視されるようになってきました。
当院では平成31年4月から心不全の緩和ケアチームを発足しました。患者様が心不全のことをよく理解して普段の生活を過ごしていけるように、また入院中・退院後の生活のサポートについて、チームと患者様とで話し合いながらケアをしていきたいと思います。

kanwasin202108.jpg

AYAサポートチーム

AYA世代とは、15歳~39歳までの思春期から若年成人のことをいいます。AYA世代は学業や就労、結婚、子育てなど様々なライフイベントに対する悩みがあります。一人ひとり支援の方法も異なるため、患者さんそれぞれにあった支援を行っていきたいと思い、令和3年5月にAYAサポートチームを結成し、AYA世代への支援が充実できるよう現在体制を整えています。

kanwaAYA202108.jpg

▲ページの先頭へ

緩和医療センターのシステムとスタッフ

当院では緩和ケア病棟はなく、がんを取り扱う各々の診療科での主治医・担当看護師の診療・ケアを緩和ケアチームおよび緩和医療支援チームがサポートするという体制を取っています。これは、『がんと診断された時から緩和ケアは開始されるべきもの』という基本理念を遵守し、がん治療を行うスタッフと緩和ケアを担当するスタッフが協働して診療に努めています。
緩和ケアチームは緩和ケアセンター長・緩和医療センター長(兼任)、身体症状緩和医(兼任)、精神症状緩和医(兼任)、緩和ケア認定看護師(専従)、がん薬物療法認定薬剤師(兼任)、緩和薬物療法認定薬剤師(兼任)で構成されています。さらに、入院される病棟には緩和ケアリンクナースが配属されており、緩和ケアチームと協働して緩和ケアの実践・推進を図っています。

ishiguro kokyukisyuyonaika
石黒崇 呼吸器一般、肺がんの治療(抗がん剤、緩和治療)
役職
緩和医療センター長
緩和医療科部長
緩和ケアセンター長
呼吸器内科部副部長
主な資格、認定
日本内科学会内科指導医・総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本呼吸器内視鏡学会指導医・専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法指導医・専門医
日本緩和医療学会 緩和医療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了
卒業年、主な職歴
平成11年岐阜大学医学部卒
平成11年岐阜市民病院勤務
平成13年9月~10月北海道地方がんセンター(平成13年度がん治療に従事する医師の研修)
satake jyunkankinaika
佐竹敦史 循環器内科、内科一般
役職
第一内科部副部長
循環器内科部副部長
緩和医療センター副センター長
主な資格、認定
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・研修医指導医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会 認定医
腹部大動脈瘤ステントグラフト実施医
HEPT(日本心不全学会認定心不全緩和ケアトレーニング) 修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了
卒業年、主な職歴
 
mori syounika
森 真理 小児科一般、内分泌、緩和医療
役職
小児科部医長
緩和医療センター医長
主な資格、認定
日本小児科学会指導医・専門医
CLIC(小児がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会)修了
PALSプロバイダー
NCPR(新生児蘇生法専門コース)修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了
卒業年、主な職歴
平成18年岐阜大学卒
tamura-seishin
田村量哉  
役職
精神科部医長
緩和医療センター医長
災害医療部医長
主な資格、認定
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医・指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了 
卒業年、主な職歴
平成22年卒岐阜大学医学部卒
平成24年岐阜市民病院 精神科医員
平成25年のぞみの丘ホスピタル
sugiyama-gake
杉山保幸       
役職
非常勤医師
主な資格、認定
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本大腸肛門病学会指導医・専門医・大腸肛門病専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本食道学会食道科認定医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本緩和医療学会 緩和医療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了
卒業年、主な職歴
昭和54年岐阜大学医学部卒
米国ロズウェルパーク記念研究所研究員
岐阜大学医学部腫瘍総合外科助教授
帝京大学医学部附属溝口病院副院長、外科教授

▲ページの先頭へ

外来診療について

当院に外来通院中の患者さん・ご家族を対象に緩和ケア外来を行っています。病気や治療に伴う痛みやだるさなどの身体のつらい症状や、こころのつらさを和らげることを目的として、外来診療を行っています。

診療予定表
火曜日 木曜日
身体症状緩和 午前8:30~午前11:00 午前8:30~午前11:00
精神症状緩和 午後1時30分~午後3:00

(完全予約制で、1日3名までとしております)

緩和医療科の診察は、原則として当院で治療を受けておられる患者さんが対象となっていますが、病診連携・病院連携による依頼もお受けしております。その際は、『紹介連絡・予約申込票(緩和医療科外来用)』を作成の上、岐阜市民病院地域連携部にFAXにて送信してください。なお、当院は緩和ケア病棟を有しておりませんので、当院への入院・転院を希望される場合は事前に原疾患を扱う該当診療科に受け入れの可否をご確認ください。

kanwakea20180502-1.jpg kanwakea20180502-2.jpg

受診方法

予約制です。
受診される場合は、かかりつけ医の紹介状が必要です。

申し込みについて

患者さんやご家族からの申し込み

上記ご予約に対するお問い合わせは、がん診療支援部がん相談支援センターまで
来院又は電話でご予約となります。(平日の午前9時~午後3時30分)
電話:058-251-1101(2236・4402)

▲ページの先頭へ

がん相談支援センターとの連携

当院では地域がん診療連携拠点病院としての一端を担い、がんと向き合う患者さんやその家族のお役に立てるように、がん相談支援センターを開設しております。緩和ケアセンターではがん相談支援センターと連携して緩和ケアに関連する相談につきましては対応させていただいておりますのでご利用下さい。

がん相談支援センターはこちら

▲ページの先頭へ

"がん患者サロンやすらぎ"との連携

当院ではがん患者さんやその家族が自由に集い、交流を図る場として、院内に"がん患者サロンやすらぎ"を開設しております。緩和ケアセンターでは"がん患者サロンやすらぎ"と連携して緩和ケアに関連する情報提供をさせていただいておりますのでご利用下さい。

がん患者サロンやすらぎはこちら

▲ページの先頭へ

緩和ケア勉強会のご案内

毎月第1水曜日に勉強会を開催しています。ぜひお気軽にご参加下さい。

現在は休止しています。
再開の目途が立ちましたら、こちらのページにてお知らせします。

緩和ケア勉強会のご案内はこちら

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ