診療情報管理室

▲ページの先頭へ

診療情報管理室について

 
当院は平成20年4月から厚生労働省が認定するDPC/PDPS(診断群分類に基づいた医療機関別1日入院包括支払制度)の対象病院となりました。また令和元年9月からは厚生労働省が定める施設基準に適合した、診療録管理体制加算1を算定しております。平成22年2月から電子カルテシステムを導入し、平成29年1月にシステム更新を実施しました。更新の際には、災害に備えてバックアップ機能を追加し、個人情報の保護に配慮した形で診療情報の一部を遠隔地のサーバに保存しています。
診療情報管理室は、医療を側面から支える部署として平成20年4月に設置され、医療推進局の中に位置づけられています。
平成30年度からは医療情報室と同じ部屋内に移動し、ハード面ソフト面で互いに連携し、業務にあたっています。診療情報管理室長(医師)をはじめとした計12名(専従1名、専任3名を含む診療情報管理士9名)で構成されています。

主な業務
  1. DPC/PDPSに関する業務
    患者さんの傷病名が国際疾病分類(ICD-10)に基づき適正にコーディングされているかを専門的見地からチェックするとともに、厚生労働省に提出するデータの作成および精度管理を行っています。
  2. 診療情報を体系的・一元的に管理する業務
    電子カルテシステムの構築、診療情報を所定の様式と手順で収集し、整備しています。
  3. 診療情報を点検する業務
    診療情報の精度管理(質的・量的監査)、退院サマリのコーディングを行っています。
  4. 診療情報を安全に管理する業務
    個人情報の保護、診療記録の保管、診療情報に対するセキュリティの確保、インフォームド・コンセントに基づく、診療情報の構築を行っています。
  5. 診療情報を有効に活用する業務
    各種データを活用して診療内容を分析し、その結果を各診療科・各部門に提示することで、標準的な効率のよい医療の提供ができるよう取り組んでいます。

▲ページの先頭へ

診療情報管理士とは

診療記録や診療情報を適切に管理し、そこに含まれるデータや情報を分類・分析・編集し活用することにより、医療の安全管理・質の向上及び病院の経営管理に寄与する専門職です。

当院では平成24年度から各部署(診療情報管理室・経営企画課・医事課・病院政策課)へも診療情報管理士を配置し、それぞれの分野で活躍しています。

▲ページの先頭へ

DPC(診断群分類別包括支払制度)とは

「DPC」とは、医師の診断に基づいて傷病名、年齢、意識状態レベル、手術・処置の有無など、一連の治療行為を組み合わせた「診断群分類法」をいい、「PDPS」は「一日当たりの支払制度」をいいます。DPC/PDPSの対象となるのは、一般病棟に入院されている患者さんです。
DPC/PDPSの支払制度に沿って、傷病名別に一日当たりの入院料金の額が決められています。投薬・注射・検査・処置などの診療行為は、その中に含まれる「包括評価」方式です。なお、手術など医師の専門的な技術を必要とする分野は、別に出来高算定方式で計算されます。

▲ページの先頭へ

疾病大分類別・性別 退院患者数(主病名)

期間 平成30年1月~平成30年12月

大分類 ICD 総数 構成比
01:感染症及び寄生虫症 A00-B99 209 234 443 3.34%
02:新生物 C00-D48 2,087 1,778 3,865 29.11%
03:血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害 D50-D89 65 59 124 0.93%
04:内分泌、栄養および代謝疾患 E00-E90 155 137 292 2.20%
05:精神および行動の障害 F00-F99 76 168 244 1.84%
06:神経系の疾患 G00-G99 126 107 233 1.75%
07:眼および付属器の疾患 H00-H59 85 79 164 1.24%
08:耳および乳様突起の疾患 H60-H95 29 52 81 0.61%
09:循環器系の疾患 I00-I99 1,132 635 1,767 13.31%
10:呼吸器系の疾患 J00-J99 811 521 1,332 10.03%
11:消化器系の疾患 K00-K93 938 661 1,599 12.04%
12:皮膚および皮下組織の疾患 L00-L99 64 64 128 0.96%
13:筋骨格系および結合組織の疾患 M00-M99 332 312 644 4.85%
14:腎尿路生殖器系の疾患 N00-N99 363 432 795 5.99%
15:妊娠、分娩および産じょく<褥> O00-O99 0 339 339 2.55%
16:周産期に発生した病態 P00-P96 81 35 116 0.87%
17:先天奇形、変形および染色体異常 Q00-Q99 28 29 57 0.43%
18:症状、徴候および異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの R00-R99 50 45 95 0.72%
19:損傷、中毒およびその他の外因の影響 S00-T98 452 401 853 6.42%
21:健康状態に影響をおよぼす要因および保健サービスの利用 Z00-Z99 85 22 107 0.81%
22:特殊目的用コード U 0 0 0 0.00%
合計 7,168 6,110 13,278 100.00%

▲ページの先頭へ

上位5位 疾病大分類別・性別 退院患者数(主病名)

期間 平成30年1月~平成30年12月

大分類 ICD 総数 構成比
1 02:新生物 C00-D48 2,087 1,778 3,865 29.11%
2 09:循環器系の疾患 I00-I99 1,132 635 1,767 13.31%
3 11:消化器系の疾患 K00-K93 938 661 1,599 12.04%
4 10:呼吸器系の疾患 J00-J99 811 521 1,322 10.03%
5 19:損傷、中毒およびその他の外因の影響 S00-T98 452 401 853 6.42%

▲ページの先頭へ

疾病大分類別・性別 死亡患者数(主病名)

期間 平成30年1月~平成30年12月

大分類 ICD 総数 構成比
01:感染症及び寄生虫症 A00-B99 6 4 10 2.48%
02:新生物 C00-D48 89 54 143 35.40%
03:血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害 D50-D89 2 1 3 0.74%
04:内分泌、栄養および代謝疾患 E00-E90 1 4 5 1.24%
05:精神および行動の障害 F00-F99 1 1 2 0.50%
06:神経系の疾患 G00-G99 6 1 7 1.73%
07:眼および付属器の疾患 H00-H59 0 0 0 0.00%
08:耳および乳様突起の疾患 H60-H95 0 0 0 0.00%
09:循環器系の疾患 I00-I99 53 48 101 25.00%
10:呼吸器系の疾患 J00-J99 53 19 72 17.82%
11:消化器系の疾患 K00-K93 25 14 39 9.65%
12:皮膚および皮下組織の疾患 L00-L99 1 1 2 0.50%
13:筋骨格系および結合組織の疾患 M00-M99 1 2 3 0.74%
14:腎尿路生殖器系の疾患 N00-N99 2 4 6 1.49%
15:妊娠、分娩および産じょく<褥> O00-O99 0 0 0 0.00%
16:周産期に発生した病態 P00-P96 0 0 0 0.00%
17:先天奇形、変形および染色体異常 Q00-Q99 0 0 0 0.00%
18:症状、徴候および異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの R00-R99 2 1 3 0.74%
19:損傷、中毒およびその他の外因の影響 S00-T98 5 3 8 1.98%
21:健康状態に影響をおよぼす要因および保健サービスの利用 Z00-Z99 0 0 0 0.00%
22:特殊目的用コード U 0 0 0 0.00%
合計 247 157 404 100.00%

▲ページの先頭へ

上位5位 疾病大分類別・性別 死亡患者数(主病名)

期間 平成30年1月~平成30年12月

大分類 ICD 総数 構成比
1 02:新生物 C00-D48 89 54 143 35.40%
2 09:循環器系の疾患 I00-I99 53 48 101 25.00%
3 10:呼吸器系の疾患 J00-J99 53 19 72 17.82%
4 11:消化器系の疾患 K00-K93 25 14 39 9.65%
5 01:感染症及び寄生虫症 A00-B99 6 4 10 2.48%

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ