医療安全推進部

医療安全推進室

基本理念

医療上の事故発生を未然に防ぐとともに、患者さんが安心・安全な医療を受けられる環境を整え、職員にとっても安心・安全で生き生きと働くことができる職場環境づくりを目指します

基本方針

  1. 医療安全推進室は、インシデント報告事例へ迅速に対応し、患者さんのさらなる安全を確保するとともに、同じことを繰り返さないための防止策を検討し、それを職員に周知することにより、安心・安全な院内環境づくりに努めます。
  2. 医療安全推進部長(室長)が中心となり、カンファレンスや委員会等を主管し、事例の分析・対策と今後の活動方針を検討し、たえず医療安全推進室のスタッフが共通認識をもって活動できるよう努めます。
  3. 分かりやすい安全標語・写真・図を用いた安全通信・緊急通信を適宜に配信し、病院職員の医療安全に対する意識を高めるよう努めます。
  4. 安全対策が理解され実行されているかを確認するためのラウンドを行い、適切な指導を行います。
  5. 医療安全に関する研修会には積極的に参加し、常に新しい情報を収集し、それを病院に還元できるよう努力します。

医療安全推進室メンバー構成

  • 医療安全局長:医師2名
  • 医療安全推進部長:医師1名
  • 医療安全推進部副部長:医師2名・看護師1名
  • 医療安全推進室室長:看護師1名(GRM)
  • 医療安全推進室員:診療放射線技師1名・薬剤師1名
                 臨床工学技士3名・事務3名・看護師2名

取り組み

患者さん間違い防止のご協力を院内放送・テロップ・ポスターでお願いしています。
iryoanzen2905-01.png

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ