脳神経外科

《脳神経外科外来の週間予定表はこちらです》

概要

脳神経外科は主として次のような疾患を対象とする診療科です。

  • 脳神経疾患
    脳腫瘍、脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など)
    頭部外傷、中枢神経系感染症
  • 機能的脳神経外科疾患   
    顔面痙攀、三叉神経痛、てんかん

その他、頭痛、めまい、耳鳴り、手足や顔面のしびれなどについても御相談ください。

▲ページの先頭へ

スタッフ紹介

tanigawa nosinkegeka
谷川原徹哉  
役職
副院長
医療安全局長
脳神経外科部長
主な資格、認定
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本脳神経外傷学会認定指導医 
卒業年、主な職歴
昭和60年卒 
tamakawa nosinkegeka
玉川紀之  
役職
脳卒中センター長
救急診療部長
災害医療部副部長
栄養管理室長
主な資格、認定
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
日本脳卒中の外科学会技術指導医
卒業年、主な職歴
 平成8年卒
tanaka_nosinkegeka.jpg
田中嘉隆 脳神経外科
役職
脳神経外科部副部長
災害医療部副部長
地域連携部副部長
主な資格、認定
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医
卒業年、主な職歴
平成14年卒
kawasaki_nousinkeigeka202011.jpg
川崎智弘
役職
脳神経外科部医長
主な資格、認定
日本脳神経外科学会専門医・指導医 
卒業年、主な職歴
平成20年卒 
yamada_nousinkeigeka202204.jpg
山田隆太
役職
脳神経外科部医員
主な資格、認定
 
卒業年、主な職歴
平成31年卒

▲ページの先頭へ

診療内容・診療実績

当科の特徴

脳卒中、頭部外傷などの救急を要する疾患に対して24時間対応しています。脳卒中に関しては日本脳卒中学会の「一次脳卒中センター」として認定され、特に脳梗塞に対しては超急性期のtPA静注療法や血栓回収術を積極的に行っています。早期からリハビリテーションを開始し、社会復帰を目指します。しかし当院は急性期病院で、脳卒中のリハビリテーションはある程度時間を要するため、全身状態が安定し次第、脳卒中回復期リハビリテーションを行える近隣の病院への転院をお願いしています。

従来からの開頭手術だけでなく、より低侵襲な血管内手術や内視鏡手術も導入しています。また転移性脳腫瘍の患者さんなどには放射線治療科と共同で定位放射線治療を積極的に行っています。

nouge-kekannai202204-01.jpg

脳血管内手術

nouge-naisikyo202204-02.jpg

神経内視鏡による血腫除去術

病診連携、病病連携を重視し、状態が安定した患者さんは適宜お住まいの近くの診療所や病院に紹介させていただいております。

2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
入院患者数 569 600 633 706 734
主 な 治 療 数
脳腫瘍摘出術 6 15 13 22 19
脳腫瘍生検術 (開頭術) 0 0 0 3 2
脳腫瘍生検術 (定位手術) 1 0 0 0 0
経鼻的下垂体腫瘍摘出術 1 0 2 1 1
脳動脈瘤クリッピング術 15 12 10 5 9
脳動静脈奇形摘出術 1 0 1 1 1
頸動脈内膜剥離術 0 5 0 4 0
バイパス手術 2 1 7 3 1
開頭頭蓋内血腫除去術 13 11 16 15 10
急性硬膜外血腫摘出術 1 2 2 2 0
急性硬膜下血腫摘出術 8 5 6 9 4
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 51 50 52 48 60
水頭症手術 9 14 10 12 14
脳神経減圧術 0 0 2 0 0
血管内手術:動脈瘤塞栓術 12 7 9 12 14
血管内手術:脳動静脈奇形 0 1 1 1 1
血管内手術:頚動脈ステント留置術 21 21 18 18 11
血管内手術:血栓回収術 13 10 13 22 27
tPA静注療法 16 18 19 24 38
脳定位的放射線治療 42 36 43 49 56

▲ページの先頭へ


ページの先頭へ